伊東四朗82歳が語った74年前の空襲体験

Pocket

「焼夷弾が人の顔を半分に……」伊東四朗82歳が語った74年前の空襲体験

8/15(木) 5:30配信    文春オンラインより


伊東氏は1937年生まれ。父親は洋服の仕立て職人で、幼少期を東京市下谷区竹町(現・台東区台東)で過ごしました。

開戦時は4歳。徐々に物資の欠乏が目立つ様に。父親の言動等からもこの戦い大本営発表とは何かが違うと感じ出していました。

その内空襲が頻繁に行われる様になります。この頃には町は老人と子供ばかりです。

ある日、空襲警報の解除後に、防空壕から出て来た近所のおじさんの上に、電線に引っかかっていた焼夷弾が頭上に落ちて来て、その方の顔が半分に。今でもその時の光景が忘れられないそうです。

その後終戦となり、日本は300万人を超える犠牲者を出しました。

戦争は悲惨です。一度戦火に襲われると罪の無い婦女子等からも多くの犠牲者が出ます。終戦後は日本全土焼き野原の状態から、1964年の東京オリンピック開催までの短期間の(19年)間で日本は復興を果たし世界にその元気な姿を見せれるまでになりました。

最近では戦火の悲惨さを語り継ぎ、二度と戦争を起こしてはならないと、また憲法でも戦争の出来ない国へと宣言したています。

変な例えですが、戦争の最小系は個人に拠る武力の衝突です。この場合一方が完全に武力の放棄をした場合、武力衝突(喧嘩)にはなりません。インドのガンジーさんみたいな感じです。物事には必ず例外が有ります。

武力衝突(喧嘩)をどんなに放棄しても暴れる事が大好きな変人がいます。この場合例え相手が絶命しても何ら良心の呵責は感じません。時々何の罪の無い人を個人の楽しみとして殺害する事件が起こります。
この場合、国家が最後まで犯人を突き止め、その罪を償わせてくれます。最悪死刑判決まで有ります。

これが国家間ですともっと厄介です。

今現在日本は戦争を放棄し、国家間の武力衝突は出来ない事になっています。


最近、ようやく自衛の為の武力が認められる様になりました。それでも他国から攻撃を受けるまで何も出来ません。相手国が日本に向かってミサイルの照準を合わせ、一斉攻撃を始めるまで何にも出来ません。本当は一斉攻撃をされてからでは遅いんですが。それでも自衛の為の武力行使は最近になってやっと認められました。

変な国です。山賊が武器を持って我が家に攻め込んで来ようとしている時、何の抵抗もしてはいけませんって。山賊に攻め込まれると、男達は全員殺される事が解っていて、女子はみんなさらわれて恥辱の限りを尽くされると解っているのに、何も抵抗をしてはいけませんって。これは個人の戦いの話です。

国家間でも似たような話が有ります。確かに戦争はいけません。でも敵国が一方的に日本に攻め入って来た時はどうするんでしょう。

日本では真剣に武力を放棄すれば、誰も押し入って来る事は在りませんって、本気になって叫んでいる団体が有ります。これらの団体は国会での発言権も持っています。

日本がどんなに平和を叫んでも、日本の領土を虎視眈々と狙っている国が有ります。
何処の国とは言えませんが、最低2か国以上有ります。

今までは、アメリカの武力に守られて平和を保って来ましたが、近年ではアメリカの武力の維持が困難となり、今までの様に、アメリカ様お願いいたします。どうか日本を守って下さい。なんて甘えた事は云い辛くなって来ました。

先の大戦において、日本は戦争の悲惨さを骨の髄まで染込まされました。歴史にはモシの言葉は禁句です。
日本がアメリカとの武力衝突を回避していたらどうなっていたんでしょう。
当時の世界地図は、殆ど日本以外どちらかの国の植民地となっていました。
今では韓国は日本の統治時代は植民地として大変な苦しみを味遭わされました。といっていますが、当時の韓国は、日本の保護の元、何ら略奪される事なく、国は発展し続けました。

およそ、植民地として、国民の教育水準を上げ、国土の開発を行い、国の安定化を図る植民地政策なんて有りません。

当時の一般的植民地の政策を日本に当てはめると、日本国民は自由を奪われ、戦争で亡くなった人以上の被害が考えられます。戦争も苦しいですが、虐げられた自由の無い生活は、戦争以上の悲惨な生活が考えられます。確定では有りませんが歴史が証明しています。

今、日本を狙っている国の統治下になると、数百万、数千万の犠牲者を覚悟しなければなりません。この事は歴史が証明してくれます。
日本を狙っている国の統治下の国では上で書いた事が現実問題として起こっています。

今、安倍総理一人が頑張っていますが、明日の日本の為には誤魔化しなど避けて、真剣な、明日の日本の国造りの為の議論をしなくてはなりません。

今、国防に対する意見を戦わなければ、日本の国防が間に合わなくなります。

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です