韓国は日本人が作ったみたい?

Pocket

韓国は日本人が作ったみたい?

何か韓国人から怒られる様な題材です

韓国は、李氏朝鮮時代から中国の庇護の下、国が成立していたようです。

毎年か、数年置きに中国に貢物をしていました。
裕福な国ではないので、主な貢物の中身は人です。農民以外の綺麗な子女と宦官。
こう云うのが500年近く続きました。

日本は明治維新後、日本の防衛上韓国に関わるざるを得ませんでした。
中国やロシアの脅威から日本を守る為。
韓国が、中国やロシアの完全なる施政下に置かれると、日本の独立を脅かす元となります。

おかげで、日本は中国やロシアと戦う事になり、何とか勝利を物にする事が出来ました。
その後、韓国を中国から完全に独立させ、韓国を正式な独立国として内外に認めさせました。

韓国を独立させましたが、国内をまとめる事が難しく、日本は韓国の統治に関わるざるをえなくなりました、この辺の事は国としての条約等が有りますから、調べればなにがしかの文献が出るものと思います。

韓国は未だに日本が韓国を無理やり日本の統治下にしたと云っていますが。

歴史にもし?は有りませんが

日本が韓国に関わらなければ、韓国の独立は無く、現在の独立国韓国は無かったかもしれません。
その場合日本の独立も怪しいですけど。

韓国は日本の一部とされ、大変苦しい思いをしたと云っていますが、果たしてそうでしょうか。

当時の韓国は大変貧しく、自らの力で繁栄していく事は大変困難だったと思います。
一つには国民の教育があります。

韓国ドラマでチャングムと云うのが有ります。
貧しいペクチョンの娘、ほとんど奴隷的階級です。ドラマでは知能優秀な子として描かれています。当時の李氏朝鮮時代では、貧しいペクチョンの子が晩学する事はほとんど不可能で、知れると勉学を指導された方まで罪に問われた時代だったそうです。

ネットですと、日本と統合される前の韓国社会の様子を見る事が出来ます。

着衣はほとんど白い木綿の服のみ。男性は荷車を押す写真は無く、皆重い荷物を背負って働いています。
町並みは、英国人女性探検家のイザベラバードさんの旅行記に詳しく描かれています。

町並みの整備は日本の税金で、当時の韓国社会の国家予算より多くの資金を投下しました。
乳幼児については無償でワクチンを投与し、乳幼児の死亡率の低下に勤めました。
韓国人社会では多くの学校を建設し、今まで勉学の機会の無かった農民にも勉学をさせ、それまで見放されていたハングル文字を復活させました。当時の教科書がそれを証明しています。

韓国の山並みについては、
ジエロトブイチ著の「朝鮮旅行記」で
韓国の山々は日々の生活で切り取られ殆ど禿山状態で「何処まで行っても禿山と赤土ばかりで、草も木も全て燃料の為に刈り取られている。」の記述があります。

この様な状態では、田畑があれ、病害虫の発生等で、農民の困窮が続き、疫病による高い死亡率を防ぐ事は出来ません。これらを防ぐには山々の再生をするしかないとしました。

日本の総督府は30年近くで約6億本の木々の植林をしました。

李朝時代には無給だった労役に対しては、日本の税金から賃金を支払っていました。そして現在の様な緑豊かな韓国の山並みの再生に成功しました。
そして何時も飢饉からの食糧難で苦しんでいた農民を、食料を輸出出来るまでに。

その他にも色んな施策を施しました。
それらは全て日本からの持ち出し資金で行われました。

現在韓国では、日本の統治時代は韓国から物資を全て持ち出され、大変な苦しい時代を体験させられたと云っていますが、果たしてそうなんでしょうか。

私には貧しかった韓国社会を日本の資金と人材で、自分達で稼げる国へと成長させた。
としか思えないのですが。

貧しさからの人口減少の国より、国民を飢えさせる事無く、急激な人口増加となった国の方がはるかに豊かな国に思えるのですが。

Pocket

櫻井よしこ氏は「慰安婦」を「日本軍強制説」で報じていた

Pocket

櫻井よしこ氏は「慰安婦」を「日本軍強制説」で報じていた
            4/19(金) 17:41配信   週刊金曜日

私もつい数年前まで慰安婦は在ったかも?と思っていました。

何時頃からか解りませんが、アメリカの公文書開示が進められ第二次世界大戦当時の正しい情報が公開される様になり、私たちの間違った歴史観を正してくれる様になりました。

随分前に成ります。おそらく20年以上前。
TVのトーク番組で徹子の部屋と云うのが有ります、黒柳徹子さんの長寿番組。

対談相手は、東条英樹大将のお孫さんでした。
詳しくは忘れましたが
只、私はおじいさん東条英樹大将の間違った認識を正し、
名誉を回復したいです。
とおっしゃっていましたが、そんな事出来るのかなと思っていました。

その後、アメリカの情報公開により私たちの間違った歴史観が正されるきっかけとなりました。

歴史の審議は詳しくは解りませんが、東京裁判で裁かれたA級戦犯と呼ばれた人達。最終的な罪状は 平和に対する罪 です。こんな罪状が有るのでしたら、日本軍より連合国側にもっと在るのでは無いでしょうか。

