ダイヤモンド プリンセス号の悲劇? 3

Pocket

ダイヤモンド プリンセス号の悲劇? 3


プリンセス号に対する日本の対応に対して、各方面から色んな意見が出て来ています。

 米メディアは情報不足で感染におびえる乗客の声を伝えるとともに、「(日本政府の検疫は)感染をとどめるものではなく、船内で感染を広げているという証拠が山ほどある」(ジョンズ・ホプキンス大公衆衛生大学院のトム・イングルスビー氏)といった専門家の見方を紹介していた。

一方アメリカ人乗客からの意見も出て来ました。

カリフォルニア州から妻と乗船しているマシュー・スミスさん(57)
「チャーター機には乗らない」と話しています。

スミスさんは船内のアナウンスや食事などの様子とともに、「船内が危険だというネット上のデマにだまされないで」といった趣旨のツイートをした。15日、米政府がチャーター便を手配すると発表すると、「船内で検疫を終えた方がいい」とも発信した。

 朝日新聞の電話取材に応じたスミスさんの説明は次のような内容だった。

 予定された14日間の検疫期間が終わるまではあと数日。そのタイミングでの米政府のチャーター機派遣という決定は、「遅すぎた」。

 また、「検疫期間中でウイルスの検査結果も出ていない人々をまとめてバスに乗せ、飛行機で帰国させるという対応は、ここまで船室内で我慢してきた努力を無駄にするようなものだ」とも話した。その上で「しかも米国内でさらにもう2週間検疫するという。シンプルにばかげている」。

 感染の有無を調べる検査を受けていなかったり、検査の結果がまだ出ていなかったりする多くの人とともにバスや飛行機に乗る方がリスクが高い――。スミスさん夫妻はそう考え、船にとどまることを選んだという


多くの色んな意見が出て来る中、スミスさん夫婦の話されている内容が、一番信憑性に溢れ、信頼できる意見の様な気がします。

スミスさんの云われる通り、下船が目の前に迫ってから、救助の飛行機を出すなんて、最後に私達は、自国民の救出に最善を尽くしました。のアリバイ作りにしかならないでしょう。

中国より、速やかに自国民を出獄させた様に、日本からの出国も速やかに出来た筈です。最悪アメリカ軍基地も有ります。

このクルーズ船についての記事は、これで三回目になります。

過去二回の記事で書きましたが、
最初のコロナ菌保菌者は、
横浜港出向前日より、咳込みの症状を認め、
1月20日にクルーズ船が出航し、あちこち寄港しながら
1月25日に香港で下船され、体調を崩され、精密検査を受け
2月1日新型コロナウイルス菌に侵されている事が判明しました。

途中寄港地の沖縄での感染が発表されました。

クルーズ船への、横浜の検疫検査人が乗船したのは
2月3日です。

この間、乗員、乗客3700名は何も知らされる事なく、普段通りのクルージングを楽しまれていました。

本来ならば、新型コロナウイルス菌の感染症の怖さは世界の大きなニュースと為っていましたから、クルーズ船船長は何らかの処置を取るべきでした。本社の意見を仰いだのかは知りませんが。

15日間のクルーズの旅の最後の2日前の病気の判明ですから、開き直りの感覚が在ったかも知れません。

タクシーで感染症の保菌者を一度運んだだけで病気に感染した症例が有りますから
新型感染症菌に侵された船内で、2週間も生活を共にしてきたのですからほぼ全員感染症に侵されていると判断されるのは当然だと思います。

まず最初に、体調のすぐれない方と、最初の保菌者と最も接触された疑いのある方を調べ、その後、順次体力の無さそう?な方と、体調のすぐれない方等に検査を広めて行く検査のやり方。
そんなに非難される事は無いと思います。

