「ユネスコは日本に屈服することなく慰安婦記録物登載手続きを」

Pocket

慰安婦記録物の世界記録遺産搭載推進する慰安婦連帯委 「世界署名運動通じユネスコの迅速な決断を促す」

日本軍慰安婦記録物のユネスコ「世界の記憶」(世界記録遺産)登載を推進する民間団体が、ユネスコが昨年10月に記録物の登載を保留し発表した「申請者間の対話促進」に乗り出すよう求めた。同団体はユネスコの決断を促すために、世界の市民から署名を集めてユネスコに渡すという意思も明らかにした。

韓国・日本・中国など7カ国14の民間団体が集まった「日本軍慰安婦関連記録物ユネスコ世界記録遺産共同登載のための国際連帯委員会」(国際連帯委員会)は7日午前、ソウル市鍾路区(チョンノグ)のセンターポイントビルで記者会見を行い、「様々な経路を通じて日本が“対話”をできないようにしているという情報を聞いた」として「日本の歴史問題に対する退行的行為を糾弾し、ユネスコは慰安婦記録物の登載のための(韓日間)“対話”の仲裁に早く乗り出せ」と話した。

シン・ミンジョン記者

ユネスコ(U.N.E.S.C.O.)は、諸国民の教育、科学、文化の協力と交流を通じて、国際平和と人類の福祉の促進を目的とした国際連合の専門機関です。

日本と韓国は従軍慰安婦問題に関して今後一切の問題の無い事を確認し調印致しました。と国の内外に対して発表しました。これは国と国との契約事でそれを韓国サイドが一方的に破棄しょうとしています。

ユネスコは、国際平和と人類の福祉の促進を目的とした国際連合の専門機関です。この様な機関が、一度国と国とが約束を交わし、今後一切の問題提起はしませんと誓い合った問題を、再び蒸し返そうとしている団体の話を聞くなんてありえない事です。

普通でしたら、当事者同士が話し合い、慰謝料を決め、合意し、もう以後の問題提起は致しません。と約束し調印までした問題は、以後どれだけ同問題に対して訴えを起こしても相手して貰えません。

ユネスコも一応平和と福祉の促進を目的とした国際機関です。この様な機関が一旦国と国とが交わした約束事を、片方が一方的に問題を蒸し返すような動きを見せた時、毅然とした対応を見せないと、国際平和を乱す元となります。また同機関の信用を失います。

慰安婦問題を再提起しょうとしているのは、民間団体らしいですが、国が認めた以上、同国の市民団体が変な動きを見せようとした時、国が何らかの対策を打つ義務があると思うのですが。

韓国がこの様な努力を見せないのは、約束はしても守らない国と思われ、韓国としては大変不名誉な事になると思われます。

ある著名な弁護士の言葉
韓国には恥ずかしいという感覚が無いのでしょうか?

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です