東京大空襲及び日本全国で起きた空襲
この空襲、爆弾と呼ばれていますが油状の火の付いた高温の火の塊。水をかけても消す事は出来ません。こんなのを女、子供、老人しかいない木造住宅街に、広範囲にまき散らすのですから、人を焼き殺す様な物でしょう。

長崎、広島に落とされた原子爆弾。その残酷さは誰にでも解ります。その他色んな作戦が在りましたが、日本の戦争指揮官達を罰した 平和に対する罪 

おそらく、色々調べまくりましたがどうしても彼らを罰する罪が見当たらなくて、苦肉の策の罪状でしょう。

桜井よしこさんも私同様、長く間違った歴史観の元、自身の良心に従った
「従軍慰安婦の日本軍強制説」だったのでしょう。

今、彼女の過去の意見はこうでしたと、意見する人がいますが、アメリカの公文書開示前は殆どの日本人は桜井さん同様間違った歴史観の元「従軍慰安婦の日本軍強制説」を信じていたと思います。

桜井さんは間違った歴史観を正す文書を目にすることで、自身の考えを正したのですから立派です。
中には言葉では間違いを認めつつも、いまだに「従軍慰安婦の日本軍強制説」を流している団体がいます。この団体から見ると桜井さんは立派です。

私も、幾つか書籍などで学びました。
「従軍慰安婦の日本軍強制説」を全世界に広めている韓国。この国の歴史を学ぶと色んな事が出て来ます。

李氏朝鮮は開国時より中国に参拝し、国名を貰い貢物をしています。
主なものは、綺麗な女子及び宦官です。
国が豊かでしたらもっと違った貢物をしたのでしょうが。

日本により中国から独立した朝鮮は貧しく、日本でもそうですが、貧しい農民の女子は家族の為遊郭へ売られていました。当時は合法です。

彼女達の待遇はそんなに悪くありませんでした。
当時日本軍の二等兵の給与は六円。彼女達は三百円の給与を得ていました。この事は当時の新聞等で求人案内が度々されています。
実際彼女達の貯金通帳が見つかっています。それと当時の彼女達の資金振りを知らせる朝鮮人の日記も見つかっています。

今で云えば二百万とか三百万の給与でしょう。
実際それだけの給与を出せば、人をさらって無理やり働かせようなんて考えられません。
変な言い方をすれば、韓国って李氏朝鮮時代から女性を売り国の体裁を保ってきた所が有ります。

金大中大統領の時代まで売春婦は特別国家公務員だった様な気がします。

今は、韓国の農林水産業の売り上げより、韓国女性が世界中で稼ぎ出す金額が上だとの報告書の記事を見た覚えが有ります。

これらの事を調べてみると、日本が韓国女性を無理やりさらい慰安婦としたとみるのにはかなりな無理が有ると思います。

実際当時の新聞では、日本の官憲が朝鮮や中国人のグループより複数の朝鮮人婦女子を救い出したとの記事が度々出ています。

櫻井よしこ氏は「慰安婦」を「日本軍強制説」で報じていた
は間違いではないでしょうが、

正確な情報を得る事が出来た桜井さんが自身の意見の訂正をした事は間違いでは有りません。立派な事だと思います。

Pocket

労働者派遣法の改正 後の実体験

Pocket

労働者派遣法の改正 後の実体験

私の知人(女性)
高齢の為(50歳)職種が限られパチンコ店の清掃業務を行っていました。

パチンコ店での清掃業務を始めた当初は、労働者派遣法の改正 前でした。

当時は清掃員の管理は、パチンコ店ごとに行っていました。清掃員に無理を言って辞められちゃうと一番困るのはパチンコ店の店長です。ですから店長は清掃作業員に対してかなり気を使った対応をしていました。

新しい労働者派遣法が施行されてからは、清掃作業員の身分は派遣会社の社員へと変わりました。

以後パチンコ店店長は清掃作業員に対して余分な事は言わなくなりました。

作業時間や作業内容、作業点検等は派遣会社へ直接云う様になり、パチンコ店店長は作業の良し悪しは派遣会社単位で判断する様になりました。

店長は今までの様に清掃作業員に対しての細やかな心使いはしなくなり、ドライな感じの対応をとる様になりました。

仕事をしている本人は今までの様な愛着は無くなったそうです。

派遣会社では、同業者同士の競争が有るらしく、作業員の管理が厳しくなりました。一方ノルマがきつくなった分賃金上昇があればやりがいがみこまれるんですが、賃金上昇の見込みが無いそうです。

労働者派遣法の改正が成された時は、日本経済が最悪の時でした。多分企業は大量の派遣社員を抱える事により、大幅な賃金抑制につながり、企業としての危機を乗り越える事が出来たのだと思います。

