平成の記憶、赤ちゃんポスト ~今も続く“日本で唯一”

Pocket

平成の記憶、赤ちゃんポスト ~今も続く“日本で唯一”
2/5(火) 14:04配信

親が育てられない赤ちゃんを匿名でも預かる、いわゆる「赤ちゃんポスト」です。平成19年から熊本だけで運用が続き、これまでに137人が預けられています。

 親が育てられない赤ちゃんを、たとえ匿名でも預かる。その計画は平成18年(2006年)に発表されました。前の年、熊本の専門学校生が自宅トイレで出産し、赤ちゃんを死なせる事件がありました。
 「相談するところ、できるところがなかったということが、ああいうことにつながって・・・」(慈恵病院 蓮田太二理事長)

国の腰が重いです。世間では少子高齢化が叫ばれ日本の将来が心配されています。

とにかく目の前には、命の危険に晒されている子供がいます。そして、生まれた我が子をどうしょうかと、途方に暮れ悩んでいる母親がいます。何時までも不毛な議論ばかりしていないで、とにかく出来る事を一つ続つ解決していけば良いです。

今、国会では麻生副総理が子供を産まないのが一番悪いと言った発言で、弱者虐待だと責められています。確かに子供を産めないで苦しんでいる方達には申し分けないです。でも子供が増えないで人口減少が続けば、国家存亡の危機です。

皆さん避けているのか、国力に勢いが有って初めて色んな事が出来るんですよ。子供がいなくても、しっかりと安定した老後を暮らせるのは、本人が駄目でも誰かがしっかりと子供を産み増やしてくださったおかげですよ。

子供を産まないのが一番悪いと言った言葉を抹殺するのではなく、ここから議論を広げ、どうすれば子供を産み、育て易い、世の中にするのか。子供は出来なくても、胸を張って堂々と生きられる世の中にするとか。

戦前は、国力増強の為、産めよ、増やせよが国是となっていました。そして多く子供を増やせば表彰してあたる。実際この辺の事は解りません。戦前の様な世の中は望みませんが、子供を産み育てる人には、国が最大限の後押しをする。それを国民がおおえんする。

今の様に年々人口が減少し、国の力が減少すれば、今の様な豊かな生活は送れなくなります。

少し前、LGBT(性的少数者)は生産性が無いと言った方 随分叩かれました。
この問題も、麻生副総理の問題発言と同じです。自分達を卑下する様な発言だからその意見を抹殺する。そんな怖い事はしないで、そこから議論を戦わせ、性的少数者でも胸を張って生きて行ける様な政策作りに発展させて行ければ良いです。

性的少数者でも必ず何か世の中の役に立つ事をしてくれます。

世の中、色んな意見や、色んな生活のパターンが有ります。それぞれを認め合い明るく暮らせる世の中に成れば、きっと活気あふれる日本を造り出せると思っています。

どうか皆さん、気に食わない意見が在ったとしても、そこから意見を戦わせ、少しでも良い世の中にする努力を惜しまない様にしましょう

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です