あおり運転で35歳男を逮捕 

Pocket

札幌市の瀧下秀樹容疑者は今年8月、小樽市張碓町の国道5号で車を運転中に50代の女性が運転する軽自動車に幅寄せするなど、あおり運転をした暴行の疑いが持たれています。

被害者:「本当に怖くて。娘との会話も全然、耳に入らないくらい、どうやって家に帰ってきたのか分からないくらいずっと動揺していました」
警察によりますと、瀧下容疑者は「わざとではない」などと容疑を否認しています。あおり運転で暴行容疑で逮捕されるのは北海道では初めてです。 テレ朝ニュースより

この様子一部始終スマホ映像に残されています。逮捕された瀧下容疑者は「わざとではない」と容疑を否認していますが、何度か幅寄せを繰り返し、車をやや斜め前方に止め後ろの車を停車させています

こんなのワザとじゃないって誰が信用するの。一つ間違えば命の危険に晒される悪質な運転

警察には手早い対応と厳罰を期待しますね。

私も過去に一度だけ経験が有ります

深夜に蛇行した二人乗りバイク。一人はバットを持ちゆっくりした蛇行運転、他に走行車両は全く無い深夜の公道。メットに覆面。恐持ての二人組み。私に落ち度が無くても何かのトラブルでも有ればと一瞬恐怖が走ります。軽い接触でもあれば私が悪者にされるかも知れません。それより何を因縁つけられるか。
                                  
深夜の人里離れた暗い公道。メットに覆面、手には金属バット。何かあっても車外に出る勇気は有りません。一瞬ですが、事がおきた場合、例え相手に怪我をさせても逃げる事を考えました。  

私は大型のワゴン車。走行してしまえば、バイクに負ける気はしませんでした。とにかく次の民家の出るまで逃げる事を考えていました。 
                   
咄嗟ですが時間にして5分ぐらい。バイクの二人組みは軽い遊びのつもりでしょうが、脅しをかけられている本人は、例え相手に怪我をさせてもと考えていた事は想像もしていないでしょう。

バイクなんて、舗装された道路では、ほんの少しのオイルや砂等で簡単にこけてしまいます。

予断ですが、高速道の雪道走行時、車がスリップし大きく一回転した事が在ります。搭乗者は家族五人。車が一回転し始めた瞬間、バックミラーを確認しました。後続車は大型トラック一台。距離は5百m近く。ガードレール脇には柔らかそうな雪の壁。一瞬笑顔がこぼれました。普通頭の回転はそんなに速くは無いんですが、この時は早かったです。

この時と同じです。咄嗟の時の判断。実際何事も無く過ぎましたが、一つ間違えば遊びじゃ済まなくなります。事故なんて気をつけてても、起きる時は起きます。防ぎようが有りません

無茶な運転だけは避けたいですね

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です