以後、ずっと日本経済はデフレへと続き20年近く過ぎようとしています。今では企業の基礎体力は回復したと思いますがデフレから抜けきれていません。

国民の給与が増えず辛い生活を余儀なくされているのに、国民の購買意欲が沸き、デフレ経済からの脱却なんて出来るはずが無いと思います。

労働者派遣法の改正が出来上がってから多くの時間が過ぎ、派遣法の改正から多くの派遣会社や特定知識や技術を持つ人材の斡旋業者等が出来ました。以前には無かった既得権益も出来たと思います。

新しい業態が出来上がってから、元の派遣法に戻すのは大変な事と思われます。

でももうそろそろ、今の業態を壊すのが難しいのならば、新たな一般作業員を対象にした働き方改革を作り出さないと、少子高齢化が進みいく現在、日本の国力増昇の機会は巡って来ないと思います。

一般労働者の給与上昇無くしてデフレ脱却は有り得ないと思っています。

風が吹けば桶屋が儲かる。
的な発想ですが、若年層の給与が上がれば、生活に余裕が生まれ、男女とも、恋愛感情が育ち、結婚年齢が下がり、自然と子供の生まれる確率が上がり、更なる購買力が生まれ、再び日本の国力上昇へと発展する事が出来る様に成るかも知れません。
バラ色の発想ですが

どちらにしても、
賃金上昇と出生率の上昇が無ければ、日本の国力上昇は見込めない物と思います。
どうか新しい働き方を模索して国民に奨励して欲しいものです。

賃金上昇と婚姻率の上昇及び結婚年齢の低下、そして出生率の上昇

賃金上昇のみが次世代への明るい灯火なのかも知れません

Pocket

自称「軍艦島の元島民」がでっちあげた「徴用工の奴隷労働」

Pocket

自称「軍艦島の元島民」がでっちあげた「徴用工の奴隷労働」――
訴えを起こした グ.ヨンチョルって誰?
島民は誰も知らない   不思議がいっぱい
              デイリー新潮 加藤康子の文書参考

韓国の徴用工訴訟が止まりません。
70年以上前の出来事ですから、審議の程はわかりません。

只、解っている事は、訴訟を起こされている方達の訪日時期を調べると、当時日本は韓国より賃金が良く、好待遇だった為日本で働きたいと願う人が多すぎて、訪日を制限していたそうです。

この事は多分、公文書などの証明が出来ている事と思います。日本の公的施策ですから。このことに対しての反対意見は出て来ていません。
当時二等兵の給与が六円だった頃、軍艦島で働いていた朝鮮人給与は118円だった賃金明細書が残されているそうです。

私的には、この問題は某国のゆすりたかり文化だと思っています。

韓国では「軍艦島の真実」を描いた映画が上映されました

そこでは朝鮮人を無理やり働かせ、奴隷の様な過酷な作業と、拷問等が繰り返され凄惨な限りを尽くされたと表現されているそうです。
目一杯働かせたい労働者に拷問をし、労働力低下をさせるなんて考えられませんが。

当時親に呼び寄せられ、小学生として来日し、6年間軍艦島で生活した具然喆(グ・ヨンチョル)。
わたしが体験した事実を証言しますと87歳の老人が公然と立ち上がったそうです。
強制徴用で連行されたひとたちは、日本の無慈悲によって、その苦痛を口では言い表せない。凄絶な人生、足枷がなかっただけで奴隷でしたと。
「中ノ島という小さな島があって、そこで死体を焼く煙が日に1、2回必ず立ち上り、火葬されるひとたちはみんな朝鮮人だった」そうです。

2015年7月 
(一財)産業遺産国民会議は、戦時中の事業現場や暮らしについて
(軍艦島)端島について元島民たちによる「真実の歴史を追求する端島島民の会」と共に、全国の元島民70人余の証言を集めました。

元島民の思い出の中の端島の人々は、口々に、朝鮮半島出身の友達と一緒に学び遊んだ思い出や、汗を流して働いたことを懐かしそうに語っています。

グ・ヨンチョル氏は彼の一代記で
「熊本は、海をはさみ端島からはっきり見渡せる場所であった」と書いていますが
当時を良く知る島民は皆一同に、絶対見えないや間違ったって見えないといっています。
この事は今でも証明されます。

また、とんでもない事をいっています。

「(朝鮮人たちは)動物の檻と変わりがない合宿所に集団で起居しながら、毎日迫りくる死の脅威にさらされていた」

「(終戦後)朝鮮人は、彼らが連絡船で夜逃げしたことを知った。島に残ったのは朝鮮人と沖縄人だけだった。実に奇怪な状況であった。大人は皆、日本人が去ったその夜にとんでもないことがあったのだと疑ったが、よもや千人をも虐殺するなど、純朴な朝鮮人の想像をはるかに超えることだった。日本人が中国人だけを坑内に閉じ込めて入り口を爆破して皆殺しにしたのではないかと疑うようになった」

1945年8月の終戦前後に、端島において、千人の人間が虐殺されたなどという事実は有りません。
外務省が終戦の翌年に作成した華人労務者調査報告書(三菱高島礦業所端島坑)には、島内で就労していた華人労務者全員(183名)を社船にて、佐世保で米軍に引渡したと記録が遺っています。

