吉本興行の闇営業とカラテカ入江の功罪

Pocket

吉本興行の闇営業とカラテカ入江の功罪

吉本興行の芸人が闇営業をし、そのスポンサーが裏社会の人だったと彼ら芸人の進退問題となっています。


当初かれら芸人に声掛けし、斡旋していたのが、カラテカの入江慎也でした。でもこの仕事が、大規模振り込め詐欺グループの忘年会だったことは解りませんでした。

吉本興業は、カラテカの入江慎也が彼ら芸人へ仕事を斡旋した事を認めたと、直ぐにカラテカ入江との仕事の解約解除を発表しました。

当初、取材の過程で、どうして彼ら裏社会の宴会に、多くの芸人達を斡旋したのか。また裏社会の人間だと見抜けなかったのかと質問され、この仕事を紹介してくれたスポンサーは、一度吉本興行が仕事を受けた事のあるスポンサーだったので、安心していましたと答えていました。この時のやり取りは一度のみテレビに流れたそうです。

もしこの事が事実だとしたら、吉本興業自体も闇社会の仕事をしていた事のある事を証明しています。でもこの時の映像は一度しか流れず、カラテカ入江と吉本興行との仕事は契約解除され直ぐに発表されました。

もし、上記の事が真実でしたら、何の検証もしないまま、カラテカ入江を吉本から追放し、吉本とは何ら関係のない人としてしまいました。

この事は私が妻から聞いた話ですが、妻に云わせれば、カラテカ入江をさっさと裏に隠し、吉本興行へ問題の飛び火のする事を防いだと云っていました。

もし妻の云っている事が事実でしたら、吉本興業の闇営業問題は、吉本興業本体と、この問題を当初より大きく取り上げ、問題化して、多くの視聴率を稼いできたマスコミ全てが同罪みたいなものです。

吉本闇営業問題の本質問題を一度しか映像として流していません。


もしこのカラテカ入江さんの云っていたことが真実でしたら、吉本興行本体の進退問題にまで発展しかねない事柄です。
もしマスコミがこの問題の重要性が理解出来ていれば、この映像を掘り起こし、吉本興行本体に真相究明に乗り出していても可笑しくありません。

でも実際はどちらのマスコミも全く動く気配は有りません。
実はこの部分の重要性はマスコミ自体が十分理解していて、事の問題の大きさに腰が引けて、解っていながら、面白可笑しく放送しているものと思われます。

所詮マスコミも我が身可愛くて、本当の大きな問題に発展しそうな部分には蓋をしているものと思われます。

あくまでも、妻の云っている事が真実ならばですが。

この様な問題以前にもありました。

東日本巨大地震で東京電力の原子力発電所が、予備電源を断たれ水素爆発を起こし、多くの放射能をまき散らしました。10年経った今でも人の立ち入る事の出来ない場所があり、未だに崩壊した原子力発電の解体が終わっていません。

原子力発電所が崩壊した早い時期に、一度だけ見たニュース映像が有ります。

確か、三塚大臣だったと思いますが
国会の質問で、福島第一原子力発電所の予備電源の危弱さを追及され
大臣はこの点につきましては、東京電力に指導、監督をして行きます的な内容の答弁を、ニュース映像としてみました。

このニュース映像を見たのはこの一度のみで、現在に至るまで二度とこの映像の流される事は有りません。
私の見間違いのニュース映像とは思いません。

私が確認していない、カラテカさんのフッと漏らした一言のニュース映像、多分実況映像でしたから、編集する事が出来ず、この映像の重要性を知った上層部、もしくは政府、吉本興行本体等がこの映像の封じ込めに走った。そして早い段階でのカラテカ入江の解雇処分発表。解雇してしまえばカラテカさんへの追及はしずらくなります。

取材を受ける、受けないは個人の自由ですから。

混迷を深めた吉本興業の闇営業問題。少し続つ焦点がずれて行き吉本と芸人との契約書作成問題へと行こうとしています。

この問題どちらに向かっているのか、まだまだ目が離せません。

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です