基本、クルーズ船船内は治外法権です。外国扱い。

接岸船が疫病に侵された時の指揮権はどうなるのか解りませんが、
国内の船を扱うのとは次元が違うと思います。

このクルーズ船の持ち主は、確か、アメリカでしょう。

クルーズ船本国、若しくは会社からどうするのかコメントが在っても可笑しくは有りません。唯一クルーズ代金の全額払い戻しのメッセージがだされたぐらいです。

基本、検疫の立場からすると
乗客と乗員の立場は一緒です。

乗員2700名
この乗員のお世話に約1000名

いっぺんにこれだけの人員を隔離すると
約1000名近くの人員が必要となります。

緊急で、これだけの人員と設備を整え維持できる機関は軍隊しか有りません。
残念ながら日本には軍隊が有りません。

これは、アメリカの政策と強力な野党のおかげです。

どうしてもこの度の日本の検疫体制の批判をされるのでしたら
日本を、軍隊の持てる普通の国にしてから云って欲しいです。

Pocket

ダイヤモンド プリンセス号の悲劇? 2

Pocket

ダイヤモンド プリンセス号の悲劇? 2


ダイヤモンド プリンセス号には今でも3000名前後の人員が隔離状態と成って今す。

プリンセス号が横浜に着いたのが2月3日。
今は2月15日。もう13日の隔離状態となっています。

本来ならば、隔離期間が12日以上経過後,
再検査で陰性結果を得られれば、隔離状態からの開放が予想されます。

船内からは、毎日新しくウイルス菌に感染された患者が出ていますから、簡単には隔離解除とはならないかも知れません。

問題は最初に発病した方が、香港で下船され(1月25日)
その後、病状が悪化し、正式に新型コロナウイルス菌だと確認されたのは
2月1日です。
発表は病状確認後直ぐでした。

この患者さん、横浜から乗船されましたが、クルーズ船乗船前日の
1月19日には軽い咳き込み状態だったそうです。
その後、1月20日からのクルーズの旅が始まりました。

ダイヤモンド プリンセス号のクルーズの旅は
1月20日~2月3日まで
その間幾つか、国内外の寄港地巡り横浜に帰り着きます。
15日間のクルーズの旅です。

悲劇は出航初日から始まりました。
寄港地の香港で下船された方のコロナウイルス菌による発症が確認されたのは2月1日。
出航後13日目です。

ウイルス菌に冒されてから発病までの潜伏期間を考えると、クルーズ船乗船前に羅漢されていたと考えられます。

羅漢されてから、発病までの13日間クルーズ船船内を自由に動き回られていたと思われます。

この病気の発生地では、何も知らされていない現地の方が、毎年恒例の大宴会を開きました。その数数万。
この宴会で今回のコロナウイルス菌が一気に拡散されたそうです。

人数の規模は違いますが、クルーズ船の乗員は3700名。
大型客船とは言え、閉ざされた空間での集団行動。

毎日朝、昼、晩と一日三回、大宴会状態です。

昨日、東京の屋形船でのたった一回の宴会でコロナ菌をうつされたのではとの発病者の発表がありました。


たった一回の宴会それも数時間の宴会です。屋形船の想定では、そんなに派手には動き回れません。

その事を思うと、クルーズ船内はかなり広いです。
ましてや食事はバイキング形式だそうです。食堂は数箇所あるそうですがそれでも一箇所当たり1000人近い人数になります。皆さんかなり動き回られます。

こんなのが、一日三回行われます。

その後、色んな娯楽イベントがあります。
映画やダンスフロアーなんかも。
皆さんに、一日中飽きさせず、楽しませるイベントが盛り沢山です。

こんな中で、感染力の強い、新型コロナウイルス菌の保菌者が自由に動き回ります。
乗船されてから13日間。途中香港で下船されましたが、この期間に十分コロナ菌は船内深く浸透されたと思われます。

その後、2月3日にクルーズ船が横浜港に着き、横浜の検疫官が乗船されるまで、誰にもこのコロナウイルス菌患者が出た事は知らされませんでした。

クルーズ船は出航から帰港されるまで15日間。
他の乗船客には悪いですが、15日間広いとは言え、限られた船内空間でコロナ菌をたっぷり吸い込んでいます。

日本国内で、ガイドしただけとか、タクシーに乗せた、あるいは乗っただけで感染された方が複数人居ます。
皆さん、ほんの数時間、中には数分同じ車内に居ただけで発病されています。