終戦を端島で迎えた元島民たちに聞いてみると、島民全員が千人虐殺説に「絶対にあり得ない」と口を揃えて反論しました。
また、終戦前後、端島での騒動や混乱の記録はなく。同じ島出身者なのに、なぜこのような出鱈目な話がでてくるのだろうと。

グ・ヨンチョル氏は
「朝、登校中に見た光景といえば、食料を得るために皿をひとつ持って列をなしていました。(略)その横には日本の軍人が棒を持って立っています。その前を頭も首もあげることもできず、皿だけを持ってわずかな食料を得ようと列をなしている様子を見て、あまりに凄惨だと思いました」(民主労総での演説)

この証言に元島民は
「皿を持って、道路端で、お涙ちょうだい、おかずちょうだいって、こういうバカげたこと、さすがに三菱たるとこは、そういうことは許可せんですよ。見たことない。日本軍の兵士が、労務者の食事の監視をした事実もありません」

と反論します。
端島では、独身労務者の食事は寮の食堂で提供されており、道端で配膳することはなかったそうです。

またグ・ヨンチョル氏は
「登校途中の道端に労務者事務室があります。そこから来る日も来る日も悲鳴と叫び声が聞こえます。つま先立ちで窓から覗くと、(朝鮮の)青年たちを2~3名コンクリート塀の前にひざまずかせ棒で叩いているのです。『助けてくれ!』と叫んでいます」(民主労総での演説)

これに対しても、「端島のどこで、そういうふうな状況、状態が発生していたのかその場所を証明教えて欲しいと島民の声です。私達は端島で見たことないから」と。

「中ノ島で朝鮮人の死体を焼く煙が日に1、2回必ず立ち上った」という発言には、終戦の年の4月まで端島炭鉱の測量部署に勤めていた松本氏が、

「発生した事故の現場監督が会議室に呼ばれて、事故の状況を報告せにゃいかん。それに基づいて、測量は、現場検証に行くわけです。こういうふうな状況でこの作業員が亡くなったということを、図面に描いて、しかもそれを文章化して、当時の鉱山監督局に変災(報告)書を書かにゃいかんのです。1日に一人も二人も死んだとなったら、私ども、それにかかっておらんばいかん。そういうことはまずありえん」

 と否定。インタビューの終盤、

「真実は一つしかないんですよ。なぜこんないい加減な証言につきあわなければならないのか」

2019年2月4日、元島民の方々に参集いただき、皆さんに写真や映像も再確認して貰いました。グ・ヨンチョル氏は映像でも書籍でも「1939年に9歳で端島に来て、6年間住み、成績優秀で学校で級長だった」と話しています。
集会には来られない方にも事前に資料を渡し、同級生や先輩後輩にも確認をして貰いました。会に参加された方も、参加できなかった方も、誰もグ・ヨンチョル氏の名前も顔も覚えておらず、その存在すら知らないといます。

島内には小学校は一つで、5~60名の生徒が居り、6年間も暮らし、かつ成績優秀で学級委員をしていた友達の名前を、誰も知らないなんてありえません。グ・ヨンチョル氏ってどんな人なの。

3時間以上議論し最後に端島で生まれ、戦時中の端島で少年時代を過ごした在日韓国人の鈴木文雄氏がマイクをとりました。

「(居住歴がある)実在している人の自分の体験談とかであれば、それは親身になって聞かないといけないでしょう。グ・ヨンチョル氏の場合は(居住歴に関して)実在に疑問がある訳ですから、抽象的なことを色々と述べている訳ですけれども、それに対して彼の意見を尊重するというのは、まずあり得ないと思うのです」と語りました。

鈴木氏の両親は慶尚南道の出身で、父親は坑内で伍長として働いていた。氏は当時を次のように振り返ります。

「戦時中に端島ではひどい目におうたねっていうような話なんか、全然聞いてないです。もう周囲の方たちも、皆、いい人でね。そんな悪い、負のイメージありませんしね。地獄で、殴られるリンチが多い、そういうような本当に地獄の島だったらそういう姿を見せるために(家族は)まず呼ばんでしょうね」

 会に集まった人は皆、グ・ヨンチョル氏について同じ事を考えていたようでしたた。加地氏は、「これはもう端島を知らない人が想像で書いたと思うんです」と言い、松本氏は「何か組織がかったものがあると。グ・ヨンチョルさんそのものは、(組織に)利用されとる。そういう感じを受けました」とまで話していた。
.
名簿にもなく、元島民の誰もが知らないと言い、証言も元島民と全く食い違うグ・ヨンチョル氏。一体何者なのでしょうか。

1950年に朝鮮労働党に入党し、米軍に対する破壊活動で捕まり、20年の服役を経験し、現在は、1997年韓国大法院から利敵団体と認定されている団体の役員を務めている活動家の顔を持っています。

日本も、軍艦島問題は民間団体任せではなく、国として当時の文書や証言などをまとめ、グ・ヨンチョル氏との食い違いを正して行かなければならないと思います。

相手は国ぐるみでのでっち上げをしょうと画策しているみたいですから。

Pocket

外国人留学生制度の問題点・デフレ脱却出来るの?

