沖縄での自民敗退・隣国の恐怖を感じないのか

Pocket

沖縄での自民敗退・隣国の恐怖を感じないのか

今回の衆議院議員補欠選挙が、沖縄県と大阪で行われ、自民党は大阪と沖縄両方で敗退しました。選挙は国民の民意で選挙結果には従わざるをえないです。

大阪では、知事と市長共に大阪維新の会が圧倒的に強い為、大阪での勝利は難しい物がありました。大阪維新の会は政策的には自民党と基本概念は変わらないと思うので、自民党の落胆は少ないと思います。

反面、沖縄では普天間基地問題を抱えて大変です。

沖縄では狂信的な反米運動家と沖縄から米軍を追い出したい沖縄県知事が強烈な連携を保ち、平和な沖縄を取り返すのだと選挙民に訴えかけて勝利しました。

自民党も遣り難いです。何かあると直ぐ平和を前面に出し、沖縄の自然と安全な暮らしを子供達にと、とても綺麗な言葉で訴えかけます。

反面自民党は、沖縄の安全の為にと綺麗な辺野古の海を埋め立て、米軍の基地を作ろうとしているのですから、左翼活動家の激しい沖縄で選挙に勝利するのは大変です。

元来、国の安全を協議し、その為にはどうすれば国民の安全を確保出来るか、その施策を行うのは政府の仕事です。この考えからすると沖縄に米軍の基地を保持するのは最良の考えだと思います。

沖縄の県知事は本当に県民の生命の安全を考えてるのか疑問です。

日本の隣国には、日本の領土を我が物にしようと考えて、その施策を日々実行しようとしている国があります。沖縄を牛耳る左翼活動家や沖縄県知事等は話し合えば全て平和裏に解決します。と本気で思っているふしがあります。

日本の領土を脅かそうとしている国、言葉では本当に綺麗な事を云っています。
本当に信用出来るのでしょうか。

第二次世界大戦後、幾つかの国を施政下に治め、言葉ではそれらの国の安全の為にと云っていました。それらの国を統治後、それらの国では大変悲惨な結果を招いたと云われています。

この事は現在まで続居ています。

はっきりした証拠は出てきていませんが、それらの国から命からがら脱出した来た人達の証言から大まかな様子が伺えます。でも誰もその国の権限が強過ぎて、立ち入っての調査は出来ずに居ます。

そんな隣国の現在の行いが解っているのに、話し合えば解ります。誰も乱暴な事は願っていませんと、沖縄県民に言葉で訴えかけて、過去何年も選挙で勝ち続けています。

人の信念は個人の自由です。
でも、それによって自分達の住み慣れた土地を危険に晒すのは別問題です。

先の大戦で、沖縄だけが本土決戦が行われ、大変苦しい思いをしましたと云います。

苦しい思いをしたのは沖縄だけでは有りません。
日本本土の都市は殆ど破壊しつくされ、木造建築しかない町に、水をかけても消せない危険な傷痍爆弾を落とされ、東京だけでも何十万という人が焼き殺されています。

長崎や広島には大量破壊兵器が落とされ、何十年と苦しみぬいて居る人達も居ます。
決して沖縄だけが酷い目にあっている訳ではありません。

沖縄の人達には解ってほしいです。
今も彼らの施政下の国々で悲惨な生活を送っている方達の居る事を。
これらはいつ貴方方の生活に降りかかって来るか解らない事を。

もし沖縄が隣国の施政下に落ちれば、近い将来日本本国にも訪れる可能性があります。

日本では本気で、日本国憲法の第九条
日本は二度と戦争は行いません。この為の武器は保持しませんを信じ、これを守っていれば誰も日本には危害を加えず、ずっと日本の平和を守っていけますと信じている人達が居ます。

何か日本に危機が迫れば、この方たちを戦いの前線へ送り、早く日本を自力で守りきれる国へと変貌させたいと願っていた人達の防波堤にして欲しいです。
きっとこの方たち、有事が起きれば真っ先に政府を批判し、自分たちは安全なほうえと逃げていくんでしょうね。

その時は、もう日本には安全な場所など無いんですよ。
日本の婦女子や若い男性等は安心して街中を歩けなくなりますよ。

本当に自分達の国土や自分達の家族が平和に暮らすのにはどうすれば良いのか、の議論をしなければ成らないです

その為の時間はもう余り無いと思った方が正解かも知れません。

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です