東京オリンピック・マラソン北海道開催は?

Pocket

東京オリンピック・マラソン北海道開催は?


    100%無農薬と有機栽培の早摘み果実から絞られた
    風味豊かなオリーブオイルです
    新鮮で癖の無い採れたての味わいを

20年東京五輪のマラソン・競歩会場の札幌への移転を国際オリンピック委員会IOCジョン・コーツ氏がいきなり決定しました。と発表しました。

いきなりの発表です。

いくら決定権はIOCオリンピック委員会に有ると云われても、オリンピック開催都市市長に一言の断りも無く決定するなんて常識では有り得ません。
都の小池百合子知事は、IOCの決定には反発を強めており、小池知事は東京開催を主張。調整委員会は10月30日から11月1日まで行われる予定です。

契約上オリンピック開催の決定権はIOCに有るとしても権力のかざし過ぎです。つい先日ドーハでの女子マラソン大会で、余りにもの暑さのせいでの、途中棄権者の増大で、大会主催者側が危機感を持ち、IOCとしての権力をかざしたのでしょう。

IOCのバッハ会長、ドーハでのマラソン大会以前には、東京でのマラソン大会コースは暑さ対策も十分取られ最高の大会が期待されます。と東京でのマラソン大会コースの出来栄えに大絶賛の記者会見発表をしていました。

その言葉の乾かない内の、マラソンコース変更の発表です。

東京都にしてみれば寝耳に水みたいな話です。つい数週間前に東京のマラソンコースに大賛事を述べていたのですから。

仮にコース変更が決定すると、新たに巨額の財源が必要となります。この場合最終的には東京都と日本国が費用を負担するように、契約上はなっているそうです。IOCは口だけ出して費用は丸投げの構えのようです。

こんな無茶なゴリ押し、独裁国家ぐらいでしか通用しない話です。


    100%無農薬と有機栽培の早摘み果実から絞られた
    風味豊かなオリーブオイルです
    新鮮で癖の無い採れたての味わいを

東京都はIOCオリンピック委員会と十分話し合いをし、承認を得て、色んな暑さ対策を行いマラソンコースを作りました。

結果IOCオリンピックバッハ会長より大絶賛を浴びたのですが。

このマラソンコース作成に東京都は、IOCの監視の下、数百億円の資金を投資しています。それをツルの一声みたいに、東京は暑いからオリンピックのマラソンと競歩の会場は、比較的涼しそうな北海道で行う事を決めました。なんてオリンピック大会都市に一言の断りも無しに、もう決定しましたなんて発表しました。

せめて、先のドーハでのマラソン大会の様な惨事を東京で起こしたくないので、マラソンと競歩の会場は北海道に変更させて戴けないでしょうか。
追加資金については、私達も努力致しますが東京都の方でも努力していただき、良い東京オリンピックの開催に努力いたしましょう。ぐらいに云ってくればお互いの努力の仕様が有るのでしょうが。

オリンピック開催都市に一言の断りも無しに
オリンピックのマラソンと競歩会場は北海道の札幌で決定いたしました。
なんて命令口調です。

日本人は大人しいですから暴動騒ぎには成りません。

大会都市がへそを曲げて、私達はオリンピック委員会の指定とおりの会場設定を行い、十分な資金を投入しました。IOC最高責任者より大賛事も戴きました。

どうしてもマラソンと競歩の会場を北海道へ変更したいのでしたら、IOCオリンピック委員会の手で行って下さい。私達は既にIOCオリンピック委員会要望とおりの会場を作り検査を受けました。今更コース変更されるのでしたらオリンピック委員会の方で行って下さい。
私達はお手伝いは致しますが、資金はIOCの方でお願いいたします。

なんて開き直られたらどうするのでしょう。

契約上は最終的な資金の責任は、東京都と日本国が請け負う事になっていますが、既に会場とマラソンと競歩のコースは仕上がっています。この事にIOCバッハ会長は大絶賛のコメントを残しています。

確かに契約上は最終的な資金は日本側がおう事に成っています。IOC協会の言うとおりの物を作り、検査を受け、合格しました。それを気に食わないからもう一度作り直して下さい。資金はそちら持ちでなんて契約がまかり通るのでしたら、山賊か追いはぎのたぐいです。

