<新型コロナ>現金給付、1世帯30万円 政府

Pocket

<新型コロナ>現金給付、1世帯30万円 政府方針

自民党の二階幹事長
所得制限を設けたうえで、国民1人当たり現金10万円の給付を行うよう、スピードを持って行うよう政府に求めていく考え


政府と自民党案どちらの政策が取られるんでしょう。
国民とすれば、自民党の一律10万円支給より政府案の30万えん支給の方が嬉しいです。

心配なのはどちらの案も速やかにとは言っていますが、所得制限を設けてと言っています。
こんなこと言ってるととても速やかになんて出来ません。所得の線引きなんかしていると、色んな話が出てきて、重箱の中をつつくみたいな話になり、まとまる話もまとまらなくなります。

こんな時は単純明快に、国民等しく公平が一番です。

こんな時、低所得者と高額所得者を同じ視点で扱うのは無理ですの言葉が出て来ます。

私はこの意見には大反対です。
高額所得者も低所得者も国民としては同じです。低所得者から見れば、あんなに裕福な方達に助成金を配布するなんて、そんなに余裕が有るんでしたら、今日の生活に困っている私達に、もう少し多く配布して欲しい。なんて思う方がおられると思います。

年収1000面円の方は年収300万円の方の年収分以上の税金を納めています。おそらくですが。

単純計算ですが
年収1000万円ですと所得税25%(30%かもしれません)町県民税が25%(30%かもしれません)
ざっとした計算で年収1000万円の方は約半分が税収となり、約500万円が実質手取り年収です。それでも低所得者からみればかなり余裕の年収ですが。

皆さん同じでは在りませんが、高所得者にはそれなりの維持費が有ります。
企業が、年収1000万円も払って、平社員と同じ生活レベルをされると、こんな方にはもっと上級職に引き上げたいなんて思わないでしょう。

今の日本では、いきなり所得を絶たれ、安心して数年間生活出来る人なんてほんの一握りです。

多分半年もするとかなり生活を切り詰めないといけないでしょう。


基本高所得者は常日頃かなり多くの税金を納めています。

ある日、国民がが大変苦しいことになりました。
多くの国民が生活に困窮しだし
政府が、皆さん一律に30万円の助成金を出しますと宣言し、
一部の人に、貴方は生活に余裕が有るみたいですから、給付対象から外されます。
なんて、この方は常日頃一生懸命働き、人より多くの税金を支払って来たのに、困った時のごちそうの分配にはありつけないなんて。

日本人って何時からこんなに心の狭い人種に為ったんでしょう。

確かに、突然な経済不況に見舞われた時、一律な経済支援から富裕層を外したい気持ちは解りますが、困った時の一律な助成金、食いもので言えば、ケーキかぼた餅みたいな物でしょう。
こんな時は国民等しくごちそうを分け与えた方が気持ちがいいです。

後日、経済が復活に向かう時は、低所得者よりこの富裕層達が皆さんの職場を作ったり、皆さんの賃金を稼ぐ原動力になる可能性が高いと思います。

それと、何時までも所得制限の線引きにかまっていると何時まで経っても生活助成金の配給は出来ません。

返って生活困窮者を苦しめる元となります。

所得制限を設けるなんて、百害有って一利なしです

政府の皆さん、困った時のごちそう皆さん一緒に味わいましょう。
を胸を張って国民に訴えて下さい。

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です