危険除去「閉鎖しかない」 普天間運用停止あす期限 比嘉さん 沖国大ヘリ墜落、恐怖今も琉球新報778

Pocket

危険除去「閉鎖しかない」 普天間運用停止あす期限
  比嘉さん 沖国大ヘリ墜落、恐怖今も琉球新報 より

政府が県に約束した米軍普天間飛行場の「5年以内の運用停止」が18日に期限を迎えるが、政府は県が辺野古移設に反対することを理由に約束をほごにしているそうです。

2004年に沖国大に米軍のヘリコプターが墜落しました。その後2014年、政府は5年以内に米軍普天間基地の運用停止を約束しました。当時、普天間飛行場は辺野古地区への移籍が決まっていました。その後、選挙で民主党政権が誕生し、辺野古基地建設が中止となり現在に至っています。本来ならばもう辺野古基地は完成し、普天間基地の移設は完了し、基地の沖縄返還が完了していたはずなんですが。変な民主党政権のおかげで、沖縄基地問題は何ら進展せず現在に至っています。

現在アメリカ軍は、沖縄に基地を作る事により全世界に睨みを利かせています。もしこのアメリカ軍が沖縄より居なくなればどうなるんでしょう。

中国は尖閣列島は自分の物だと云い、東シナ海も自国の領土とし、現に実効支配化しています。
そして、沖縄も中国領と云い出し始めています。

中国もアメリカ同様、国民の自由を保障し安全な国作りを目指して居るのでしたら、沖縄からの米軍撤退には何ら異を唱える理由はありません。むしろ米軍は喜んで、沖縄米軍基地を手放すかも知れません。

現実はそんな簡単では有りません。現在中国の施政下には、モンゴル、チベット、ウイグル等の国々が有ります。はっきりした事は解りませんが、漏れ伝えて来る事柄はそんなに楽しそうな話は聞きません。

今中国は尖閣列島は中国の物。そして沖縄も中国領だと言い出し始めています。そんな時に、沖縄左翼の言う通り、沖縄から米軍を追い出したらどうなるんでしょう。もう事実上日本は中国の施政下になってしまいます。その時我々日本人の生活はどうなるんでしょう。

先日ウクライナの留学生が語っていました。

ウクライナがソビエトより独立した時、平和な世の中がやって来ました。
軍隊はそんなに要らないでしょうと半減しました。
そして国内にあった核弾頭は必要ないと返却しました。

結果何の脅威も無くなったウクライナに対してソビエトが攻め込んで来ました。事が起こってからこんなはずじゃ無かったのにと悔やんでも、もう元には戻りません。

日本の皆さんに云いたいです。平和は努力しなくては維持出来ません。
ウクライナの様に成りたくなければ今の内に努力して下さい。
と云っていました。

今までの様な自由な生活が送れて、国民は政府に不満が有れば、自由に政府を訴えて国民の生活と安全を守り抜く。
この様な自由を確保出来るのでしたら、同じアジア人同士、中国と手を取り合って仲良く暮らして行けるんですが。

本当に中国を信用して良いのでしょうか。
もし事が起こってからではもう元の様な生活が送れなくなります。

沖縄の皆さんよく考えてみて下さい。

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です