辺野古 埋め立て用土砂積み込み作業「一時中断」

Pocket

辺野古 埋め立て用土砂積み込み作業「一時中断」  TBSニュース

沖縄の辺野古新基地建設問題、進展が見られません。本来ならばもう出来上がっていたはずなのに。民主党が政権をとってから、ぐちゃぐちゃになってしまいました。

基本的には国防問題は国の仕事。政府はいかにして、将来起こるかも知れない外的からの武力攻撃に対して国民をどう守るかを常に考えていなければなりません。

一部の政党では、武器を持たなければ話し合いで全ての争い事は収まります。としている政党がありました。本当にそうでしょうか

歴史的に観て、軍隊を放棄した国家は現代も含めて全て崩壊しています。崩壊して飲み込まれた先の国で繁栄しているのでしたら、素晴らしい事です。実際は植民地的扱いを受け、辛い生活を余儀なくされています。沖縄県民が、自衛隊並びにアメリカの軍隊の皆さん明日から全て沖縄から退去して下さい。と云って実際沖縄に軍事的空白地帯が出来上がるとどうなるでしょう。

多分、これから私達が目を掛け、二度と軍事基地など作らせない様見張ります。って国が出て来ると思います。そしてある日、気が付けばなし崩し的に、私達が責任を持って沖縄の治安維持に努めます。と云って支配下にされる恐れがあります。

この様な議論沖縄の方達行なった事有るんでしょうか。恐らく日本国民自体本気で国防論議なんてして来なかった様に思います。それよりこの様な論議事態起こる事をさけ、議論する事を阻止して来た政党が居ました。

今はもう無くなりましたが、自民党を脅かしつずけた社会党。今は名を変え色んな政党を名乗っています。

日本はアメリカに背を向け、日本海に向かって幾つかの国と対峙しています。中には常に国境を脅かし何時も日本の国を監視しています。日本国民をさらい、人質としている国も。

戦後日本はずっと平和を維持して来ました。軍隊は持ちませんでしたが、アメリカの軍事力の元、平和は維持されて来ました。中には反対意見の方も居られるでしょうが、現実は間違いないと思います。

沖縄県知事は沖縄から武力を無くそうとしています。沖縄近海では日本の領海を脅かそうとしている国が有ります。この様な現実を観て、本当に沖縄から軍事を遠のけ、沖縄県人が幸せな生活を送れると思っているのでしょうか。

日本の領海を脅かそうとしている国の施政下には幾つかの国が有ります。こちらの住民は現在どの様な生活を送り、どの様な暮らし振りなのか。社会主義の性格上情報は中々出てきません。でも、単発的な情報ならば出て来ています。これらを総合すると、決して平和な暮らしぶりとは思われません。左派系や野党の言っている事は耳障りの良い事ばかりですが、それらの言葉に惑わされない様お願いします。

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です