「だし汁おかしい」茶漬けに洗剤入り液体 3人搬送

Pocket

宿泊客が食べたお茶漬けのだし汁は実は鍋を洗った洗剤液でした。

まさかの事態が起きたのは長野県茅野市にある旅館の蓼科親湯温泉。9日、関東から来た男女10人のグループが宴会場で夕食を取っていた時のことだった。締めに出されたのが焼きおにぎりにだし汁をかけて食べるお茶漬けだ。しかし、お茶漬けを食べた客がだし汁の味に違和感を覚えたのだ。すると、3人が喉の痛みや舌のしびれを訴えて病院に搬送された。

食中毒だった。あろうことか、おにぎりにかけたのは鍋の汚れを落とす洗浄剤が入った液体だったのだ。支配人によると、本来のだし汁は黄金色をしているが、除菌洗浄剤が入った液体は白く濁った色だったという。違いは一目瞭然だが、なぜ間違えたのか。近い場所に置かれていた鍋を経験の浅い女性従業員が間違えてしまったという。92年前に創業し、昭和の文豪にも愛されていたという老舗旅館。搬送された3人は全員、快方に向かっている。   テレ朝ニュースより

私は飲食店の商売していますが、営業中は手の届く所に変な物は置きません。もし置くとしても就業後シンクの中とか床の片隅に置きます。多分常でしたら皆同じだろうと思います。

30年ぐらい前、店のお客でめったに調理しない人がチャーハンを作りました。何となく泡立つ油だなと思いつつも調理しました。めったに調理しない人の作った料理ですからそんなに美味しい訳けが無く、それでも自身が作ったチャーハンで最後まで食べました。
食後直ぐ体に異常を感じ、我慢出来ず病院へ走りました。病院では当時の状況を聞き取り、食中毒と診断、多分洗剤とサラダオイルを間違えたと判断したそうです。薬より先に胃洗浄させられ、大変辛い思いをされたそうです。洗剤とか農薬の部類は解毒剤が無く、胃洗浄が遅れると助かっても何かしらの後遺障害みたいのが残るらしいです

彼は、対応が早かった為治療後は特に何も無く、胃洗浄による苦痛が残ったぐらいで済みました

この時の話で、自殺には農薬などを服用すると助かっても後はかなり苦しいらしいです。内臓へのダメージが大きいそうです
何でも内臓がスポンジの様なボスボス? な状態みたいになるそうです

皆さん誤飲にはくれぐれも気を付けましょう
決して農薬や洗剤は誤飲いたしませんように

今回の話は実際に体験された本人から直接聞いた話です
もしお子さん何かが薬品等誤飲された時は、速やかに医師の元へ運び、適切な処置を行って貰って下さい

治療までのスピードがその後の人生を大きく左右するかも知れません

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です