巨額の費用をかけ、完成させ、検査を受け、賛辞を貰いましたが後日、もう一度作り直して下さい。この物件は最終的にはそちらの資金で行う事に成っていますので宜しく。

こんな契約がまかり通るのでしたら、世の中何でもアリアリの権力を持った人間の思い通りの世の中になってしまいます。


    100%無農薬と有機栽培の早摘み果実から絞られた
    風味豊かなオリーブオイルです
    新鮮で癖の無い採れたての味わいを

Pocket

米首都近郊に慰安婦少女像・3年越しで5体

Pocket

なの米首都近郊に慰安婦少女像・3年越しで5体目


    100%無農薬、有機栽培の早摘み果実から絞られた
    風味豊かなオリーブオイルです
    新鮮で癖の無い採れたての味わいを
    食卓で味わえるなんて

米ワシントン近郊の南部バージニア州アナンデールで、韓国系米国人の市民団体が慰安婦を象徴する少女像を設置することが分かりました。27日に韓国から元慰安婦を招き除幕式を行いました。米国内での少女像の設置は南部ジョージア州、西部カリフォルニア州などに続き5体目とされます。

像が設置されるのは商業ビル敷地内の私有地で、車の通行量が多い通りに面しています。

同団体は像設置の趣旨について「日本軍の犠牲となった多数の慰安婦の悲痛な歴史をしのぶため」と主張しています。
しかし、今は日韓関係がこじれ、その影響で自国の経済が大変な時なのにこの様な行事を行うとは、自国民を苦しめる行為では無いかと思います。

元々慰安婦の認識には違いがある物と思われます。

対戦前や戦時中の慰安婦(売春婦)はどちらの国でも合法だったと思います。
殆どの女性は貧困からの売春婦だったと思われます。
日本でも多くの女性が、貧困から家族を救う為、自身が犠牲となり苦界へと身を投じました。

日本は韓国でも多くの売春婦を募りました。その多くは日本人女性が占めて居たそうです。今韓国では、この日本人女性達には触れる事無く全てが韓国人女性だとしています。

歴史的に韓国では、李氏朝鮮時代から女性を貢物として扱って来ました。
李王朝は中国の属国として栄え、国としては貧しく、産業も無く、毎年中国への貢物に自国の女性を送り出していました。
また男児は宦官として。

この貢物(貢女)の待遇がどうだったのかは解りません。

日本が韓国を統治する様になって、遊郭を作りました。人が多く集まる処には必ず遊郭が存在します。この事は世界共通で過去から現在まで続いています。

この遊郭で働く女性は高待遇で募集していました。この事は当時の雑誌や新聞広告によって証明されています。


    100%無農薬、有機栽培の早摘み果実から絞られた
    風味豊かなオリーブオイルです
    新鮮で癖の無い採れたての味わいを
    食卓で味わえるなんて

韓国で慰安婦が問題かされるずっと前、年代は忘れましたが、当時の慰安婦(売春婦)が当時の自身の郵便貯金通帳を持ち出し、現在の価値にての通帳保証要求が在りました。もう時効が成立していて、夫人達の請求は認められませんでした。その時の預金金額、現在の価値で1億近かったと思います。

この事は彼女達がかなりな高給取りだった事を証明しています。
彼女達の募集には、部隊大将並みの給料が示されていました。
現代ならば、月収数百万円でしょう。
これだけの好待遇で、人を騙し、さらって来なければ、従業員を確保出来ないなんてありえません。

借金のかたで娘を差し出す。って有りますが近くにこんな好待遇の職場があれば、喜んで娘を働かせに行かせるでしょう。
恐らく世界中の遊郭の、職場としての待遇では、かなり好待遇だったと思います。

日本統治以前の韓国は、世界最貧国の様な国でした。現在の韓国は認め無いでしょう。この事は当時の複数の冒険家により文章として残っています。
当時の韓国は、ほんの一握りのリャンバンと云われる支配階層のみが実権を握り、利益は全て自分達の為にのみ使われ、下層階級の処へは利益の配分は在りませんでした。

多くの民は勉学をすること自体禁じられていました。ですから国力の増進も認められません。

こんな時代背景が有りますから、生活に困窮している家庭から、無理やり騙して、遊郭で働かせるなんてあり得ません。賃金は保証されており、かなりな前渡金制度まで在りました。

