「STAP細胞はありましたか」小保方女史へ笹井未亡人からの代表質問

Pocket

「STAP細胞はありましたか」小保方女史へ笹井未亡人からの代表質問
              1/14(月) 5:56配信 デイリー新潮

久方ぶりのSTAP関連ニュース
一時世間を驚かせた若き理系女子。しかし彼女の現在は、実験とは間逆の虚構の世界

まだこんなSTAP潰し的な記事を出すんですね
マスコミ人でしたらもっと腰の座った記事をかいて欲しいです

STAP細胞騒動よりもう、数年過ぎ、今でしたら当時解らなかった事や、騒動が大きすぎて出来なかった取材なんかも、今ならゆっくり出来るでしょう

雑誌の対談で、瀬戸内寂聴さんに、STAP細胞は有る様な事を言っていましたが、それなら自身で実験を続け証明すれば。日本で出来なければ海外でも出来るでしょうと。
故 笹井芳樹氏の妻の言葉を引用していました。

この辺はずるいですよね。決して自身の言葉は出さないんですから

後に、小保方さんは、日記の様な記事を雑誌に投稿しています
私は、この雑誌を買い求め読んでみた事があります。凄いですね、マスコミや世間の暴力って。
その時の強度のストレスで、日常生活にも支障がでて、その当時の心象がとても丁寧にしっかりと書かれていました。

この記事、このニュースを書いた記者さん読まれた事はないんでしょうか。もし読まれていて、尚且つこの記事を書かれていたのでしたら、物凄いです。

当時小保方さんと共同研究されていた大学教授

この方、研究を発表され、まだ世間からの問題が出てくる前、海外の記者さんとの対談を行なっていました。

この時、実験が成功した時の事を、事細かくかたっています

初めての実験成功と喜ぶ小保方さんを制し、一度や二度の成功で喜んでは駄目だ。何度も実験の成功を確認して初めて喜びましょうと。勿論、実験は失敗した時も、成功した時も、きっちりデーターを残して在ります。と語っていました

でもこの共同研究者さん、STAP論文が問題視されてから、進んで論文撤回に話を進めています。

この方、外国人記者との対談が嘘では無ければ、STAP細胞研究の実証を証明出来たはずなのに、何故か大学の中に篭り、だんまりを決め込んでしまいました

また、亡くなられた博士は生前、
私は最初STAP細胞疑ってました。でもこの細胞、調べれば調べるほど、その存在を認めるしか有りませんでした。他の類似細胞とは、形や大きさ、培養液なんかも異なります。

この言葉、単なる一研究者の言葉では無く、世界のトップを走る研究者の言葉です。

もう此の辺で一人の女性研究者を痛振るのは止めて、本腰を入れて調査してみては

参議院議員の青山繁晴さんは、多くの理系科学者の言葉としてSTAP細胞は認めています

STAP細胞特許はその後どうなっているのか
幾つかの大学ではSTAP細胞確認したと有ります
その他調べる材料は一杯あるでしょう

小保方さんは一年以上に渡って徹底的にマスコミの餌食にされました
こんなに長期にわたり苛めまくっても、彼女を救おうという人権団体の現れない方が怖いです。
殆どの方、小保方さんの様に叩かれまくると最後まで健全な心身を維持できないでしょう

過度なストレスにより心身のバランスを崩された方の社会復帰は、大変な努力と日数が必要です

面白可笑しくSTAP問題を取り上げるのでは無く、もう一度初心に帰った、初歩からの、徹底したSTAP問題の取材をして欲しいです

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です