Pocket

外国人留学生制度の問題点・デフレ脱却出来るの?

政府は外国人留学生を年間30万人まで伸ばしたいそうです。
全員日本語での受講ではなく、英語での受講も認められています。

留学生は就学終了後かなりな確率で、日本での生活を希望しているそうですが、就活では日本語の習得率の悪さがネックとなり、せっかく日本で学び、日本で働きたいと思っても、企業では日本語を自由に話せない人材は敬遠するみたいです。それがせっかく日本で学んでも日本での定着率の悪さの原因となっています。

日本語は、日本人でも言葉は喋れても、読み書きについては、仕事で差支えないレベルまで学ばせようとすると二年や三年の学習では無理があるみたいです(一般事務職、秘書、営業、他)。

日本人でも語学の習得には十年近く時間をかけています。それでもある程度の能力を必要とする職業ではたりないぐらいです。

この文章を書いている私でも、小学校6年、中学、高校と6年、計12年学びましたが、語学検定では良くて3級、多分5級ぐらい。等級のレベルは解りませんが。

外国人留学生度にはもう一つ問題点が有ります。

日本は今長引くデフレで低所得層の賃金が上がらず、一旦勤め先の倒産なんかに見舞われると、正規従業員への道は険しく、低賃金な派遣労働者へと流れていきます。

一旦派遣労働者へ流れると、正社員への道のりは険しく、派遣で正社員と同じレベルの仕事をこなしていても、所得の上昇は望めません。企業も解っていても低賃金で働いてくれる派遣労働者を、正社員へと引き上げようとはしません。

ここ最近、労働環境が変わり、人手不足が叫ばれる様になって来ました。
人手不足が続けば、これまで低所得層から脱却出来ずに苦しんでいた方達には賃金上昇への機会がやって来ます。

やっと低所得層から脱却出来る機会が訪れて来たのに、政府が安価な労働力を海外から大量に迎えようとしています。

低所得層の所得が上がれば、国民の購買力が増し、所得の増大が定着すれば、若年層の婚姻率が上がり、出生率の上昇へと向かう確率が増えます。

今の日本は、強烈なデフレと出生率の低下で苦しんでいます。

低所得者の増大で苦しんでデフレから脱却出来ていない日本が、賃金上昇と、安定した国民の暮らしの増大無くして、デフレからの脱却はあり得ません。

また、賃金の上昇は若年層の婚姻率の上昇を促し、惹いては出生率の上昇を期待させます。

政府は労働力の不足から海外からの労働力を取り入れようとしていますが、現在日本で高度な能力を持ちながら、低所得層から脱却出来なくて苦労されている方達が多くいる事を忘れないで欲しいです。

どうか若年層や、低所得で苦しんでいる方達に安心して暮らせる社会の実現に目を向けて欲しいです

Pocket

小保方 晴子 さんに名誉回復を

Pocket

小保方 晴子 さんに名誉回復を
   理論は世界中で承認され世界中で特許が

私が小保方さんの事を書くのは三度目になります。

彼女の発表した論文が未来のノーベル賞級だともてはやされ、その後直ぐに彼女の論文には不備な部分があると、異常なほどのバッシングを受けました。特にマスコミは小保方さん叩きならば何をしても許されると、その攻撃には異常さを感じました。

彼女は、論文には不備な点があるかも知れませんが、元データが有りますから調べて下さいと云っても何処も取り上げての検証はしてくれませんでした。

唯一武田邦彦博士のみが、これぐらいの間違い大した事は有りません。若い研究者ですから少しぐらいは多めに見ないと。外国ではこれぐらいの間違い誰も批判したりしません。大筋がしっかりしてますからと。

元々彼女はアメリカで研究をされていましたが、日本の理研に請われて日本で研究をする様になり、理研からの研究発表となりました。その後彼女は地獄を見る事に成りましたが。

小保方さんの研究発表を取り下げさせた理研はその後、小保方さんを理研より追い出し、小保方さん研究の特許は未だに保持し続けているようです。

一方小保方さんがアメリカで研究されていた研究所は、世界中で小保方さん研究の特許を出願し保持し続けています。
そして世界の主だった研究所では、小保方さん研究の立証がなされていると。

一体日本での小保方さん叩きとは何だったのでしょう。

将来の先端医療の核となる研究を日本から締め出し、世界のトップを走っていた研究を日本では出来なくしてしまいました。

小保方さん研究はインチキだ。捏造だと騒ぎ出しましたが
小保方さんの研究元には、アメリカでも日本の研究所でも、世界のトップを走る研究者が複数人いて彼らの実験検証を何年も受けています。
複数年彼らの目を誤魔化す研究なんて出来るのでしょうか。普通の科学者ではなく、世界で名を売る研究者達です。手先は誤魔化せても数字は誤魔化せません。

