非正規雇用の拡大により作られた貧困社会

Pocket

非正規雇用の拡大により作られた貧困社会

日本はバブル経済の崩壊により、経営危機に陥った日本の産業界救済の為、時の自民党小泉政権下で労働者派遣法?が整備されました。

これにより、今まで制限されていた業界でも派遣社員を雇うことが出来る様になりました。それまで従業員を勝手に解雇出来なかった企業は、派遣社員を入れる事で、何時でも新規従業員を雇い、時期が来て派遣社員を必要としなくなると、何時でも派遣契約を打ち切る事が出来、合法的に社員を解雇出来る様になりました。

確かにこの法律により、瀕死の日本企業は、元気を取り戻しました。

元々、派遣従業員は一部の職種のみとし、殆どの業種で働く労働者を企業の強権から守って来ました。

瀕死の企業を救う為に作られた労働者派遣法。

日本企業が瀕死の状態から脱した以上、派遣法は元の状態に戻すべきです。一度派遣社員に回された労働者には、正規社員への雇い入れがとても狭き門となっています。

正社員として安定した職業に就いていたいた労働者は、一旦派遣労働者に為ると、安定した職業ではなく、低賃金の不安定な職業としての生活を送る事しか出来ません。

日本の派遣労働者が増える事で、国民の所得の向上は認められなく、日本経済は何時までもデノミ経済を脱却出来ない状態となっています。

企業は、派遣法により人件費を低く抑え、利益を最大限受け取れる様になりました。企業は目先の利益に取り付かれているみたいです。

国民の所得が上がらないから、国民の購買力が低迷し、何時まで経っても日本はデノミ経済から脱却出来ずにいます。国民の所得が上がらないのにデノミ経済を脱却出来るはずが有りません。

私の住まいはかなり田舎です。テレビのコマーシャルは、中央の企業を除くと、地元企業のみのコマーシャル企業は殆ど、パチンコ業界と派遣会社が占めています。

派遣会社の企業規模はわかりませんが、本来この企業の売り上げは、派遣社員が本来受け取るべきお金です。派遣企業が潤えば潤うほど、派遣社員の利益は上がりません。

派遣労働者はアリ地獄にのめり込んだみたいです。

幸い、現在の日本国内の雇用状況は、人手不足に成って来ています。なので政府は不足分の従業員を海外から補おうとしています。

人手不足の日本経済で働く派遣労働者には、不安定な職業から脱却出来る貴重な機会なのに、国外から大量の従業員が入り込む事で、貧困な生活から抜け出すことが出来なくなります。

企業には目先の利益に飛びつく事はなく、以前の様に自社で従業員を育て、優秀な技術者を多く育てる事を望みます。

目先の利益に捕らわれ、外からの従業員を育てても、育った優秀な従業員は将来自国に帰り、日本の強力なライバルとして立ちふさがりそうです。

一人二人の外部からの従業員でしたら問題は有りませんが、10万、20万と育った優秀な従業員の流出はきっと、

将来の日本経済の足かせとなる様な気がします。

自分で自分の首を絞めているようなものです。

早く元の正常な状態へ戻して欲しいです。

そうしなければデフレからの脱却は望めません。
企業には自国の従業員を育て、賃金を安定させ、活気あふれる産業を育てなければ、自身の企業の発展は望め無いことを自覚して欲しいです。

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です