「日本が数十倍努力を」 日韓議員ら関係改善訴える

Pocket

日本と韓国の議員や財界人らで作る日韓協力委員会の総会が18日、ソウルで開かれ、いわゆる「徴用工」の問題などで冷え込んでいる日韓関係を修復すべきだと訴えました。 テレ朝ニュース

徴用工問題、歴史的にはもうかたずいてる問題。韓国政府も過去同じ意見だったはずです。訴えた本人も、強制徴用始まる以前に日本で働いていたはずです。
当時日本で働けば賃金が高く、労働条件も整っていましたから人気が高く、韓国から日本への渡航制限を行なっていました。ですから、訴えを起こした韓国の人、辻褄が合いません

 日韓協力委員会・渡辺秀央元参議院議員:「お互い前に向かって、あるいは次の世代に向かって進んでいくべく、条件、環境を整えていく」
 日本側代表の渡辺元参議院議員は歴史問題を念頭に、「日韓関係では日本側が韓国の数十倍、努力しなければならない」と強調しました。

渡辺秀央元参議院議員っていったいどちらの国の議員なのか、「日韓関係では日本側が韓国の数十倍、努力しなければならない」
  
この方本当に日本の国会議員もう一度初心に帰って、明治維新後から、日本が韓国で何を行ない、どんな事をやってきたのか。各年代と、それぞれ行なって来た事業に対する掛かった予算。一体誰がどんな性質のお金を使ったのか、調べなおしてみれば。数字は嘘はつきませんよ。   

衆議院議員(6期)、参議院議員(2期)、内閣官房副長官(第3次中曽根内閣)、郵政大臣(第54代)、自由民主党全国組織委員長、改革クラブ代表、新党改革最高顧問などを歴任。日本ミャンマー協会会長・理事長も

日本では小学生レベルでも、学校の図書館、近くの書店他ネット等で簡単に当時の記録に触れる事が出来ます。私なんかも、学業は劣りますが有る程度は理解できています。

韓国国民は幼少時より 多分 本当の近代史を教わっていません。それより、本当の事を、調べようとしても調べる事が出来るのか解りません。でも有る程度お年を召されている方でしたら、過去日本が韓国に対してどれぐらい尽力して来たか解っているはずです。それを承知での訴訟でしたら何を言っても無駄ですけど。

真偽の程は解りませんが、韓国に嫁いだ嫁が、慰安婦問題で姑に日本人で御免なさいと云った所 何言ってるのあの人たち皆 ○○婦よ気にしないでと言われたそうです                                       

総会では日韓それぞれが意見を述べ、河野外務大臣からの「韓国の未来志向に逆行する動きを強く懸念している」というメッセージも紹介されました。メンバーは19日、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相を表敬訪問する予定です。 テレ朝ニュース

河野外務大臣にはもっと頑張ってほしいですね

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です