小泉進次郎環境相が失笑・報道の皆さんわかってるの?未来のエネルギー

Pocket

小泉進次郎環境相が失笑・報道の皆さんわかってるの?未来のエネルギー

報道機関の皆さん、日本が化石賞貰ったと騒いでいますが、解ってるの?
世界の報道機関の前で、自国の大臣を辱めるみたいに成っていますが。

多くの報道陣の中に一人ぐらいヨイショする人がいても。

化石燃料を消費する事が良い事とは誰も思っていません。
(一部逆説の人も居られます)

小泉大臣って、単なる議員の時の発言は簡単なマスコミ受けするワンポイント発言が多かったです。単発発言の真意を追求する報道人は居ませんでしたが。一部に内容の無い発言と切り捨てる意見も有りましたが、正式に言葉の真意を追求される事は有りませんでした。

一議員の時は大した責任は有りませんでしたから、好きな事が云えました.
仮にも大臣の肩書きが付くと、今までの様な単発的な発言は云えなくなり,
不用意な発言は出来ません。

火力発電云々は環境省の管轄外です。
環境大臣としての発言権は在るでしょうが。それでも不容易な発言は慎まなければなりません。

いきなり大臣として火力発電についてのコメントを求めても無理です。
閣内の意見を集約しないと出来る発言では有りません。

環境汚染の問題から、化石燃料を原料とした火力発電がよい訳有りません。そんな事皆思っています。
かと言って、原子力に走るのは良くありません。何か事が起こった時、その被害は尋常じゃ有りません。

チェルノブイリと福島が物語っています。
他に、水力、風力、地熱、太陽光等有りますが、どれもメーン電力源とはなりえません。

今、世界では次期電力の電源開発にしのぎを削っています。

小型原発、スターリング、バイオマス、床発電、音力、排熱等色んな発電方式が有ります。


小型原子力は10m四方ぐらいの小型で、電力を必要とする処に設置し、足りなければ2~3個作ります。現在の原子力発電より遥かに安全で、廃棄物も少ないそうです。実用化は何時でも出来るみたいです。後は国民の信頼を得られればみたいな感じだそうです。

スターリング発電は極僅かな温度差、熱源があれば発電出来るそうです。
一部実用化しているメーカーがあるそうです。

バイオマス発電は、生活から出て来る材料を使い発電源とします。現在生活から出るごみは、各市町村で燃やしていますが、この研究が進めば、各家庭から出て来るゴミが、地域の電力源となります。

床発電は、駅や道路など物が通る時のエネルギーを電力化するものです。ただこの方式では大量電力はあまり望めません。

排熱発電は、主に工場などから出るあらゆる熱源から電力を得る物です。
工場ではこの熱源を利用する事で、大幅な電力の削減が認められ、使用電力量を大きく減らす事が出来ます。少しバイオマスやスターリングエンジンに拠る電力に似ている所が有ります。

この様に新規電力には色んな電源が有り、どれも皆実用一歩手前まで来ています。中にはもう事業化を行っている物も有ります。

まだ私の知らない研究が行われているかも知れません。

でもこれらの次期新電源はどちらの国でも行われ、その研究内容は機密扱いでしょう。
こんな事は誰でも想像する事が出来ます。

なのに一国の大臣に対して、化石燃料を使用しない、新しい新電力の事を尋ねるなんて、基本的には、企業或いは国家の機密に相当するかもしれない様な事を尋ね、即答出来なかったからと、笑いの種にするなんて。

マスコミ記者のレベルが問われる問題かも知れません。

いいですか、次期新電源の研究は、結構実用化の手応えが有り、その研究内容は機密扱いなんですよ。

小泉大臣には
もっとマスコミを手玉に取る様な対応をして欲しかったです。

Pocket

選挙のウグイス嬢への謝礼が高すぎた議員

Pocket

選挙のウグイス嬢への謝礼が高すぎた議員


選挙期間中のウグイス嬢の日当は、一人¥15.000以内と法律で決められています。これに違反すると、とうせんしても無効扱いとされます。
立候補者にとっては大変大切な、基本的な選挙対策問題です。

報道によれば、
河井案里氏の陣営は、ウグイス嬢13人に対して、一人につき日当3万円を支払うため、領収書を選管に届け出る「河井あんり選挙事務所」宛てと、「河井あんり事務所」宛ての2枚に分けて出していたという。これが事実なら、連座制が適用されて、河井案里氏の当選も無効となる可能性もある。一方、ウグイス嬢の1人は新聞社の取材に、運動員(ウグイス嬢)として8日間の報酬12万円以外に、選挙公示前に備品代として12万円を受け取ったと説明している。真相解明までには、しばらく時間がかかりそうだ。

上記文面からすると、日当¥15.000問題は認識されていた様に思われます。
8日間の報酬12万円、一日換算で¥15.000円になります。
それ以外に選挙公示前に備品代として12万円を受け取ったと説明されているそうです。

