福島第一原発事故の対応に最大81兆円

Pocket

福島第一現発事故の対応に最大81兆円 
        シンクタンクが試算朝日新聞デジタル

私は基本原子力発電には反対です。
福島原発事故が良い見本です。

一度事故が起こるとその被害は甚大です。あるシンクタンクが最大81兆円の被害額の試算を発表しました。これは今現在日本国が経済活動を行っている状態での話です。

福島での原発事故が、あの程度で済んだのは偶然の積み重ねで助かっただけです。

原発の爆発では、燃料タンクに穴が開き、燃料が地下にもぐり、爆発で核燃料の飛散が起きなかった事が、被害を最小に防げた大元だと思います。もし、核燃料が燃料タンクから漏れる事無く、爆発が起きていれば、核燃料が飛散しその後の事故処理作業は、余りにも高レベルの放射能により不可能だったと思います。

原発の事故処理活動が出来ていなければ、かろうじて倒壊を免れていた、核燃料貯蔵タンクが倒壊し大量の核物質の飛散が起きていました。その場合、完全に関東以北は人の住めない土地になっていたでしょう。

この時、外国の方達は皆さん東京を離れたり、国外へ避難されたりしていました。危機管理としては最良の方策だと思います。
関東以北が助かったのは、偶然の産物で、日本として運が良かった。の一言につけると思います。

この場合東京もどうなっていたか解りません。この場合の被害額は算定不能でしょう。

日本の総生産額が500兆円だったとすると、荒っぽい計算で約、半分の250兆円が無くなります。それも複数年で。これに実際の被害額や復興工事費等が加わりますから、どんなに低く見積もっても500兆円を軽く超えると思います。

日本列島は大きな地殻の上に出来上がっています。恐らくある一定の年代以上の方は、日本中一度は地震の経験があると思います。火山もほぼ全ての地域に在ります。ですから日本中何処にでも温泉が湧き出ています。

ご存知の様に、原子力発電所は大きな電力が要ります。その維持には大きな電力を必要とします。
燃料タンクや、核燃料の冷却用に。
電力が途絶え、燃料タンクの温度が上昇すれば、福島の様に原子力発電は簡単に爆発します。この時福島の様に偶然が重なり大きな事故は防げたなんて事はありえません。

原子力発電は一度稼動してしまえば、その役割が終了し、完全に解体作業が終了するまで、かなりな年月を必要とします。

現在原発の寿命は40年と決められています。但し審査を通過出来れば20年の延長運転が認められています。したがって原発の寿命は最長60年。

それから稼働中の原発を止めて、原発の安全性を確保出来るまで多くの年月が必要とされます。

この地震列島の様な日本列島で、幾つもの原子力発電の安全性を100年近く保つのは殆ど不可能な様に思えます。

福島での事故は津波によるものでしたが、直下に起こる地震の被害は想定されていますが、耐震には最大の自信が有ります。なんて、直下型の地震で地殻が大きくずれ、配管など破損した場合はの想定はしてないんじゃ無いでしょうか。怖くてこんな想定は出来ないのが本音だろうと思います。

これから先、原発の直下では地震は起きません、それも何十年に渡って。

こんな夢みたいな話、本当に信じている人いるんでしょうか。
日本列島は地震多発地帯なんですよ

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です