途中亡くなられた研究者は
どんなに疑っても認めざるを得ない結果しか出てきません。似たような細胞が有りますが、大きさや培養液が違います。同じ培養液を使用すると、片方は死滅してしまいます。と云っていました。
アメリカの研究機関でも日本同様、最初は疑いの目で見られていたそうですから、検証はしっかりしていたと思われます。

一体日本の担当省庁は何をしていたんでしょう。
幾ら日本のマスコミから叩かれた研究でも、研究元の理研やアメリカでの研究元機関がその有意義性を認め世界を相手に特許を取り巻くっている研究なのに。
今の研究は特許を取られるとどんなに立派な成果を出しても、甘みは全て特許元に取られるんですよ。

日本の放送倫理委員会や各種人権擁護団体
一体これら団体の存在意義って何なの。たった一人の人権も守れないなんて

今からでも遅くは有りません

小保方さんは女子で将来子を持つ可能性は十分にあります。今のままで将来小保方さんが子を設けた場合、その子に大変な苦労を負わせる恐れが有ります。小保方さんは犯罪者では有りませんから。

でも小保方さんの様な長期間に及ぶ報道バッシングは有りません。その分国民の記憶にしっかり刻みこまれています。

今ではもう小保方研究は世界で認められ、アメリカによって特許は世界特許となっています。

出身元の大学からは博士号も取り上げられています。

世界的な研究を発表し、その研究から得られた特許が世界中に存在しているのですから、博士号を取り上げた意義が薄れていると思います。

小保方さんに博士号を授与した出身大学が、小保方さんの博士号を復活させるだけで、彼女の名声は取り戻せます。

日本のマスコミが自分達の非を認め、小保方さんにたいして頭を下げるなんて期待出来ません。

もうそろそろ日本の人権団体も、小保方さんの名誉回復に動かれても良いのでは無いのでしょうか。

それとこれは私個人の考えですが

日本のマスコミは、将来日本に巨額の利益をもたらすかも知れない研究を、自分達の視聴率競争から潰してしまった事を理解して欲しいです。

この問題は、私も含めて国民としてもっと怒りを表しても良いのでは

但し、怒りの表し方は知りませんが

Pocket

つわりで頑張って働いたら…給付金が大幅減?

Pocket

つわりで頑張って働いたら…給付金が大幅減?
         4/17(水) 14:30配信 テレ朝ニュース

女性が妊娠し出産にいたるまでに、程度の差が有りますが、つわり問題があります。

私の妻もつわりを三回経験しています。
幸いつわりとしては軽い方? 私の見解ですが
それでも側で見ていて、辛そうな時が何度か有りました。仕事は自営業でしたから、辛い時は休憩させていました。

妻は、自宅での仕事でしたから自由に休めましたが、これが外で働いている立場の方でしたらそんなに休息は取れなかったと思います。

外で働く妊婦さんが出産まえの働き方によって、出産後の育児休業手当に大きな差が出てくるそうです

何かややこしい数式が出ていました。出産前の辛い時期を時短で働くか、出勤日数で調整するかで、出産後の給付金で大きな差が。

少しややこしいですが
出産前の辛い時の働き方が無理をして、働く時間を短縮して毎日働いた場合は、賃金が下がりますが出勤日数は変わりません。

反対に、出産前の辛い時期を、無理をしないで辛い時は休日を貰い、事業主の庇護の下、出勤日数を月10日ぐらいに調整して貰った女性は、出産後給付金は、出勤日数の少なかった月は除外されて計算され、出産前の普通の賃金6ヶ月の平均給与が給付金算定の額として計算されるそうです。

給付金は、時短で出産での辛い時期を過ごされた方は、出勤日数が変わらない為、出産前の減額賃金が出産後の給付金算定の基準賃金とされる為、出産前の低賃金が給付金の算定基準額になります。
その為出産後の給付金はかなり少なくなるそうです。

私が以前食堂を経営していた時、出産を控えた女性がいました。この方出産後は子育てに専念されると云っていました。

食堂はお昼一時半ぐらいまでが忙しく、その後夕方までお店は開けていますが、開店休業状態です。普段は私一人が休養がてらのお店番をしていました。

先の出産を控えた従業員は、辛いつわりも無く健康な妊婦さんでした。
本来この方の終業時間はお昼の二時まででしたが、労働保険に入っていたので、出産までの数ヶ月間彼女の了解を得て、私の変わりにお昼過ぎの開店休業状態のお店の番をして貰いました。

この間私はお店の休憩室でTVを見ながらのお昼寝とさせて貰いました。

私からの出産後の少ないプレゼントとさせていただきました。
勿論私の少ないですが少し余分な給与も出させて貰いましたが。

全国の出産を控えた女性を抱えた事業主さんには、少しでも出産を控えた女性の就業問題理解してあげて下さい。

彼女達は、貴重な次代をになう子供達を作ってくれるのですから

Pocket

離れたのは客か?平成の車離れ

Pocket

離れたのは客か?平成の車離れ

私が運転免許を取ったのは25歳のとき。それまで都会に住み車が欲しいとは一度も思いませんでした。当時(40年前)車を持つと保管場所の確保が大変で、アパートを借りても市内のアパートには駐車スペースは無く、自分の車までは電車を使っていました(私の友人)。