それを思うと、15日間同じ空間で食事をし、色んなイベントを楽しまれた。こんな方が乗員、乗客合わせて3700名。

皆さん、病気に犯されていると思って対処されるのが基本だと思われます。

国、内外から不手際が悪いとか、日を追う毎に感染者の数が増えている。
船内の、二次感染だ、三次感染だと騒いでいますが、

コロナ菌保菌者と、15日間も同じ空間で食事を共にし、同じ船内で遊び回って来たのですから、皆さんウイルス菌に冒されていると思って対処するのが本当です。

一度に3700名も新型感染症の患者が現れるなんて、想定外でしょう。
日本に、一度に完全個室で、病気を隔離する施設なんて無いでしょう。
ある程度の日程を組み、病気を隔離する施設を作る事は可能でしょうが、狭い日本で、いきなり数千規模の隔離施設を作るなんて。

日本より人口が少なくて、日本よりはるかに大きな国土を持つ国ならば隔離施設なんか簡単に確保出来るでしょうが。

この新型コロナウイルス菌による病気
発症するまで期間が長く(一週間前後)発症以前に病原菌を撒き散らし、
病気を疑っても直ぐには判断出来ません。
有効な薬も有りませんし、病気を検査するにも、3700人も検査すると為るとそんなに簡単には出来ません。
一度の検査では結果が出にくく、二次、三次の検査が室用です。

一人二回の検査を受けるとすると7400名になります。
病気がはっけんされてから約一ヶ月。まだまだ困難が予想されます。

色んな方面から、かなりキツイ意見が寄せられています。

クルーズ船以外の保菌者を疑われている方達は、民間のホテルのお世話に為っています。

それよりはるかに多いクルーズ船の乗客。
現在、新たな船内感染を疑っている方達に言いたいです。

残酷かも知れませんが、現在船内の乗客、及び船員の方達は、ウイルス菌の蔓延したかも知れない空間を、15日間も共有して来たのですから、それなりの覚悟がいるものと思われます。

唯一の救いは、船の指揮する方達からの症例が出ていない事です。

Pocket

ダイヤモンド プリンセス号の悲劇?

Pocket

ダイヤモンド プリンセス号の悲劇?

現在この客船には3600名近くの乗客が隔離されています。(2月13日)

国外で下船された乗客の中から一名の新型コロナウイルス感染症の患者が認められました。
この患者の病名が確認されるまでの間、このクルーズ船は幾つか寄港地を回り横浜に帰港しました。

少し時系列に検証したいと思います。

1月20日 香港在住の男性は、横浜港から大型船クルーズ船ダイヤモンドプ     リンセス号に乗船
1月22日 ダイヤモンドプリンセス号は寄港地の鹿児島に停泊
     停泊時間は14時間

新型コロナウイルスに感染していた、香港在住の男性(80歳)は、追跡調査で鹿児島県をめぐるバスツアーに参加していたことが判明。

参加人員は42名(乗船客10名)で鹿児島観光を楽しみました
後にこのバスツアー参加者10名から3名の感染者を確認(2月5日)

1月25日 男性は香港で下船。

その後の検査で新型コロナウイルスへの感染が確認されます
2月1日発表

2月3日〜 ダイヤモンド・プリンセス号の乗員・乗客への検疫を開始

クルーズ船は、横浜出港後に香港やベトナムを巡り、1月22日に鹿児島に寄港。
新型コロナウイルスに感染した男性は、1月22日に鹿児島でバスツアーに参加。
その後1月25 香港で下船しています。

香港在住の男性が鹿児島県(城山公園等)でとった行動が気になります。
行動範囲が限られていたと思いますが、このバスツアーから(2月13日現在で22日経過)ですから鹿児島での感染者の心配は無いものと思われます。

