これで良いのか?日本の危機意識

Pocket

これで良いのか?日本の危機意識

今、中国からSARS以来の新型感染症、コロナウイルスが猛威を振るっています。

このウイルス、体調を崩して医療機関で受診しても、当初は単なる風邪ぐらいにしか認識されなくて、2~3回目の受信で、肺炎みたいな症状を起こしてから新型肺炎コロナウイルスと認識されるみたいです。

やっかいなのは、当初の軽い風邪症状の状態で人に感染させるリスクが有る事です。

現に日本の旅行関係者が、バス移動中2名の方が感染しました。
本人達の聞き取りでは、バス乗客の中には咳をしたり等風邪の症状を出している方は居なかったそうです。
本人は健康体のつもりでも、知らぬ間に新型肺炎ウイルスの保菌者となり、他人へ感染させていたって事です。

中国発表では、この新型肺炎ウイルスの致死率は約3%とそんなに低くは有りません。怖いウイルスです。

こんなのが日本に入り込み、知らぬ間に日本全国に広まれば収集の付かない事となります。

この新型肺炎ウイルス、移ってから発症するまでの潜伏期間は、長い人で2週間とかなり長く、この間に本人は何の心配も無く、自由に動き回り、多くの人に感染させる疑いが有ります。
おまけに、医療機関を受診しても、初期では中々新型肺炎ウイルスとは診断されない事です。

昨日隔離されている中国武漢から救出された日本人206名がやって来ました。

一日たった今日、5名のウイルス保菌者の恐れが発表されています。
その他の201名は経過観察されるそうです。

仮にこの5名の方達がウイルス感染者だと断定されますと
206名中の5名でその羅漢率2.4㌫
中国発表の3%と多くは違いません。この点は中国発表は信用出来るものと思われます。

今回の隔離された町、中国武漢から救出された日本人、一人当たり8万円の請求が回るそうです。
平時のチャーター便の8万円の出費はかなり安価だと思いますが、
緊急時の国外からの救出。本人達にはとても有難い事だと思われますが、救出後一人8万円の請求書が後日回って来るとすると、何となく納得しがたいです。


平素私達日本国民は、日本国の元安心して、一生懸命働き、働いた分から納税の義務を果たし、安心した生活が送れています。

極当り前の事ですが、この当たり前の事が送れている事は大変素晴らしい事だと思っています。
今の日本では、少しの心配は有りますが、婦女子が一人で深夜徘徊しても殆どは、無事に帰宅する事が出来ます。
とても平和な国です。

これは偏に、私達国民が一生懸命働き、納税義務を果たし、豊かな国家運営を出来て居るおかげです。

昔、石原慎太郎議員が諸葛大臣だった時ヨットレースが行われました。

レースはかなりな悪条件下で行われ、レース中トラブルが起き、海上保安庁の船が、緊急出動されました。

翌日記者会見が行われ、石原慎太郎大臣が会見に臨まれました。

会見の席上、記者たちは悪天候時のレースを行った関係者への責任を追及しょうとしましたが、

大臣の一声

国民が一生懸命働き、納税の義務を果たし、貴重な休日を自身の趣味に費やし、結果トラブルが起きれば、国家が最善の策で国民を守る。
このシステムが有るから、国民は安心して自分達の生活をエンジョイ出来る。

何か問題が有りますか?

この大臣の問いかけに、誰も反論できる記者はいませんでした。

この石原大臣の発言を今の政府首脳や、役人に聞かせてあげたいです。

日本国民が国外で一生懸命働き、結果日本国に多くの貢献をし、たまたま何らかのトラブルが発生した時、
日本国政府が、一生懸命国民救出に努力する。

この努力するまでは私達一般国民は拍手喝采ですが
後日、この時の請求書が回って来るのは、何故か釈然としません。

今の日本ってそんなに資金に苦労していないでしょう。

何でも、外務省には不測の事態に備えて、350億円の資金が用意されているそうです。

今回の中国からの救出費、この資金から捻出されても、何ら苦情は出ないと思います。

何でもこの資金、外務省の発表では
この資金、平素のトラブル用の資金で、緊急時用の資金では有りません。

何言ってるのか、非常用の資金って、緊急時に使われなくて、何のための資金なの?