ワシントン近郊のアナンデールで慰安婦像を設置した団体が、
「日本軍の犠牲となった多数の慰安婦の悲痛な歴史をしのぶため」の言葉にはかなりな無理が有ります。

当時の韓国はかなりな最貧国で、宗主国の中国へ「貢女」を献上していたのですから。彼女達は恐らく奴隷の様な存在だったのでは無いかと思われます。

正確には「貢女」の風習は何時まで続いていたのか、また、彼女達の待遇については何も解りません。

現在の事ですが、外国で違法に働く、韓国の売春婦としての人数はおおよそ15万人ぐらいで、その稼ぎ出す金額は、韓国の農、水産業の稼ぎ出す額よりも大きいと。云われています。

これらの事を考えますと、日本が韓国で遊郭を作り、かなりな好待遇、高賃金で働かせていた実態を考えると、
現在韓国が云っている「日本軍の犠牲となった多数の慰安婦の悲痛な歴史をしのぶため」なんて言葉にはやはり無理を感じます。

韓国は日本に対して、歴史を知らないといけません。と云いますが

衆人環視の元、史実や文献にもとずいたきっちりとした検証を行えばと思います。

実際、日本は韓国に対して何度か提案していたみたいですが、韓国は非難するばかりで、日本からの提案には応じないそうです。


    100%無農薬、有機栽培の早摘み果実から絞られた
    風味豊かなオリーブオイルです
    新鮮で癖の無い採れたての味わいを
    食卓で味わえるなんて

Pocket

エコキュート入れ替え顛末記

Pocket

エコキュート入れ替え顛末記

  100%無農薬、有機質栽培の早摘みオリーブオイル
  フルーティな香りと味わい
  油っぽく無く、爽やかな、さっぱりした味わい
  安心、安全を食卓に
  家族の笑顔が増えそうです

7月の下旬給湯器の様子が変なんです。
設定は、深夜電力の安い電気料金でお湯を貯め、保温し、お風呂を入れたり、シャワーに使ったりしていました。

なので、室外機のファンは、日中動かないで、夜10時から翌朝の5時ぐらいの電気料金の安い時間帯のみファンは回っていました。

ふと気が付くと、日中もファンが回っています。最初の内は設定が狂ったのかな、ぐらいに軽く考え、タイマーの設定をやり直していました。最初はこの設定で正常に動き出していました。

タイマーは狂っていませんでしたが、設定をいじくる度に、給湯器は正常に動き出していたのが、直ぐに24時間室外機のモーターが回りっぱなしの状態に成りました。ボイラーにお湯を溜めても満杯になる事も無くなりました。

ここまで来ると後は修理依頼するしか有りません。
保障は5年までです。今は7年目に入っています。

結果ボイラーの修理ではなく、室外機の基盤だそうです。その他に幾つか云っていましたが、修理の明細を提示してきました。
金額は約¥150.000.修理以来は即答はさけました。無理をすれば年内は使用可能ですが、寒くなると入浴は諦めて下さいとの事でした。

7月の終わりでしたから、シャワーで充分とし、一応様子見としました。
シャワーをしてても、少し続つ湯温が下がり、このまま行くと10月は寒いよねと成り、給湯器の入れ替えを決めます。

現在使用の給湯器、5年保障の半年前に修理をし、5年保障が切れてから2度の修理を依頼しました。掛かった金額は約6万。7年目の修理が15万ですから、耐用年数10年の機械にはもう高額な修理費は出せません。

この給湯器は、多分当たりが悪かったのでしょう。でも同一メーカーは避けました。

  100%無農薬、有機質栽培の早摘みオリーブオイル
  フルーティな香りと味わい
  油っぽく無く、爽やかな、さっぱりした味わい
  安心、安全を食卓に
  家族の笑顔が増えそうです

早速大手家電へ行き、エコキュートの相場を調べてきました。
貯湯タンクで470ℓの相場はおおむね、工事費込みで¥50万手前ぐらいでした。

早速ネット検索で、安心して仕事の任せそうな企業を検索し、出てきました。企業の名誉の為名前はA社とします。

早速メールで問い合わせを。
翌日A社より電話が有り、当社への問い合わせ有難うございます。と。

電話でエコキュート機の入れ替えである事と、導入機種の型番を伝え、大まかな予算を尋ねました。
以前の配管が使えない等、余計な工事が無ければ、10年保障を付けて上限で¥35万ぐらいですとの返答でした。