一応日当¥15.000以内で済ませたようですが、後のその他公示前の備品代の提供はきちんと話を合わせなかったスタッフの大失態です。

河井案里議員の疑惑については、

「報道によれば、参院選挙の投開票日に河井案里さんの秘書が選挙事務所のスタッフルームで、ウグイス嬢に報酬を渡し、領収書を書かせています。第三者も大勢いるところでお金のやりとりをするなんて、通常は、ありえません。こういう場合、お金を払う側とウグイス嬢の2人だけでやりとりするものです。はっきり言って、選挙のプロの仕事ではないですね。プロのウグイス嬢は、法定上限額以上の報酬を受け取っても、それが表に出ないように完全に裏で処理します。

全く、素人の集まりの様なスタッフですね。
こんなのでよく選挙運動が出来たと思います。


河井案里議員のご主人は衆院議員で何度も選挙を経験されている方です。
こんなしっかりした後ろ盾を持ちながらの、基本的な選挙活動の失態。
自身の選挙慣れによる気の緩みが最大の原因でしょう。

選挙対策としては
第三者の大勢いるところで、ウグイス嬢のお金のやりとりをするなんて日本中の選挙関係者から笑われているでしょう。

河井案里議員夫婦にとっては、ろくでもない選挙対策本部長を選任された事を悔やむしかないです。可哀想ですが。

ウグイス嬢の日当¥15000円以内問題
今時、短期特殊労働賃金が一日¥15000円以内と決めていて、皆さんしっかり日当問題守ってくださいよ。なんて云ってる方が可笑しいんですよ。

世の中ウグイス嬢の日当¥30.000円が常識となっているそうです。
これはあくまでも素人的ウグイス嬢の話です。

色んな場面で言葉を選び、発進できるプロのウグイス嬢だと6万の日当がかかるそうです。

資金力のない方にも対等に、選挙活動が出来る様にとの心使いなのでしょうが、いい加減現実に即した仕組みに変えた方が良いです。

本当に資金力のない候補者は、仲間内で何とか努力します。
仲間が集められなければ、元々立候補の資格が無いものと思われます。

Pocket

中村 哲医師に見る・テロと平和

Pocket

中村 哲医師に見る・テロと平和


アフガニスタンで庶民の生活安定と平和に尽力していた中村哲医師が凶弾に倒れました。
彼は医療活動の傍ら、飲料用の井戸およそ1600本と、かんがい用の井戸13本を掘りました。

用水路の建設も始め、「マルワリード用水路」は、2010年に25キロが開通してその後2キロ延長され、およそ3000ヘクタールの土地をうるおしています。
この用水路が通ったスランプール平野では、工事前の2003年には、農業用地が砂漠のようでしたが、今では、木々が生い茂る緑豊かな土地に生まれ変わりました。

中村さんの活動によって、これまでに、福岡市の面積のほぼ半分に相当するおよそ1万6500ヘクタールでかんがいが行われ、65万人の生活が維持されているそうです。

中村医師の思いには、一人の医療患者を診るよりは、一本の用水路を作れば、多くの土地が潤い、より多くの民の生活の糧となり、人々の生活の安定に役立ちます。

現在アフガニスタンはテロの巣屈?みたいで、色んな勢力が蔓延っています。
有名なところではタリバンの勢力が名をはせています。
10年ぐらい前の地元民のインタビュウ
他の部族勢力に捕まると、助かる術は有りますが、タリバンだと助かる見込みは無く、何が何でもタリバンと見れば逃げます。逃げ切れなければ諦めます。でした。

そんな土地では、タリバン的武装勢力にとっては、国民の経済的安定は敵です。
国が安定し、国民の暮らしが豊かになると、国力が倍増し、反政府組織の活動が出来なくなります。国軍による反政府組織の撲滅行動が盛んになります。

ですからテロ組織から見れば、どんなに中村医師が素晴らしい運動を成されている人でも、テロ組織からすれば、自分達の活動を脅かす存在にしかなりません。


紛争地でどんなに地元民の為に働き、地元民に感謝され、人望を集めてもテロの立場の人から見れば、自分達の生命を脅かす恐れのある人にしか写りません。

テロの活動家は、豊かで平和な国では単なる反逆者でしかなく、単なる犯罪者で、国を挙げての取り締まり対象者です。これらの人に加担すれば、同業者とみなされ、重い刑罰に晒されます。

中村医師は、日本に帰国された時は、肉親に自分は死んだ人間だと思って下さい。と伝えていたそうです。

中村医師個人は、常に自分はテロの標的対象者である。と自覚は出来ていて、その覚悟もなされていたみたいです。人間とすれば素晴らしい方です。私などにはとても真似は出来ません。

中村哲氏は、ペシャワール会と云う組織を作り、色んな用水の作り方や、用水堤みなどの作り方や維持管理のし方を、日本の昔の人が行っていた事を参考に、機械を使わなくても、地元民の力だけで出来る様に、技術と知識を教え込んでいました。

あくまでも、地元民の、自主独立を考えていたんでしょうね。
自分が行った事の、後の事まで考えていました。

このやり方。
他所での日本人が行うボランティア活動に通じるものがあります。
井戸掘りなんかでは、地元民がそろえられる器具で、その使い方を教え、技術を残し、自分達で維持管理出来る様にしています。