この資金の出元は
私達国民が、パスポート作成時に支払ったお金の一部を充てられて貯まったお金だそうです。

こんな時、総理、若しくは諸葛大臣の一声で資金の流用は出来ないんでしょうか。

こんなの国民の目が光ってますから、悪さのしょうは無いと思いますけど。
仮に何かしらの問題があれば、直ぐに問題提起の憂き目にあう恐れが有りますから、怖くって悪さのしょうが無いと思うのですが。

国会では、この緊急時に、小さな問題で紛糾しています。

もっと国外に対して胸を張れる対応を取って欲しいです。

Pocket

韓国大統領府の欺瞞と嘲笑

Pocket

韓国大統領府の欺瞞と嘲笑が目立って来ました。
私達日本の政治家でしたら、恥ずかしくて出来ないような事を、胸を張って堂々と語りかけて来るのですから。


一方的に仕掛けてくる韓国からの言われ無き制裁。

日韓国交正常化時に交わした韓国との条約(約束)
日本はこの時巨額の戦後賠償金を支払い、今後、日韓間ではいかなる戦後問題は解決済み。
との約束事は簡単に無きものとされています。

基本的には、日本は戦後賠償なんてするつもりは有りませんでした。

韓国側は一方的に引いた、李ショウバンラインを楯に日本漁船(漁民)を大量に拿捕しました。
その数数千。
彼ら拿捕漁民は厳しい拷問を受け、中には死に至る漁民も出て来ました。

一般には日本は韓国を植民地と支配していたと云われていますが、日本の韓国併合は、国際的に認められています。

日本は韓国を支配する気は無く、独立国として育って欲しかったのですが、自国内の権力争いに明け暮れ、国民を顧みない時の権力者に見切りをつけ韓国を日本と併合しました。

韓国に何もしないで、見捨てる事も出来ましたが、当時の白人等による植民地化から日本を守り抜く意味で仕方なく、合法的に日韓併合へと進みました。

当時の植民地政策とは、
施政下に置かれた国から、搾取するのが殆どでした。

日本が韓国併合後、真っ先に行ったのは、余りな不衛生から、乳幼児を守る事でした。それまで乳幼児の死亡率は余りの高さでした。
日本の出費で、乳幼児にワクチンを与え、不衛生な街並みと下水道を整える事でした。

また、勉学の機会を与えられなかった、下層階級の子供に学校を作り、教科書を作り、日本と同じ無償での義務教育を与えました。

まるで為っていない全国的な道路網を整え、鉄道を敷き、国家基盤の元を作りました。

同時にダムを作り、電力を起こし、基本的な工業を起こし、経済の基本を作りました。

農業生産性が低く、常に飢饉と隣り合わせだった国民を、飢えの苦しみから解放しました。
これには農地改革と韓国に合った稲の品種改良、農地保護と農業用水の確保の為、殆どはげ山とかとした山林の再生事業も行いました。
現在の緑豊かな韓国は日本が作り上げました。

これら改革のおかげで、韓国は農作物の輸出出来る国へと変革しました。


現在の韓国では、日本が農作物を収奪したと云っていますが、きちんと対価を払って日本へと輸出しています。
基本的に、飢えに苦しんでいた国が、農作物を輸出し、国民は飢えの苦しみは負っていません。それまでの韓国とは大きな違いです。

今の韓国でよく言われるのが、日本がいなければ韓国はもっと早く繁栄出来て居た。です

当時の文献で、私は多くの国を訪問してきたが、ここ韓国より不衛生で、汚物にまみれた国は見た事が無いです。
これは当時の首都を差しての言葉です。

こんな国が、国民の学力が無く、国民は飢えに苦しみ、貧乏で、政権は国民を見る事なく、自分達の私利私欲にまみれ、軍隊を作る力も無い国がどうやれば国家繁栄の元を作り上げる事が出来たのか。

基本的に、植民地とは労働力やその成果物を搾取されるのが定理です。

日本は、韓国でのすべての事業を日本の貴重な税金によって賄い、李王朝建国から、ひたすら人口減少が続き、日本の関与した36年の間に、人口を倍近くにまで増えさせ、韓国国力を大きく引き上げました。

こんな植民地政策って有るでしょうか。何の感謝も無い韓国から
日本が、パラサイトにエネルギーを収奪されたみたいです。

韓国は日本と国交を結ぶに辺り、日本から大量な戦後賠償金を、日本漁民を人質にする様な形でせしめました。

この時今後一切戦後賠償は有りませんと、条約を交わしたのに、今の韓国の政権は
全ての人事を刷新し、自分達の意見に賛同する人事で固め、裁判で自分達の都合のよい判例を出しました。
裁判のていは成していますが、問題外です。
こんなの死刑判決でも無罪に出来ます。