鹿児島での感染者が出なかったことが幸いです。


2月1日:那覇への寄港で乗客、約2700人が那覇県内を観光。
観光客は一時下船後、バスやタクシーを利用し、県内を観光したと報道されています。

残念ながら、人数や目的地等多種の為、正確なルートは把握できません。

2月1日 同日、一時下船した乗客の大半は再度乗船し横浜港へ向け出港。

このうち22人(乗客13人と乗員9人)は下船し、飛行機で県外に行かれたよです。

乗客13人は、香港在住の男性が下船した1月25以降に乗船した模様です。

この沖縄観光ももう2週間近く経過していますから、プリンセス号乗客以外への感染は心配いらないかも知れません。

香港在住の新型コロナウイルス感染の方(80歳)は
クルーズ船出立の前日
1月19日には軽い咳き込みがあったそうです。

1月20日乗船~1月25日香港にて下船されるまでの5日間は他のクルーズ客約2700名と殆ど生活を同じにしていました。

船内では食事はバイキング形式だと伺っています。

バイキングでも、給仕の付かれる処も在るでしょうが、最後のデザートやコーヒー等は個人で注ぐのが殆どだろうと思われます。
この場合、コロナ菌保菌者の触れられた食器等、多くの他の乗船客も触られた事になります。

コロナ菌保菌者が下船されたのは1月25日
その後プリンセツ号が2月3日横浜に着き、横浜検疫官による調査が行われるまでの10日間、乗客には何も知らされていなかったそうです。

客船なんかで一度食中毒が起こると、その感染者数は、乗客数にもよりますが、400~600名と大人数な患者すうと成ります。

限られた密閉空間。換気はされているでしょうが、デッキや手摺りなど至る所に有ります。
多人数での食事。しかもバイキング。

余暇には、映画やダンス。他に多種多様なイベントがあります。

いくら巨大クルージング船とは言え、感染力の強い感染症。
コロナ菌保菌者が下船されても、既に二次感染者が居た事を考えると、延べ15日間も共同生活をされています。

今現在、何ら症状の出られていない方が大勢居られます。
これれの方達の下船を促される意見が多く居られます。

感染力の強いコロナ菌保菌者と長時間過ごされて居た事を思うと、全員感染者だと、疑ってプリンセツ号全体を隔離する政策には間違いは無いものと思います。

乗船者からの情報では、検疫官の乗船まで、乗客は何も知らされていなく、何の制約も無しに、普段道理のクルージングを楽しまれていたそうです。

このクルージング船は至る所に寄港されて来ましたが、乗船者以外、どちらでも新型コロナウイルスによる感染者の出なかった事を感謝したいと思います。

Pocket

船内感染者は130人に被害拡大・横浜のクルーズ船船内生活環境が悪化

Pocket

船内感染者は130人に被害拡大・横浜のクルーズ船船内生活環境が悪化、厚生省に支援要望書


新型コロナウイルスによる集団感染
発症源は一人の人間かららしいです。

発生場所は豪華客船のクルージング中です。

巨大客船とはいえ、いざ船内に入り込むと狭い空間の寄せ集めです。
中には巨大食堂。ダンスホール、各種娯楽ルーム。
デッキ上部には大小プール等が有ります。

こんな中で、一人の伝染性の強い新型コロナウイルス患者が発生しました。
この患者病状が発生するまでは、一般客に混ざり、他乗客と一緒に食堂で楽しく食事をしました。食事形式はバイキング形式です。
最も伝染病の広がり易い生活環境です。