こんなのを見ているととても車なんて欲しいとは思いませんでした。それに都会では車が無くても何も不便は感じません。

私が車の免許を取ったのは、たまたま仕事の関係で2ヶ月ぐらい遊ぶことが有り、その空き時間で車の免許を取りました。その間田舎の実家に戻り、実家から運転教習所へ通い、免許免許取得。
取得後都会への帰りの切符を買いにいく途中、たまたま立ちよった所で次の仕事を見つけそのまま地元に残り居ついちゃいました。

免許取得費用は40年前ですが15万円ごらいだったと思います。それに20万円ぐらいの軽ワゴン車を買い私の飲食店経営の出立点になりました。お店は居抜きのお店でほとんど出店費用は掛かりません。本当の最小限度の出店費用だと思います。

当時は物価上昇期でやりやすかったです。

現在はデノミの時代で給料は上がりません。転職を余儀なくされ、年収ダウンの方は少なくありません。特に若年層や、低賃金で働く人の賃金は上がっていません。

近年人口減少で、人手不足が叫ばれるようになり、低所得で働く方たちの賃金上昇が望まれそうになりましたが、政府は安価な外国人労働者を入国させようとしていますから、当分日本の労働賃金は上がりそうもありません。

最も車を買ってくれそうな若年層の賃金が上がらないのに、車の購買台数が伸びるはずがありません。それに都会では車を持とうとするとその維持費は馬鹿になりません。

私が始めて独立した時は家賃が月10万円で、家賃が勿体無くて1年後に銀行から1千万円の融資を受けマッチ箱のような店舗付住居を建てました。返済期間は忘れましたが、月ずきの返済額は約13万円。

昨年末都会へ出て働き、結婚をし、3人の子を設けた3男が郊外で家を建てました。3000万円。
低金利のおかげで固定金利で月9万円ぐらいの返済額だそうです。私の1千万円の借り入れで月13万円の返済額とは随分違います。

今月初め新築祝い金持参で3男の家に泊りがけで行ってきました。

オール電化で、数年前に見た友人のオール電化とは違い随分進化していました。
電気代は月1万円ぐらいで、以前のアパート代5万円と車の駐車場代1万円。それに光熱費2万円弱

家を建てましたが必要経費は以前と余り変わらないみたいです。
但し、これからは固定資産税が掛かりますが。まだ正式には決まっていないみたいです。

息子の会社は、郊外型の会社で車が無いと生活に支障が出る為、夫婦で車を2台必要としました。

これが都会の生活だと車が欲しくても維持費が高すぎます。車両本体価格は高ければ中古車をあされば何とかなりますが税金と保険代、2年毎の車検代もそんなに安価では在りません。
駐車場代も見なければなりません。

政府も、若者に車を持たせ、販売台数を伸ばしたいのであれば、車に掛かる車両本体価格以外の必要経費の減額をけんとうして貰いたいです。車両取得税、重量税、消費税、ガソリン税、高速道路税

こんなのが無くする事が出来ればきっと若者への販売台数が伸びると思います。

それと、最低賃金の引き上げ

賃金が伸びなければ経済は伸ばす事が出来ないと思います。

Pocket

日本の新1万円札に渋沢栄一、植民地時代の韓国経済収奪を主導

Pocket

日本の新1万円札に渋沢栄一、植民地時代の韓国経済収奪を主導?

私が知る日韓併合時の韓国は、とても貧しい国土が荒れ放題の国です

国民は一部の上流階層と、それに支配された奴隷の様な下層階級に分かれていました。
支配層の人達は、自分達の快楽にのみ調達した資金を使い、国の発展の為に資金を回そうという感覚は無かった様に思います。

以前よく韓国ドラマを見ていました。
その中で韓国ドラマ 明成皇后 で当時の事が史実を引用しながらわりと丁寧に描かれています。
ドラマの中では英国の女性探検家イザベラバード女子も出て来ています。

この女性探検家イザベラバード女子は当時の韓国の事を詳しく本に主筆されています。
その他にも当時の韓国の事を詳しく述べている方がいます。
当時の「朝鮮旅行記」ジエロトケブイチ著で 「何処まで行っても禿山と赤土ばかりで、草も木も全て燃料の為に刈り取られている」の記述があります。 

韓国ドラマ 明成皇后や上記2名の朝鮮旅行記で描かれている朝鮮(韓国)はとても貧しい国で、自力で発展する事はとても困難な状態でした。

そんな時、ソビエトの南下政策から日本を守るため韓国に進出するしかなく、ソビエトの南下政策を阻止しました。間接的では有りますが、韓国をソビエトの支配から救った事になります。
韓国的視点からすると、日本よりソビエトの施政下の方が幸せだったといいそうです。

日本が介入する以前の韓国は、慢性的な食糧難に陥っていました。
それを、日本の税金で農地改革をし、韓国の風土にあった米の品種改良をし、国民を飢饉の恐怖から解放し、農作物を輸出出来る国へとしました。輸出先には日本が含まれますが、きちんと対価を支払っています。