徴用工判決では、今後一切の要求はしない事で条約を結んだのに、自分達で勝手な判決を下し。
徴用工に関連した企業の韓国内資産の差し押さえをしています。
山賊的行いです。

韓国で徴用工裁判を起こしている人達は、日本が徴用を始める以前に日本国内で働いていた人達です。
当時、韓国で働くより日本で働いた方が、賃金、待遇共良く、余りの韓国からの訪日数が多くて、訪日制限をかけていました。

慰安婦問題も、前政権時、今後一切の慰安婦問題は無くしました。とアメリカを証人とし世界に発表しました。
その約束も反故にされました。

日本からの輸入物質で、管理の厳格化を要求された物質の用途不明を要求され、一切の回答をされていません。他国へ横流しされた疑いが有ります。大量破壊兵器の作成に使用される疑いがあるそうです。

世界そろって北朝鮮に経済制裁されている中、北朝鮮に背取りの現場を見られるのを防ぐ為に、韓国艦船が日本の飛行艇にレーダー照射を行いましたが、嘘偽りの言い逃れで反対に日本を悪者として、堂々と論陣を張っています。

こんなのは世界中で信用されていません。

それでも、正々堂々と胸を張って嘘を云い続けています。

世界中から笑われているのに

韓国って、日本が本気になって制裁に走れば、経済を維持出来ない事が解っているのに。

不思議な国です

Pocket

地球温暖化って本当なの・行きつく先

Pocket

地球温暖化って本当なの・違ってたら
確か1980年代は、寒冷化が叫ばれて居た様に思います


温暖化だと昨年の様な異常気象が予想されます。それでも世界の農作物は生産されます。

反対に寒冷化の時代がやって来ると、冷害による農作物の不作が叫ばれ、途端に食糧難の時代に突入します。

突然の温暖化で熱い思いをしても、クーラーの無い南国の事を思えば、今の様な快適な暮らしは出来ませんが、暮らしていけそうな気がします。

寒冷化の時代はどうでしょう。
少し続つの寒冷化でしたら、何となく寒さへの対応が出来そうな気がします。
寒冷化が一気に進んだ事を思うと、国全体的な対応は無理でしょう。

まず、農作物の不作により食糧難がやって来ます。それと急激な寒さ対策をしなければ成りません。熱ければ裸になり木陰で急速を取れますが、寒冷化の時代では、屋外で寒さを凌ぐなんて無理です。

冬の北海道で、屋外で寒さを凌ぐなんて、完全な防寒対策を取らなければ死を意味します。

過去日本の歴史で干ばつによる災害での死者より、寒冷化による不作での餓死者の方が上回っていた様に思います。

私自身、寒い時代より、干ばつも大変ですが、暖かい世の中の方が好きです。

少し極論的な考えを書きましたが
温暖化と寒冷化は取るべき対応が全く違います。

温暖化だと、最初に思いつくのは、水の確保です。
真っ先に農業用水の確保される政策です。生活用水は贅沢をしなければ何とか成る様に思います。

寒冷化だと、農作物の不作が考えられます。
まず最初に考える事は、食料の備蓄です。それと暖房の確保。

私の小さかった頃、昭和30年代から50年代。
毎年冬になれば大雪で悩まされました。昨今大雪と騒がれますが、当時とは雪の量が格段に違います。

現代でしたら、確実に交通機関がマヒしてしまいます。
今の様に陸上輸送の盛んな時代では、私の幼少期の様な積雪に見舞われますと、日本国内の輸送網は完全に麻痺状態でしょう。

屋根には大量の雪が。家の周りには大きな氷柱の列がありました。
この事は私が30歳過ぎまで毎年有りました。

私が店舗付き住宅を建てた当初、毎年冬の間、店舗営業前にしていた事は
夕方営業前に、二階のの窓から、店舗入り口の上の氷柱をタケ竿で払い落とす事から始めていました。
住宅ローンが昨年終わりましたから、35年前の事です。

