ドライブの美味しい思い出

Pocket

ドライブの美味しい思い出

昨日は私の猫舌についた書きましたが
その延長線で、料理の美味い、不味いについて書いてみたいと思います

よく、あそこのお店は美味しいとか、不味いって云う事が有ります

私的には、そのお店がどんなに評判が悪くとも
きちんと何年間も営業を続けてられるのでしたら、決して不味い
お店では有りません

味には個人差が在りますから、不味いと評判のお店でも
きちんとした固定客が居り、利益を上げている以上
決して不味いお店では有りません

このお店の常連さんに言わせれば、他所の美味しいと評判のお店
本人の口に合わなければ、不味いお店の部類になります

私の体験になりますが
観光地で昼食を探していると、目の前にホテルがあり
昼食の時間帯にはバイキング形式の昼食の看板を見つけました

場所は1階の角の方になります
私が歩いてきた先の角です。値段も¥1.700-と手頃だったので
入って行きました

時間帯も12:30と忙しい時間帯だったとみて満席で
係員に問い合わせると、30分のお待ちになります。って返事が

30分も待って食事をするのが嫌だったので、次のお店を探そうと
出口に向かうと
後ろから呼び止められ、今空席が出来ました
テーブルのかたずけをお待ち下されば2~3分でお席までご案内致します
って
断る理由も無いので、2分後に空いた席まで案内して貰いました

店内は活気が在り、食事中の皆さんのお顔が皆、楽しそうなので
安心して店内に入って行きました

バイキングですから、盛り付け台には色とりどりの料理が
沢山並んでいます

この時、何を食べたのか忘れてしまいましたが
お盆に自分の食べきれる分だけ取り、テーブルに帰ってきました

はっきり言って私には、美味しいと感ずる事は有りませんでした
でも、他のテーブルを見てみますと
皆さんとても美味しそうな笑顔でした

多分、ここのバイキング料理、私に合っていないだけだと思いました
ここでは、私の口は異端児なんだろうと

多くの人が美味しくいただいている料理、私だけ?が美味しくないんですから

でもお腹を膨らませる事は出来ました

その後、帰路につきましたが
この町の出口近くに道の駅が有りました
少し大き目の道の駅でした

このお店の入り口横にテーブルを並べ、野菜を売っている人を見かけ
この野菜、どれも皆不揃いで大きいですけど、どちらの品物ですか

おばさん風のエプロンをした女性、多分50代
私の畑で作って、今朝もいできました。向かいの畑がそうです

観ると、やや大きめの農家とその前に畑が有りました

店頭に並べられている農産物は、茄子にきうり、トマトでした
どれも、一般スーパーでは見かけない大きさや、太さの物ばかりです

値段は割と安く、大きな形の不揃いなトマト二かごと
太い大きな胡瓜の入った籠を2つ買って帰りました

家に着いて、小腹が空いたので、太くて大きな胡瓜を軽く水洗いして
日とかじりしてみました
美味いんです。これが、味塩を振りながら一気に大きな胡瓜食べきりました

トマトはこれも形の不揃いなトマトで
半分だけ包丁で切り、これも軽く塩を振り食べてみました
甘いんです。このトマト
小さな頃、母が作っていたトマトを、直接木からもいで食べたトマトの
様にとても甘いんです
昔のトマトの味を思い出しました

今回のドライブ旅行
食事には恵まれませんでしたが
とても美味しいトマトと胡瓜に出くわし、幸せなドライブ旅行でした

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA