JOC竹田会長退任へ 

Pocket

JOC竹田会長退任へ 

3年前JOC竹田会長が東京オリンピック招致に絡む贈賄の疑いで問題になりました。

この疑惑について竹田会長は「我々はこの契約を違法性のないものとして行ったわけで、それがきちっと認められたということは、私どもとしては理解しております」と完全に否定しました。

JOCが設置した調査チームも、違法性は無かったと結論を出しました。

この問題、日本の警察当局も動く事は無く、日本国内では何ら法的な疑いは無いと、もう済んでしまった事件のはずでした。

3年後の今になって、フランス当局から再び疑念が持ち上がり、事件化されようとし、JOC竹田会長が東京オリンピック招致に贈賄の疑いで追訴の手族きに入ったそうです。

フランス当局が3年後の今になって捜査を始めるなんて。
操作をするのでしたら何故3年前に捜査を行わなかったの。
3年前では日本で盛んに報道され、事件性の有る、無しを必死に調査を行っていました。

JOCが設置した調査チームは、違法性は無かったと結果報告をしました。

それが3年後の今、再びフランス司法当局が竹田氏が東京オリンピック招致のために、賄賂の支払いを許可したと疑っているそうです。

フランスの司法当局が捜査を行うのは勝手ですが、今現在JOC竹田会長は日本の法を犯している訳ではありません。法を犯していない以上JOC竹田会長は、東京オリンピック誘致の大変な功労者です。日本とフランスの法律は違います。

万が一、フランス司法当局が罪の可能性を認め、JOC竹田会長にフランスへの出頭依頼が出されても、日本政府としてJOC竹田会長を出国させることのない様。仮にJOC竹田会長自らが自身の潔白証明の為に赴く意思を表明されても出国させる事のない様お願いしたいです。

JOC竹田会長の意思だからと出国させ、フランス捜査当局に身柄を拘留され有罪判決なんてめに合うと日本は世界のわらいものにされかねません。

確か日本とフランスでは犯人引渡し協定はありません。

仮に、日本で殺人を犯し、犯人引渡し協定の無い国へ帰国されると、完璧な犯罪証拠が揃っていても、自国民を日本へ出頭させる国はありません。

JOC竹田会長は日本の法は犯してなく、日本にとっての大変な功労者だと思っています。

この様な方を、外国から訴えられたとしても、外国に捜査協力する必要は何も無く、
この問題は、一時日本で騒がれましたが、何ら違法性は認められないと結果の出た事柄です。

本人は捜査依頼があれば何時でも、捜査協力致します。
と云っていますが日本としては、この問題で出国させることの無い様頑張って欲しいと思います。

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です