「元SMAPの3人使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢体質

Pocket

「元SMAPの3人使うな」ジャニーズ事務所無言の“圧力

こんなの周知の事実でしょう。

大手プロダクションより独立した芸能人には、数年テレビ界からの仕事は有りません。殆どの方がそうです。それまで休み無く仕事に励んでいたのに、独立と同時に全てのテレビ界での仕事が無くなります。

人気がなくなり、仕事も先細りで心機一転自らプロダクションを立ち上げましたが仕事が入って来ない。
この場合は、芸能人としての人気が落ち込み、テレビ界から、この人視聴率を稼いでくれなくなったから、そろそろ契約打ち切りにしたいと。
こんな独立騒動ならば、独立後一気に仕事が無くなっても誰も不思議がりません。もうそろそろテレビ界からの退場の時期がきていたのですから。

でも人気絶頂のタレントさんの独立問題はどうなんでしょう。
人気絶頂のタレントさんは、不祥事を起こさない限り一気な全ての番組からの降板はありえないです。
こんなの裏で何らかの事情が働かない限りありえません
この場合の何らかの事情って、もといたプロダクションからの横槍でしょう。私たちの力を見くびりやがってって。

近い話で女優の能年玲奈さんがいます。
彼女は古巣のレプロエンタテインメントとの契約問題がこじれ3年近くテレビ界からの仕事が有りません。
レプロエンタテインメントと揉めたかも知れませんが契約期間はとっくに終わっています。違約金等での問題でしたら理解出来ます。これは数字の問題ですから、問題解決に公的機関の介入も考えられます。

でも仕事をさせてくれないのですから能年玲奈さんも大変です。
仕事をさせてくれないのはテレビ界と映画界のみです。

雑誌の対談やネットの世界でのコマーシャルなんかだと結構忙しいみたいです。レプロ側も雑誌やネットの世界までは影響力はないみたいです。
地上波以外での仕事が順調なのにテレビや映画での仕事のみ有りません。

そこそこ名が売れてて、雑誌やネット関係での仕事が有り、テレビ界での仕事のみが有りません。定期的に彼女のニュースがネットの世界でのみなのかもしれませんが、能年玲奈さんの話が出てきます。これは潜在的な需要がある事の証明だろうと思います。


同じ様な事が元SMAPの3人にも言えます。
彼らはそれぞれ歌手として大成し、役者としても幾つかの主演番組をこなしています。そんな彼らの人気絶頂期でのプロダクション移籍問題。

私的には彼らのプロダクション移籍は賛成です。理由は単純明快です。
私の個人的想像です。
彼らには婚姻の自由があるとは思はれません。勿論結婚をするしないは個人の自由です。
世間の一般常識ですと、男子が事業に成功し、誰もが認める財を築き、40歳を過ぎても結婚しない。
普通こんな方が回りにいると、誰もほうっておいてくれません。例外はあると思いますが、自然な流れです。

彼らは5人のグループで一人のみ結婚されています。勿論結婚は本人の自由意志で決まります。

ジャニーズ事務所には彼らSMAP以外にも多くのグループが存在します。
若手からSMAPと同年代のグループまで。

全員とは云いませんがこれら成功したグループ員達の婚姻率が低すぎます。

ジャニーズにはあらしと云うグループが有ります。彼らメンバーの中の一人が無理やり彼女と別れさせられたと言うニュースを見ました。
彼らはもう40歳です。

私の考えですが、ジャニーズ事務所と云う会社は SMAPやあらし から年100億以上を儲けさせて貰っています。(私の憶測ですが)
これだけ儲けさせて貰ったんですから、次に会社としては彼らの幸せを考えてあげなければ成りません。

今のままだと彼らは仕事は成功しましたが、人生の最後には寂しい思いをしなければ成りません。道論幸せの価値観は人それぞれです。

社会から十分な恩恵を受けたならば、社会に対して返礼をしなければなりません。
会社ならば社員に少しでも多くの賃金と社員の幸せです。
そして次世代の種をまく。
この為に会社は多くの犠牲と投資を行っています。
それが明日への国作りです

この様な事から目を反らしていると、最後には社会から抹殺されます。

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です