日本が朝鮮に入って最初にした事は、不衛生な環境下での、余りにも多い新生児の死亡率の高さから日本からワクチンを取り寄せ、無償でワクチンを投与しました。

イザベラバードさんが書き残した文献では
世界中旅してきたが、この地より不衛生で、悪臭が覆い、糞尿にまみれた地は見た事が無い。
と表現された町を、日本の税金で下水道と町並みを整備し、度々起こる疫病から人々を守りました。
勿論朝鮮労働者の賃金は日本の税金から支払われています。

それまで奴隷の様な生活を強いられ、勉学の機会を与えられなかった国民の為、日本の税金から全国に学校を建て、日本国内と同じ義務教育を行いました。途中覚えやすいハングル文字を見つけ、それまで見捨てられていたハングル文字教育も行いました。当時の教科書には、ハングルと日本語文字の併記がありました。

現在韓国では、ハングル文字は日本人が韓国から取り上げたと言いますが全くのでたらめです。

その他に、道路網を整備し鉄道も敷設しました。

「朝鮮旅行記」ジエロトケブイチ著で 「何処まで行っても禿山と赤土ばかりで、草も木も全て燃料の為に刈り取られている」の禿山は日本人の税金で約6億本の植林をし朝鮮の豊かな山林を復活させました。これにより豊かな水源も確保出来ました。この時の労働者にも対価は支払われています。

現在の韓国では、日本の統治が無ければもっと早く韓国は発展していたといいます。

資金は無い、奴隷の様な国民には学力も無い、上流階層は権力闘争ばかり。こんな状態で本当に自力発展は出来るのか。

確か当時の朝鮮の国家予算は年350万で日本からは追加で700万円の年間予算が付けられていたはずです。その後日本の持ち出し額は年々増加していきました。

日本の朝鮮統治時間は35年ぐらい。
その間減り続けた朝鮮の人口は倍近くに増加しています。

もっと詳しく調べればもっと沢山の事柄が出て来ると思います。

上記に記した事柄を総称すると、現在韓国が言っている
日本統治時代は、韓国民に対して多大な苦しみをもたらし、韓国の産品を大量に略奪しました。の発言は全くデタラメナ言いがかりの様な気がします。

表題に書きました
渋沢栄一氏は、植民地時代の韓国経済収奪を主導

は間違った考え方だと思います

Pocket

首相らの意向を「忖度した」と発言した塚田一郎国土交通副大臣の辞任に

Pocket

首相らの意向を「忖度した」と発言した塚田一郎国土交通副大臣の辞任に

私自身辞任は仕方ない事と思っています。忖度とは関係無しに

「忖度した」発言の前に、他の議員とのやり取りを話すなんてばかげています。
もし話されるのでしたら、会話された議員の了解を得なければなりません。仮に「忖度した」発言の前に、一言話をされた議員さんに相談されていれば、一度頭を冷静な状態に戻せて、「忖度した」発言は出なかったと思います。

昨年の、もりかけ問題から忖度する事がとても悪い事のように言われています。

忖度とはそんなに悪い事なのでしょうか。
反対に忖度の無い生活って、味気ないギスギスした世界かも知れません。

およそどんな事柄でも忖度の伴わない事例は無いのではないのでしょうか。

企業の人事では、この方ならこの作業に適していると選考し、選考された人は自身を選定した会社の意向を考慮し、以後の仕事に邁進します。これも立派な忖度です。

森に一本の道路を通すとき、森の動植物の生態系を研究し、森の動植物に優しい道路工事を行います。
これも、一種の忖度かも知れません。

恋人との食事に、恋人の喜びそうなお店選びをする。これも一種の忖度

仕事でも、家庭や友人、その他もろもろの人間関係で忖度のない社会って成り立つのか。そしてこれらの人間関係で忖度する事が悪だと決め付けられると、ある社会を想像します。

密告社会です。
こんな社会が出来上がると、人々は誰も信用できなくなり、他人に対して決して本心は出さなくなり暗い希望の持てないギスギスした社会がやって来そうです。

今国会では「忖度した」発言の議員に対して必死に事の真意を明らかにしようとしています。まるで共産党議員による粛清の嵐のようです。「忖度した」発言の本人は粛清されても仕方有りませんが、

忖度した発言のみが一人歩きし、国民に対して忖度とは、悪い事なんだと知らしめているみたいです。
この問題で何時までも貴重な国会の議論を止めて欲しくは有りません。

野党の議員には何時までも忖度問題で国会を空転される事無く、国会では有意義なな議論を戦わせ、より良い明日の日本の国造りに励んで下さい。

忖度って贈収賄関係に結びつけると、大変悪い事ですが

仕事を円滑に進める。
友達関係を良好に保ちたい。
恋人や、夫婦関係を何時までも新鮮な状態に保ちたい。

など良い方向へ導く潤滑材としては
無くてはならないものだと思っています

野党の皆さん忖度ある社会って、思いやりのある優しい社会かも知れませんよ。

Pocket