即答で工事の依頼をお願いしました。
住所と現場の画像が欲しいと言う事で、現在の給湯器の設置状態の画像を
5枚送りました。

この時点で気持ちはルンルンです。

現在の給湯器は7年前で、工事費込みで¥65万でしたから。
新しい給湯器は10年保障を付けて、工事費込みで¥35万、しかも10年保障まで付いています。保障費はおおむね¥3万ぐらい

私の喜びはここまででした。

翌日先のメーカーより電話が有り、細かな打ち合わせの電話だと思っていたのが、断りの電話でした。

現在の給湯器は、訪問販売のセールスから買いました。
セールスのうたい文句は、エコキュー湯器は、深夜帯の安価な電力でお湯を沸かし、又その間の電力料金単価も下がりますから、こちらの電力使用料金は、エコ給湯器をいれる事で、月額¥1.5千円前後お安くなります。

このうたい文句で給湯器の購入を決めました。

但し、我が家には設置場所は無いですよ。設置空間は在りますが、かなり困難を伴います。と伝えた所、設置予定場所の寸法を測り、自信を持って大丈夫です。私達はこの様な設置場所は何度も体験していますから。と

この設置場所
自宅お風呂場の横、幅130センチ、奥行き100センチ。高さは180センチの所で鴨居の様になっており、天井までは250センチぐらいです。角には
2階を支える柱が在ります。この場所には以前ガス湯沸かし機が在りました。
間口は実際は100センチ四方。
この空間に高さ210cm、横幅75㎝、奥行き65㎝
給湯器搬入場所は、幅90㎝、奥行き100㎝、高さ180㎝の間口の所へ        横幅75㎝、奥行き65㎝、210cm、重さ65㌔
の物体を搬入しなければなりません。おまけに設置場所は2m上です。一階は駐車場になっています。

多分プロ集団ですね。難なく搬入工事は終わりました。

以前、上記の様な仕事を見ていましたから、技術集団をうたったこのA社、追加工事の有る事を云われる物と思っていたのが、工事のお断りの電話でした。工事には特殊車両の居る事は理解していますと云ったのですが、断り理由は、危険を伴う作業に付き、今回のお話は断らせて下さい。当社の社員には危険な作業はさせられません。でした。

最初の一社には断られましたが、次の給湯器取り付け業者を直ぐに探しました。
その後、5社とコンタクトを取りましたが、いずれも最初のA社同様、設置場所を確認後、いずれの社もお断りの電話が有りました。

そんな時、修理専門会社に繋がり、ダメ元でメールを送った所、直ぐに電話が。おおよその説明と、給湯器設置場所の画像を送った所明日現場確認に伺っても宜しいかとの事で、翌日来ていただきました。

翌日営業マンと職人2人が設置場所の確認にやって来ました。
搬入よりも排出の方が大変みたいで、色々議論を戦わせ、大丈夫。工事は任せて下さい。でした。

早速細かな見積もりを出しました。

金額は¥56万、10年の保証付きです。
最初のA社の見積もり¥35万よりかなり高額になりました。

元々A社の見積もりより+10~15万予定していました。
特殊車両とその操縦士の費用です。

予定の¥50万より少し高くなりましたが、7年前の購入金額より¥10万安くなったと考えるとラッキーな事かも知れません。

但し、以前の給湯器は460ℓでしたが、新しい給湯器は370ℓです。

もう二晩使用しましたが、370ℓで十分です。
7年後の技術なのかお湯を沸かすスピードがとても速く感じます、急ぎ沸かし増しを選択すると急いで沸かしてくれるみたいです。まだこの機能は使った事は有りませんが。

今回の事で解った事
多分昔の様に、私は職人ですと胸を張って云える人の数が少なくなった物と思いました。

今回我が家のエコ給湯器の取り付け、交換をして下さった会社の方達、
有難うございました。

多分長い付き合いになると思います。
年に一度点検に来ますと云っていましたから。

 
 100%無農薬、有機質栽培の早摘みオリーブオイル
  フルーティな香りと味わい
  油っぽく無く、爽やかな、さっぱりした味わい
  安心、安全を食卓に
  家族の笑顔が増えそうです

Pocket