木製”使い捨てストローでプラごみ削減へ

Pocket

木製”使い捨てストローでプラごみ削減へ の記事を読みました

間伐材から出た木材を薄く切り、巻き取る事でストーロー化に成功されたそうです。試飲では今までのストローと違和感無く使用出来、変な香りも無いそうです。

私は普段ストローは使いません。そのまま、グラスに口を付けて飲みます。街中を見ても、ストローを使わない人って結構居ます。

何時頃からストローを使う様になったのか、解りませんが、多分世の中豊かになったせいかも知れません。貧しければストローなんて買わないでしょう。
飲食店何かでは、最初から出てくるから使いますが、自宅で冷蔵庫から飲み物を取り出して飲む時、わざわざストローを探して使うなんて事しないでしょう。お客があれば出すかも知れません。お客の方もストロー出してなんて言わないでしょう。

ホットドリンクではストローは使いません。反対にホットドリンクにストローを付ける常識を疑われるでしょう。

熱いのも冷たいのも、飲み物としては口に運んで飲む。する事は一緒です。冷たい物は直接口に運ぶと、冷温やけどの恐れがって事は有りません。

世の中ゴミが増えて困ってるんですから、ストローが無くちゃ冷たい飲み物飲めませんなんて。贅沢な事は止めればいいんですよね。只、小さなお子さんとか、何らかの病気でストローが無ければ飲み辛いって方にはお出しすれば良いんです。

健康な人は地球環境の為ストローは使わない。飲食店では要求しない。を当たり前の様にしてしまえば、ストロー問題は解決します。
この場合お店でストローの使用を見かけても、何も云わない事が大切です。

最近のストロー研究は進んでいて、物が華奢な分だけ、太陽光による劣化、細分化が早く、最後は大きさは忘れましたが、かなり微細に粉砕されるそうです。でも決して分解される事は無く、キラキラとさまよい、魚はえさと勘違いし、魚の体内に飲み込まれ蓄積されるそうです。

そして回りまわって最後は、人間の体内に取り込まれるそうです。そこから先はこれからの事なのでまだ結果は出ていません。

日本人は魚を多く食べますから、結果が出てからでは遅いんじゃないかなと思っています。

昔、重金属を垂れ流された湾内の魚を知らずに、沢山食べていた地元民がある日突然苦しみだして亡くなって行く話が有りました。

悲惨な結果として映像としても残されています。

そして今新たなプラスチック問題。昔の様な苦しみを国民にあじ合わせる事の無いようしっかりとした監視活動をお願いしたいです

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です