パチンコ店 経営者「店名公表は乱暴すぎる」は甘い・国に貢献を

Pocket

休業に応じぬパチンコ店 経営者「店名公表は乱暴すぎる」
4/29(水) 8:45配信西日本新聞
「店の感染対策に限界」「補償なしには疑問」識者の声


今都会ではパチンコ店への営業自粛が叫ばれています。
多くの業態では、国の営業自粛に協力的で、新型コロナ菌に打ち勝とうとしています。

多少の協力金は出ていますが、都会では店舗や事業所の維持費は高く、とても国や自治体から出る保証額では追い着きません。

それでも皆さん、一日でも早いコロナ菌終息宣言を信じ、明日への希望へと夢を繋いでいます。

ところが一部のパチンコ店では、自治体からの補償金では、店舗維持や従業員保持に程遠い金額で営業を続けないと店舗維持が出来ないと、理由を付けパチンコ営業を続けています。

あくまでも営業自粛は強制力は在りませんから、店舗側の自制に頼るしかないのが現状です。

一部識者から。保障の伴わない営業自粛はあり得ないの意見が出ています。

私はかねてよりパリンコ業はギャンブルの一種で有ると思っています。

パチンコの営業実態は三点方式と呼ばれ
お客さんがパチンコ玉を買い、お客がパチンコ玉を多く出すと、店が買い求めた景品と交換させ
パチンコ玉と交換した景品を、場外の別業者でパリンコ玉と交換した景品を、買い取らせます。

ここには、お客と、パチンコ店、景品交換業者の三者が存在し、それぞれ別々の業者として認定し、ギャンブル性を覆い隠しています。

お客の立場からすると、お金を出し、パチンコ玉を買い、運よく多くのパチンコ玉を獲得すると、景品と交換し、現金化します。
多ければ十万単位の儲けが出ます。
反対に、運が悪ければ数万円の損失がお客さんに発生します。

こんなの、立派なギャンブルです。

日本では、ギャンブルは公営機関が運営し、民間団体は出来ない事になっています。

時々、このパチンコ店の様な三点方式をまねた業態が出て来ます。
その何れも、お客とお店、外部の景品交換業者としていますが、何れも賭博として認定され、警察のお世話になっています。

営業状態は、全くパチンコ業者と同じです。

皆さんパチンコ業者と同じ経営状態なのに、パチンコ店のみが法の裁きを受ける事なく営業出来、他の業者のみが法の裁きを受けるのか不思議です。

元々パチンコ店は、戦後直ぐの時代から発展してきました。

経営者は殆ど、韓国、朝鮮系列の人達です。

戦後直ぐの頃は、朝鮮族の人達はGHQの庇護の元、一部、治外法権的な部分もありました。

酷い時は、警察に捕まった仲間を助ける為に、警察署を襲い、警察署員に怪我を負わせ、仲間を助け出した。
など多くの話等が有ります。

それぐらい終戦後の朝鮮族は日本で好き放題していました。かなりあくどかったらしいです。

そんな時代にパチンコ産業が興り、経営者の殆どが朝鮮族でした。
彼らは巧みに法の解釈を逃れ、自分達のパチンコ産業を合法化として国に認めさせ、現在に至っています。

最近は国際的にお金の管理がきつく、簡単にパチンコ経由のお金が朝鮮へ流れにくくなりました。
一時は、パチンコからの利益の一部が朝鮮へ流れている事が、公然の秘密となっていました。

このお金が朝鮮国の武器開発に使われていたと思うと、やりきれない部分が有ります。

日本人が一生懸命働いたお金が、パチンコ業を介して、朝鮮国へ渡り日本を危険な目に遭わせる武器へと変容させています。

ご存知の通り日本には軍隊が有りません。
自衛隊は存在していますが、憲法の縛りで、他国を攻撃する武器は持たされていません。

もうそろそろ日本人も目覚めても良いのじゃありませんか。

自国の危うさに目覚め、他国に頼る事無く、自国の力で日本を守り抜く事を。

日本には太平洋を背にし
上はロシア、正面に北朝鮮、日本に一部照準を合わせる韓国
日本の領土を虎視眈々と狙っている中国。

世界と力を武器に対峙している国々が日本の隣国に存在しています。

基本的に、そのどれらの国の支配下に入っても日本の平和は守られません。

ソビエトに支配された東欧の国々
北朝鮮の悲惨な国民
韓国の行きすぎた差別主義や戦後の日本で行った行動
中国に支配されたモンゴルやチベット、ウイグル自治区
そのどれらを見ても、繁栄をしている国は在りません

日本も早く自国の力で自国を守れる国にならないと、日本の未来に明るさは伺えられません。

国民も早く、旧日本社会党の様な考えから脱却し、一日も早く日本を自力で自国を守れる様にしないと

そんなに時間的猶予は無いのかも知れません。

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です