韓国国防省が改めて正当性主張

Pocket

韓国国防省が改めて正当性主張
韓国海軍の艦艇が海上自衛隊の哨戒機から今年に入っても相次いで低空威嚇飛行を受けたと韓国側が発表した問題で、韓国国防省は、定例会見で「日本側が問題を大きくした」と改めて正当性を主張しました

 「私たちは、この問題に対して抑制してきたし、戦略的で正しい対応をしてきたと考えている」(韓国国防省 チェ・ヒョンス報道官)

韓国海軍艦艇が自衛隊機に対して行なった、レーダー照射問題。例え嘘でも隊員が誤った操作で起きた事案でした。今度事故の再発が起きない様指導させます。

ぐらい云っとけば、見え見えの嘘でも、かたずいていた問題を、嘘に嘘を重ね後戻り出来ない問題にさせてしまいました。

当初韓国側は、北朝鮮国籍の船の救難信号を受け、現場海域で視界が悪く、捜索に困難をきたした為一時射撃用レーダー照射を使用したと云っていました。

実際は、日本側は救難信号を受けておらず、当時の現場映像では、視界が良く、韓国艦艇の近くには北朝鮮船が居ます。この時点で視界が悪く、北朝鮮船の捜索が困難な為、、、なんて云っていた事が全て嘘である事がはっきりしています。

何故韓国側は事実を認めようとしないのか?
うがった見方をすれば
北朝鮮は現在禁輸制裁を受けています。それで韓国サイドが何らかの取引を、秘密裏に行なっていたのでは無いか。その現場を日本の哨戒機に見られて、無理な嘘を重ねている。

韓国からしてみればとっても不名誉な解釈です。でもこれぐらい考えないと、今回韓国側が取っている姿勢、説明がつかないです。

かりに、韓国海軍の艦艇が海上自衛隊の哨戒機から今年に入っても相次いで低空威嚇飛行を受けたと言った問題

この事事態、普通の独立した国では、自国の経済水域内に他国の船が入った時の行動として、そんなに非難される様な事では無いのでは。

試しに、直ぐ近くにソビエトと中国が有りますから、それぞれの経済水域内を韓国の艦艇を航行させてみれば、どの様な態度を取られるか。
勇気があれば、レーダー照射もやってみれば。

現在韓国は、北朝鮮と仲良くし、中国とも距離をちじめようとしています。
そして日本を敵対国にしょうとしています。

私個人の見解では間違った施策をとっているとしか思えません。

韓国はよく歴史認識を正さなければいけないと云います。

そんなに歴史を正さなければいけないのでしたら、過去の歴史を遡り、
文章化してみればよいです。多分韓国は認めないでしょうが

過去韓国は、北朝鮮と壮絶な殺し合いを行なっています。共産主義の恐怖心から、自国民の虐殺も行なっています。
中国にはずっと属国化され、何百年に渡り貢物を送っていました。

日本とは歴史上何度か戦いを行なっています。
隣国同士の諍いは殆どの地域で繰り返されています。

近代史では日本は韓国を中国から独立させ、一つの独立国とさせました。
後に、ソビエトの南下政策では、日本のみが戦い、ソビエトから守りました。
余りの貧民国の為
疲弊しつくした国土の再生に、日本の予算で、荒れた大地や山々に植林し、余りの不衛生による乳幼児を救う為、ワクチンを与え、上水道を整え、町並みを整備しました。

慢性的な食糧難を、日本の予算で農地改革し、食料増産に努め、食料の輸出国にしました。
道路網を整理し、鉄道を敷き、ダムを作り、国としての骨格を作りあげました。
後、終戦となり

日本の援助で、工業化に成功し
日本から造船技術を学び、鉄道業も学び、IT技術も学びました
経済危機では日本から資金提供を?

そして今、日本は歴史を学ばなければならない。
と云って
日本を敵対視しています

ホント韓国は歴史を学ばなければと思っています

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です