消え去る日本の基礎力

Pocket

消え去る日本の基礎力

私には10年以上使い続けている爪切りが有ります。


ホームセンターで買い求めました。値段は200円から2000円ぐらいまで。

その中の一つに

この爪切りは、鍛冶職人が作り上げた自慢の逸品。
切れ味鋭く、刃はアーチ型ではなく、一文字型に仕上げました。
爪を確実に捉える切れ味をお楽しみ下さい。

多分こんな文言だったと思います。
この言葉に釣られこの爪切りを買い求めました。
確か1000円ぐらいだったと思います。

使い始めは、刃はアーチ型では無く一文字。真っ直ぐな歯が上下2枚そろっています。

今まで使った事のない真っ直ぐな刃の経常で少し怖さを感じ乍ら使いました。怖さは直ぐに無くなりました。

0.数ミリの爪でも確実に捉え、切り取ってくれます。
これ以後他の爪切りは使えなくなってしまいました。

そんな爪切りでしたが、息子がプラモデルに夢中になりました。
買い与えたのは私でしたから、プラモデルファンになった息子には何も言いません。

そのうち、息子がプラモデルを切り離すのに私の大切な爪切りを使っていました。

直ぐに使用をやめさせました。
聞くととてもよく切れるので、使っていたとの事。
家庭内には他に幾つもの爪切りが有りましたが、何時も私の使っている爪切りを使っていたそうです。

子供でも切れ味は解るんですね。

子供から取り戻した爪切りを確認すると、中央やや右寄りに刃の欠けが有ります。
刃の中央で爪を切ると切り残しがあり、爪が切り落とせません。何時も二度切りみたいになります。

開き直りこの爪切りの右半分は無いものと思い、左半分のみで、現在は使用しています。慣れれば爪切りの使用に何も問題は有りません。

子供が私の爪切りをプラモデルの切り離しに使っていたのは、12~13歳ぐらいで、今はもう30歳の3人の子持ちでちっぱなパパに為っています、

子供のプラモ切り離しの使用を禁止してから約18年。
それ以前に買い求めましたから、この爪切り20年以上使い続けている事に成ります。
未だに切れ味は変わりません。


爪切りの刃こぼれを見てから、買い求めたホームセンターを探しましたが20年前の製品は有りませんでした。
ネットで、爪きりに刻印されているメーカーを探しましたが見つかりません。

途中幾つか買い求めましたが、いじれも使用していません。
勿論、ステンレス以外の鋼使用の爪切りでした。

昨年、刃物の町関を訪れた時、良さそうな爪切りを一つ買い求めました。
切れ味は、以前から私が使っている、刃こぼれのある爪切りより良いです。流石関の製品です。

この品物、確かに切れ味は鋭いのですが、細かな0.何ミリかの細かな切れ味が違うんです。
私愛用の20年物爪切りは関の爪切りより微かに切れ味は劣りますが、ほんの細かな爪を切ろうとすると、爪をしっかり捉え、刃が滑る事なく、確実に切り取ってくれます。

日本国中真剣に探せば、私の希望通りの爪切りを探す事は出来ると思います。
でも私愛用の刃こぼれのある爪切りは、ホームセンターで買い求めた、そんなに高給ではない爪切りです。

昨年私が買い求めた爪切りは、高級では有りませんが、そんなに安価な物では有りません。確か¥1800円ぐらいだったと思います。

人によっては¥1.800円の爪切り安価だと云う方も居られるかも知れませんが、私の立場ではそんなに安価な物では有りません。

その内どちらかで、私の20年愛用の刃の欠けた爪切りと同等な爪切りと出会うと思うんですが。

たまたま20年前に、買い求めた爪切りを作った職人さんのレベルが良かったのかも知れません。

鍛冶職人が作った
アーチ型ではなく、一文字型の爪切り
切り味鋭く、どんなに僅かでも、捉えた爪は逃す事なく確実に切り取ってくれる爪切り

こんな条件を満たしてくれる安価な爪切り

案外簡単に書いていますが、かなりハードルが高いのかも知れません。

日本の職人の質が落ちたとは思いたくありません。

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です