この様な氷柱落としの作業は20年ぐらい前から殆どしていません。
重労働な雪掻き作業は昨年一度も有りませんでした。
今年はまだ一度も積雪が有りません。


過去数十年の生活を思うと
寒冷化と温暖化、どちらに進むのか
私の生活体験上、温暖化に進む様な気がします。
難しい事は解りませんが、私の生活実感から来る考えです。

今日、ネット検索で少し興味引く記事を見つけました。

温暖化防止には二酸化炭素の軽減が必須条件。
空気中の二酸化炭素濃度は400ppmを超えました。と有り
この数値は人類史上最高数値だそうです。

しかし、二酸化濃度の上昇だけでは地球温暖化にはならず、二酸化炭素の上昇が、地球温度上昇への引き金だとしています。

温度が上昇する事により、微生物の活動が活発となり、それらの活動により大量のメタンガスが発生されます。このメタンガスは二酸化炭素より遥かに強い温暖化作用があるそうです。

◇2016年11月の情報

微生物が地球温暖化をさらに加速
地球温暖化が進むと土壌中の微生物が呼吸で排出する温室効果ガスのCO2が増え
温暖化がさらに加速すると日本の研究チームの論文が英科学誌に掲載されました。

気温が1度上昇すると、
呼吸によるCO2排出量が年平均で9.4%も増加することを6年の野外実験で確認されました。

細菌などの微生物は、呼吸で土壌中の有機物を分解してCO2を排出します。
その量はなんと自動車の排ガスなど人間活動によるCO2排出量の約10倍にあたるとされています

メタンの温室効果はCO2の100倍強ともフロンはCO2の数百~数万倍とも云われています。

今アラスカでは、永久凍土から大量のメタンガスが漏れだしています。
メタンは大変燃え易い期待ですが、燃焼せずに大量に大気へメタンガスが漏れだした場合、CO2とは比較にならない温室効果が認められるそうです。

2億5000万年前に突然陸と海の動植物の95%が死に絶えるという地球史上最悪の大量絶滅がおきました。

大量絶滅の原因がメタンガスだったことを突きとめ、短期間で急激に増えていたことがわかりました。

2億5000万年前の温暖化は活発な火山活動の影響で大量のCO2が放出され
温暖化が徐々に進行していき、やがて大量のメタンガスが一気に大気へと放出されました。

これにより一気に地球温暖化が進み、高温化した大気で一気にメタンガスに引火し
海底の燃える氷、メタンハイドレートが一気に溶けメタンガスが噴出し決定的な被害拡大へとなりました。

メタンガスは陸だけでなく海にも存在し、大陸棚や海の底に閉じ込められたのがメタンハイドレートです。

CO2による温暖化は破滅への序章に過ぎないのかも知れません。

2億5000万年前でおきた本当の危機はメタンハイドレートが溶け出すほど温暖化が進んだ時に起きたのです。

CO2の20倍もの温室効果を持つメタンガスによって温暖化は加速します。
それがさらに多くのメタンガスの放出を招きその結果、地球の温度は急激に高くなっていきました。

過去メタンガスの大量放出で急激な温暖化がすすんだ結果
地上50℃以上、海水温40℃に達したことがわかりました。

海の生物はほぼ死に絶え
生命が復活まで500万年以上もかかったと考えられています。

2億5000万年前の大量絶滅の決定打は
世界の深海に埋蔵されているメタンハイドレートです。
現在、少しずつ溶け出していることが分かってきました。

2億5000万年前のペルム紀の化石からわかることは
一度メタンガスが吹き出したら世界は終わりだということです。

このまま温暖化が進めば、やがてペルム紀と同じ状況となるのは間違いないといわれています。

地球温暖化によって本来持っていた地球の自浄作用が失われ、メタンガスまで吹き出して来ました。

大変な事に
地球温暖化のシナリオには、永久凍土に含まれているメタンガスは含まれていません。

このまま地球温暖化が進み
メタンハイドレートの自然融解が進みだすと、人類の手では防ぐ事が出来なくなるそうです。

私はこの文書書き始めた時は
地球寒冷化を思っていました
色んな文献を読み、永久凍土から溶け出すメタンガスや、海中のメタンハイドレートから染み出すメタンガスの記事を読み

私の地球寒冷化説は無くなりました。

現在、メタンハイドレートは少しずつ溶け出していることが分かってきました。

ペルム紀の化石からわかることは
一度メタンガスが吹き出したら世界は終わりだということです。

このまま温暖化が進めば、やがてペルム紀と同じ状況となるのは間違いないといわれています。

地球温暖化によって本来持っていた地球の自浄作用が失われ、メタンガスまで吹き出して来ています


Pocket