白石監督が一石投じる 瀧容疑者の麻雀放浪記公開

Pocket

白石監督が一石投じる 瀧容疑者の麻雀放浪記公開
3/21(木) 8:14配信

麻薬取締法違反(使用)の疑いで逮捕された俳優ピエール瀧容疑者(51)が出演する映画「麻雀放浪記2020」(白石和弥監督)が予定通り4月5日に、ノーカット公開されます。
20日、都内で、配給の東映が会見しました。出演者の不祥事に対し公開、放送中止、延期、回収などの対応が取られる最近の傾向に、作品に罪はないと一石を投じました。

私も作品に罪は無いと思います。
一本の映画製作には、数ヶ月の期間と多くのスタッフが関与します。それをたった一人の不祥事で全て無くすなんて馬鹿げています。

罪を犯せば罰せられます。逮捕された俳優ピエール瀧容疑者は長年つちつかってきた信用や、名声それと、俳優としての仕事も全て失いました。先の事は解りませんが、少なくとも今後数年間は、芸能人としての仕事は無いでしょう。それと重い違約金問題も出てくるかも知れません。

この様に、罪を犯せば重い罰則が付きまといます。
それと、今まで一緒に仕事をしてきた人が、皆で作り上げた映画作品を没にするなんて馬鹿げています。臭い物に蓋をするみたいです。

反対に、映画を見た人は、逮捕された俳優ピエール瀧容疑者には今後、重い刑罰とそれ以上の社会的刑罰を科せられたと、広く国民に知らしめる事が出来ます。
瀧容疑者出演の映画を封印するより、上映した方がはるかに社会的意義があると思います。

最近の流れとして、人気俳優一人が罪を犯すと、彼の携わった物全てに影響が及び、放送自粛が行われています。

罪を犯した人と周りで働いた人とは何の関係も有りません。グループの一人が問題を起こしたからと、全体で責任を取る。こんな悪しき風潮はもう無くした方が良いのでは。

今回逮捕された俳優ピエール瀧容疑者が出演する映画「麻雀放浪記2020」は問題がある為上映は中止します。なんて。
この映画には瀧容疑者以外にも多くの出演者やスタッフ達が居ます。中にはこの作品を足がかりに、これからもっと伸びようとしている方も居られるでしょう。俳優だけでは有りません。

たった一人の罪の為に、多くの人達の夢を奪うような事があってはなりません。
罪を犯した本人は、有名人なだけに、一般の人よりももっと多くの贖罪を背負わされます。
また、この映画を上映する事により、罪を犯せば大変な目にあう。と多くの方達に知らしめる事が出来ます。

日本では、一つの団体もしくは一つのグループ内で一人の犯罪者が出ると、グループ全体で責任を取る。風習がはびこっています。

もうこの辺で、たった一人の不心得人の為に、グループ全体が責任を負わさせられる。そのグループや団体の中には、明日を夢見て一生懸命努力されている方も居られます。たった一人の不始末の為にその影には多くの明日を夢見る方の居られる事を忘れないで、彼らの夢を断ち切る事の無い様にしたいと思います。

罪を犯した本人は法で裁かれるのですから。

逮捕された俳優ピエール瀧容疑者が出演する映画「麻雀放浪記2020」(白石和弥監督)が予定通り4月5日に、ノーカット公開される事になり良かったです。

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です