おそらく一度は船内を細かく歩き回ったはずです。個人の船室以外。

船内では乗船客をに楽しく過ごして貰うために色んなイベントを行っています。
無趣味でも、物珍しさから一度は色々と見学の為、船内を探索されたと思われます。

この間誰も意識しないまま、静かに病原菌を広めた物と思われます。

本人も回りの人も誰も病原菌の事は知らないのですから。

この病気の保菌者は、誰にも保菌者とは知られないまま、船内に病原菌を広め、途中の寄港地で下船されました。

その後、この客船は日本へやって来て、目的地の横浜港到着少し前に、この客船から途中下船した一人が、新型コロナウイルスに感染していた事が判明しました。

客船が横浜港に入港する前に、先の寄港地で下船された方の病状が新型コロナウイルスに依る肺炎と判明し、この客船は接岸出来なくなりました。

乗客にすれば、長い船旅が終わり自宅へと帰り着く寸前での足止めです。
乗員、乗客合わせて3711名。精密検査終了後国からの許可が下るまで誰一人下船出来なくなりました。

検査は一度に3711名も行う事は出来ず、先のコロナウイルス保菌者と接触のあった恐れのある方と、体調の崩されている方270名が検査の対象となりました。

結果、検査を受けられた方とその他の乗客で体調の崩された方等から
130名のコロナウイルス保菌者が出てきました。2月10日現在

一番良いのは全員検査でしょうが、一度に全員の検査をする事は出来ません。
まだそれだけの検査を行える検査体制が整っていない事が挙げられます。

現在客船に隔離されている方達にしてみれば、大変気苦労な事と思われます。
毎日岸壁には多くの救急車が待機していて忙しく出入りしていますから。
何時自分の番が回って来るか解りません。

典型的な明日はわが身。を日々体感しています。

豪華客船で船旅を楽しまれる人達には、高齢者が考えられます。
全てが高齢者だとは思えませんが。

高齢者だと何かしら病歴を持った方の割合が多くなります。
実際ニュース映像では、薬を求める手書きのメッセージを振っているのを見ることが出来ます。
糖尿病等のインスリンの不足も目立って来ているそうです。

隔離生活が長引いて来ていますから、色んな弊害が出てきています。

まず最初に、医薬品の不足と同時に医療スタッフの不足です。
日々の生活用品なんかも不測している物と思われます。

衛生環境の改善の要望書も出されたみたいです。

私には衛生環境の改善は、どういう範囲を言っているのか、
シーツ交換や室内清掃の文言が出ている事から、各客室の清掃を行って欲しいと云っている様に感じられます。

基本は隔離政策ですから、第三者は室内には入れません。室内の汚れは各個人の責任でしょう。洗面設備が整っていないのでしたら別ですが。

客船全体が隔離対象に成った時点から、乗客と船員は同じ立場だと思います。
但し、船長は全体の統制を取らなければなりませんから、船長の下で働く乗船員は、一般乗客とは異なります。

