つわりで頑張って働いたら…給付金が大幅減?

Pocket

つわりで頑張って働いたら…給付金が大幅減?
         4/17(水) 14:30配信 テレ朝ニュース

女性が妊娠し出産にいたるまでに、程度の差が有りますが、つわり問題があります。

私の妻もつわりを三回経験しています。
幸いつわりとしては軽い方? 私の見解ですが
それでも側で見ていて、辛そうな時が何度か有りました。仕事は自営業でしたから、辛い時は休憩させていました。

妻は、自宅での仕事でしたから自由に休めましたが、これが外で働いている立場の方でしたらそんなに休息は取れなかったと思います。

外で働く妊婦さんが出産まえの働き方によって、出産後の育児休業手当に大きな差が出てくるそうです

何かややこしい数式が出ていました。出産前の辛い時期を時短で働くか、出勤日数で調整するかで、出産後の給付金で大きな差が。

少しややこしいですが
出産前の辛い時の働き方が無理をして、働く時間を短縮して毎日働いた場合は、賃金が下がりますが出勤日数は変わりません。

反対に、出産前の辛い時期を、無理をしないで辛い時は休日を貰い、事業主の庇護の下、出勤日数を月10日ぐらいに調整して貰った女性は、出産後給付金は、出勤日数の少なかった月は除外されて計算され、出産前の普通の賃金6ヶ月の平均給与が給付金算定の額として計算されるそうです。

給付金は、時短で出産での辛い時期を過ごされた方は、出勤日数が変わらない為、出産前の減額賃金が出産後の給付金算定の基準賃金とされる為、出産前の低賃金が給付金の算定基準額になります。
その為出産後の給付金はかなり少なくなるそうです。

私が以前食堂を経営していた時、出産を控えた女性がいました。この方出産後は子育てに専念されると云っていました。

食堂はお昼一時半ぐらいまでが忙しく、その後夕方までお店は開けていますが、開店休業状態です。普段は私一人が休養がてらのお店番をしていました。

先の出産を控えた従業員は、辛いつわりも無く健康な妊婦さんでした。
本来この方の終業時間はお昼の二時まででしたが、労働保険に入っていたので、出産までの数ヶ月間彼女の了解を得て、私の変わりにお昼過ぎの開店休業状態のお店の番をして貰いました。

この間私はお店の休憩室でTVを見ながらのお昼寝とさせて貰いました。

私からの出産後の少ないプレゼントとさせていただきました。
勿論私の少ないですが少し余分な給与も出させて貰いましたが。

全国の出産を控えた女性を抱えた事業主さんには、少しでも出産を控えた女性の就業問題理解してあげて下さい。

彼女達は、貴重な次代をになう子供達を作ってくれるのですから

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です