ある水の浄化システムでは、高い水道料に苦しんでいる人に、水の浄化を教え、その村に農協的組織を作らせ、安価で水を使用出来るシステムを作り、自分達の生活出来る収入源まで作り上げて、以後地元民の自主運営とさせています。

ボランティアであるシステムを作り、収入源を与え、恒久的な自主運営にまで育てます。その後の自分のマージンなんかは何も考えていません。

この感覚日本人特有な考えなのかも知れません。
外国の方にもこの様な組織作り成される方は居られるでしょうが、
日本人の多く定住された土地では、治安が維持される確立が高いそうです。

これは、農耕民族特有の特徴なのかも知れません。

Pocket

今時の車って? です。こんなのが多すぎです。

Pocket

今時の車って? です。こんなのが多すぎです。


最後に新車を買ったのは12年ぐらい前です。軽自動車ですが。
この時は、今までの車とそんなに遜色なく普通に乗れました。

この夏、ひょんな事で、他人の車を移動させる事が有りました。新車のステーションワンタイプです。外見がっしりした丈夫そうな車でした。

簡単に車の移動OKしましたが、乗ってエンジンを回し、その後が解りません。ハイブリットカーでエンジン音は無く、何となくエンジンの始動が解りましたが、オートマのギアボックス?が余りに小さくて操作が解りません。

その内、持ち主が現れて扱い方を説明してくれましたが、いまいち理解できていません。
今まで、サイドブレーキは、左横のレバーを下ろすか、足踏み式のレバーを踏み込み、ブレーキを解除する。でした。

この車そのどれにも当てはまりません。

運転席横の小さなつまみの様な物で全て操作出来ます。サイドブレーキの解除も。
パーキングを外し、ドライブを選択し、サイドブレーキを外し、少し途惑いながら、発信すると何となくブレーキが利いている感じが。
無理に発信すれば出来たでしょうが、ゆるい下り坂ではアクセルを踏んでの発進は怖いです。

横で見ていた車の持ち主、この車、サイドブレーキを解除してから30秒経過すると、ブレーキが元に戻ります。
この言葉を聞き、再度サイドブレーキを外しゆっくりブレーキペダルを離すと前進してくれました。

今までエンジンを始動させると、エンジン音を聞きながら車を発進させていたのが、いきなりエンジンを始動させ、小さなギアボックスの操作で、パーキングを解き、ドライブを選択し、サイドブレーキの解除を行い、無音の車を発進させます。慣れれば何でもない操作なんでしょうが、初めての、エンジン音のしない車の下り坂発進は、アクセルを踏むと突進しそうで怖かったです。この車の加速性能が解っていれば何でもない操作なんですが。

この時の印象は、左の指先だけの小さな操作で、全ての操作が出来てしまう車。慣れれば便利なのでしょうが、間違った選択をしてしまった時の事を考えると、性能のよい車なのでしょうが、こんな車は運転したくない。でした。

先日妻の車を買い替えました。
軽のバンからワゴンタイプの車への変更です。
妻の希望で、今まで使い慣れたナビとETCの付け替えをして貰いました。付け替え工事の為、車屋さんは(4日間)代車の軽乗用車を置いていきました。

この車発進させるまでに10分近く掛かりました。
キーは差し込み式では無く、マスターキーで開錠後運転席に乗り込み、キーは差し込まず、そのまま手でイグニッションキーを回す仕組みです。
最初キーを回す角度が大きかった為と、ハイブリット車みたいにエンジンが始動した様に感じ、ギアをドライブに選択しアクセルを踏みました。
? 何のアクションも有りません。

再度同じ動作をやり直します。何のアクションも有りません。
最近の車は説明をうけないと始動させる事も出来ないのかと、疑心暗鬼になります。

再度イグニッションキーを回してみると、アㇾ もう一段キーが回りエンジンが始動しました。ただ最初のキーの回し角度が大きかっただけでした。もう少しで車屋さんに電話する所でした。恥ずかしい思いをする寸前です。これも加齢のなせる業かも知れません。

4日後新しい妻の車が届きました。
これは代車の車と違って何の違和感なく普通に運転する事が出来ました。

いつもの癖で予備キーを直ぐに作りました。何時もバッグの中に予備キーを忍ばせています。キーを付けたままドアを閉めても安心です。

予備キーを作っても確認作業が残っています。
ドアが開きました。
マスターキー以外で開錠すると盗難防止ブザーが鳴ります。
直ぐにキーを差しイグニッションキーを回します。無事回りました。
エンジンがかかりません。ちゃんとエンジンキーを回せているのにエンジンが掛かりません。

キーを変えマスターキーで回してみました。エンジンが掛かります。
再度新しく作ったキーでエンジンをかけてみます。
イグニッションキーは回りますがエンジンが掛かりません。

メーカー指定のキーじゃないとエンジンは掛からないんですね。
車の進歩を実感しました。

ちなみに7年前の中古の軽自動車です。
変える前の車は12年前に新車で購入しました。風と雪道に弱いので車の入れ替えでした。

今回の車、12年前から7年前の車えの交換でしたが、5年の進歩って凄いと思いました。

今の車ってどうなんでしょう。少し怖い様な感じがします。

Pocket