乗客も、隔離政策が行われた時点から、今までと同じサービスを受けられると期待する事は出来ません。

乗客の心理としては、私達はお客です。の感情があると思いますが、早く下船して家族の下へ帰りたい。意識は乗組員も乗客も同じです。

船長以下乗組員一同は、皆さん無事に下船される事を願っている物と思っています。

只、日本国民にとって唯一救われた事は

客船が接岸されて、乗客全員が家路につかれる寸前に、今回の新型コロナウイルスの発生を知れた事です。

コロナウイルスの発症が、もう2日遅れていたら、多くの日本人は、各家庭へと帰り着き、多くの家族に病気が感染していたでしょう。

また、国外の方達には直ぐにそれぞれの自国へと帰り着き、そちらで多くの2次感染を出して、世界的な流行へとコロナウイルスの感染が広まっていた事でしょう。

客船で隔離されている方達には、大変でしょうが、もう少し頑張ってください。

Pocket

地球寒冷化なの?温暖化なの?どっち

Pocket

地球寒冷化なの?温暖化なの?どっちなんでしょう


前回は地球温暖化の記事を書きましたが、今回は地球寒冷化について書きたいと思います。

巷では温暖化で、異常気象が叫ばれて、実際昨年度は地球規模での異常な気候に見舞われました。

日本では、夏の異常な高温や、大型台風による大雨と、それによる大きな被害をニュースで賑わっていました。

実際の温暖化での被害を、連日テレビ等で見せられ続けていると、このまま温暖化が進み、地球が大変な事に為ります。の意見が大変な説得力を持ちます。

実際に現在起きている事象を見せられますと、地球寒冷化の意見は云いたくても言えない状態となっています。

温暖化の論旨は
二酸化炭素が増えその温室効果で地球の気温が上昇し、北極の氷やツンドラ地帯の氷が解け出して来ました。

ツンドラ地帯の永久凍土が溶け出すと、大変な量のメタンガスが発生します。メタンは二酸化ガスより遥かに多くの温室効果をもたらすそうです。

又、気温が上昇すると、地中の微生物が活性化し、ここからも多くのガスが発生します。この時のガスの量は、人間が作り出す二酸化炭素の量より多いそうです。

地球の平均気温が上昇すると
海中で氷の様な状態で収まっているメタンハイドレートが溶け出し地球規模で大量に発生し、このガスの発火温度は低く、50℃ぐらいで自然発火するそうです。

赤道付近ですと、気温が50℃ぐらい直ぐに上がりそうです。

一端メタンガスに引火すると、連鎖反応であちこちで海底からのガスでの引火が始まり、こうなると地球は灼熱地獄へと進みます。

こうなると人間の力ではどうする事も出来ず、地球上の生物は絶滅し、ガスの炎から出た煙で地球は覆われ、最終的には地球が完全に氷に覆われ完全な氷河期に入るそうです。

2億5000万年前にこの様な事が起こったそうです。地質調査でこの事は立証されているそうです。

地球温暖化の行きつく先を想像すると、ぞっとしますね。

反対に地球寒冷化の論旨です
地球は大体10万年の氷河期と1万年の間氷期を繰り返しているそうです。

現在の地球は、間氷期の始まりぐらいの所にあります。
元々、氷河期が終わり、今は暖かくなっている時期だそうです。

基本、氷河期とは地球上に氷の塊が存在する状態を指します。
現在、山の山頂や、北極、南極に大量の氷が有りますから、定義的には、今は立派な氷河期です。

それと、太陽の黒点が11年周期で、多く現れたり、少なくなったりしています。

現在太陽観測では、この黒点の現象を確認しています。

太陽の黒点が多いと、太陽活動が活発で有る事を意味し、
反対に太陽の黒点が少ない時は、太陽活動が減少している事を意味するそうです。

現在は太陽の黒点の現象を確認しています。

これは太陽活動の現象を意味しますから、これから地球気温の現象を意味します。

実際、皆さん地球温暖化を体現していますから
いきなり、これから地球寒冷化がやって来ますなんて、中々信じて貰えないです。

暑い地域とエスキモー等の寒い地域の生活習慣はまるで異なります。

基本、暑ければ裸で過ごし、真昼の暑い時間帯は木陰で休息し、夜間の涼しい時間帯に働く。実際この様な事を行っている地域は有ります。

暑さで熱中症で亡くなる方がいますが、基本暑ければ、水をかぶれば何とかなります。

反対に寒い地方の生活は、基本冬場の外出は、防寒をしっかりしないと、死を意味します。

寒い地域では暖房を切らすと凍死の恐れが有ります。

その為、寒い地域の暖房費はバカになりません。
食糧確保も大変です。

温暖化で異常気象はあっても、作物は何とか育ちます。
寒冷化の世界では、農作物の不作が問題となります。

実際、過去の寒冷化の時代は、農作物の不作により、飢饉が発生しています。

地球の温暖化と寒冷化
これらの対策は大きく異なります。

一端地球が寒冷化の時代へ進むと、途端に食糧難の時代がやって来ます。

今人間の排出する二酸化炭素のせいで温暖化がやって来ると騒いでいますが、

自然の流れで、太陽の活動が低下し、地球に届く太陽エネルギーの低下が確認されると、
地球温暖化へのエネルギーが強いのか、自然界の太陽光の地球に降り注ぐエネルギー減少の力が強いのか気になります。

人類がどんなに頑張っても、太陽エネルギーには勝てない様に思うのですが、どちらでしょう。

Pocket