首相らの意向を「忖度した」と発言した塚田一郎国土交通副大臣の辞任に

Pocket

首相らの意向を「忖度した」と発言した塚田一郎国土交通副大臣の辞任に

私自身辞任は仕方ない事と思っています。忖度とは関係無しに

「忖度した」発言の前に、他の議員とのやり取りを話すなんてばかげています。
もし話されるのでしたら、会話された議員の了解を得なければなりません。仮に「忖度した」発言の前に、一言話をされた議員さんに相談されていれば、一度頭を冷静な状態に戻せて、「忖度した」発言は出なかったと思います。

昨年の、もりかけ問題から忖度する事がとても悪い事のように言われています。

忖度とはそんなに悪い事なのでしょうか。
反対に忖度の無い生活って、味気ないギスギスした世界かも知れません。

およそどんな事柄でも忖度の伴わない事例は無いのではないのでしょうか。

企業の人事では、この方ならこの作業に適していると選考し、選考された人は自身を選定した会社の意向を考慮し、以後の仕事に邁進します。これも立派な忖度です。

森に一本の道路を通すとき、森の動植物の生態系を研究し、森の動植物に優しい道路工事を行います。
これも、一種の忖度かも知れません。

恋人との食事に、恋人の喜びそうなお店選びをする。これも一種の忖度

仕事でも、家庭や友人、その他もろもろの人間関係で忖度のない社会って成り立つのか。そしてこれらの人間関係で忖度する事が悪だと決め付けられると、ある社会を想像します。

密告社会です。
こんな社会が出来上がると、人々は誰も信用できなくなり、他人に対して決して本心は出さなくなり暗い希望の持てないギスギスした社会がやって来そうです。

今国会では「忖度した」発言の議員に対して必死に事の真意を明らかにしようとしています。まるで共産党議員による粛清の嵐のようです。「忖度した」発言の本人は粛清されても仕方有りませんが、

忖度した発言のみが一人歩きし、国民に対して忖度とは、悪い事なんだと知らしめているみたいです。
この問題で何時までも貴重な国会の議論を止めて欲しくは有りません。

野党の議員には何時までも忖度問題で国会を空転される事無く、国会では有意義なな議論を戦わせ、より良い明日の日本の国造りに励んで下さい。

忖度って贈収賄関係に結びつけると、大変悪い事ですが

仕事を円滑に進める。
友達関係を良好に保ちたい。
恋人や、夫婦関係を何時までも新鮮な状態に保ちたい。

など良い方向へ導く潤滑材としては
無くてはならないものだと思っています

野党の皆さん忖度ある社会って、思いやりのある優しい社会かも知れませんよ。

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です