ヒトの臓器もった動物の出産、解禁 文科省が指針改定

Pocket

ヒトの臓器もった動物の出産、解禁

この研究で多くの難病で苦しむ方には、一筋の光明が訪れたみたいです。

もし、私の愛する家族に重大な疾患が見つかり、臓器移植すれば助かりますよって。この時の臓器は、人の遺伝子を埋め込み育てられた動物から臓器を取り出して、私の愛する家族が助かり、人の遺伝子を埋め込まれた動物を殺す事に。

この時の動物って、人の遺伝子を埋め込まれた動物。人間じゃないけど、限られた臓器だけは人間。

禅問答みたいな、同道巡りみたいな感情。正解は無いかもしてません。

元来自然界では種の繁栄って、突然変異の賜物かも知れません。

ダーウインの進化論、認めますがそれが全てだとは思いません。
全ての動物が、周りの自然状況に応じて進化した物でしたら

海洋民族で、何世代も海中の海産物を素手で捕獲する事を生業としている民族には、水かきや足ひれの発達が見られても可笑しく在りません。肺の発達でこの民族だけ異常に水中行動を長く取れていても不思議では有りません。

エスキモーの様に極寒で暮らす民族では、異常に体毛が発達していても可笑しく在りません。今はまだ伝説ですが毛むくじゃらな雪男。

この様に進化論だけでは説明のつかない事が沢山有ります。

ある種族は進化を遂げながら発展しますが、それだけでは種族の存命が出来ず、何らかの理由で突然変異が起こり、種族が存命する。この様な事が何度も繰り返されて現在に至っている。と考える事が出来ます。

自然界で起こる突然変異は、自然な流れとして理解できますが
自然の法則と違った物での突然変異は大変危険な事柄が考えられます

昔、突然流行りだし、世界人口を大きく減らした疫病。
今では毎年繰り返されるインフルエンザ。少し続つ変化しながらその脅威が毎年増しています。

これに新しく、人間が創り出した動物からの突然変異から起こる疫病。
本当にこの様な事が起こると、人類が今まで体験した事の無い細菌で、人間には耐性が無く、人類がバタバタと倒れていく。

この様な事が起こらない様最新の注意が求められます。

昔のSF小説で、人類が異星人に襲われると云う小説が有りました。最後は人類にとっては何ら害にもならない細菌で、人類を壊滅に追いやろうとしていた異星人が全滅に追いやられる物語です。

動物から、人間の臓器を作り出す。この事により多くの患者が救われる様に成ります。
もし、この動物から新種の細菌が作り出された場合、人間には全く耐性が無くて、多くの人が感染するような事になり、全世界で人口が半減なんて事態を招く事になるかもしれません。

この様な事の起きない様、政府には万全な体制で、目を光らせて欲しいです。

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です