火災保険の正しい使い方

Pocket

最近火災保険の使い方が解りました。

勿論、本当の使い方は、自身の持ち家が火災に逢った時です。
半焼、全焼に関わらず被害の程度により、家屋の損害が補償されます。

いきなり自身の住む家が無くなっちゃうと、個人の財産は全て失っちゃう事になります。
中には家屋以外の財産って有りません。室内には何にも在りませんでしたから。

こんなのは例外中の中の例外でしょう。

殆どの方は、家屋には家具や食器、各種電化製品が溢れ、洋服箪笥には沢山の洋服が納められています。
家族が居れば、その人数分の家財が溢れています。


多くの人達は火災で家屋を失うと今まで蓄えた多くの財産を失い、明日からの生活を脅かされます。
そんな苦境から守ってくれるのが火災保険です。

殆どの方達はこれぐらいの事は知っています。

でも、殆どの人達には一生自宅の火災なんて遭遇する事は有りません。
唯一有るとすれば、戦争です。
ですが、戦争での被害の補填はあてに出来ません。
会社の存続が保証されていませんから。

これまでのお話は火災でのお話です。
でも、殆どの人には生涯関係ありません。多分何世代に渡って。

でも、最近、火災保険ってもっと身近なモノで有る事が解りました。

私自身何度か保険のお世話に為って居ながら、本当の事は解っていませんでした。

私が現在の家を建てたのが約36年前。
建築屋さんから家を譲り受けて一週間後ぐらいに、大型の台風がやって来ました。無事嵐は通り過ぎ去っていきました。
翌朝外に出てみると屋根瓦の破片がそこら中に散らかっています。
家の外回りを点検してみましたが、異常は認められず安心しました。

2~3日後雨が降り、二階の部屋に雨漏りが
私の家は、坂道の一番下です。
隣の家に頼み、その家の二階から我が家の屋根の点検をすると、屋根瓦がかなり吹き飛ばされていました。

直ぐに建築屋さんに屋根瓦補修依頼しました
私的にはかなりの修繕費を覚悟しましたが、手慣れたもので建築屋さんは直ぐに台風被害の写真を撮り、瓦屋さんを手配しㇾ下さいました。
あちこちで同様の被害が有り、屋根瓦の修繕には時間が掛かりそうでしたが、一番で修理していただきました。

修理途中、先の被害状況を写真に撮られた方に尋ねました。
先日の写真、今後の建築の参考にでもするのって尋ねたんですが
多分、今度の被害、保険で治る気がしましたから、先に証拠写真を撮りました。実際全て保険で修理させていただきました。

この時、ああ良かった。無理な出費が無くて
って思っただけで、どんな保険が使われたのか深く考えませんでした。


それから34年後に大雪が在った翌年の春
保険屋さんがやって来て、昨年の大雪で家屋に被害が無いか点検させて下さいって。
結果、雨樋が数か所痛んでいるのが見つかり、保険で修理しますんで、適当な業者さんに見積もりを貰って修理して下さい。費用は後日私の口座へ振り込みますって。

この時は保険屋さんに感謝しました。

1年後、ネットサーフィンで火災保険についての記事を見つけ、過去の保険での修理を思い浮かべながら、記事を読んで行きました。

すると、火災保険では多くの事が保証されている事が解りました。

台風や雪等の自然災害や劣化による被害、外壁なんかのひび割れや外壁塗装の劣化等も損害の対象になる事が書かれていました。

個人では保険会社との交渉は難しいみたいですが、それ専門の会社に損害状況の把握を委託すると、個人に代わって保険会社との交渉事は全て行ってくれ、その会社で修理をすると、全ての検査費用が無料だそうです、
費用は工事を受け持つ会社からいただくそうです。

保険会社から修理を認められても、修理するしないは個人の自由だそうです。この時は保険会社さんからいただいた費用からマージンをいただくそうです。

私はこのシステムを知り早速代理店に連絡を取りました。
先に家周りの痛んでいる画像を何枚かと、電話番号、築年数等をメールで送りました。
翌日直ぐに電話が有り、幾つかの簡単な質問に答えました

口調はとても丁寧で安心感のもてる物でしたが
最後の質問で
過去3年以内に火災保険を使われた事は有りませんか?
の質問で
1年前に保険屋さんの指示で簡単な雨樋の修理をしました。
と答えると

過去3年以内に保険を使われた方の依頼はお断りさせて頂いていますの返事が有りました。

以前の修理は保険屋さんの指摘で云われるままに行った物なのですがって云ったんですが、規定で無理が有りますから2年後に再度の問い合わせお願いします。の言葉で我が家の外壁の修理は無くなりました。

その後幾つか調べてみると
今開の私の様な保険適用依頼
外壁の自然劣化と外壁塗装のやり直しぐらいだと
100万平均の適用があるそうです

これは、私が見える範囲での事です。
実際には専門業者の事細やかな点検では、もっと多くの被害が見つかるかも知れません。

その場合は保険適用額はもっと多くなり、保険による修理費は
200万以上になるそうです。

この様な時は個人では無理だそうです。
どうしても危険な作業が付きまとい、そして証拠画像を取らなければなりません。

そして、ややこしい保険会社さんへの書面の提出と、保険会社さんとの折衝。

個人ではかなりハードルが高いです。

そんな事を専門業者さんが行ってくれます。

調査費用はいただきません
勝手に工事を行う事は有りません
被害が確定しても工事をする義務は在りません
その時は保険屋さんから支払われる保険料から調査費用をいただきます
保険屋さんから支払われる保険金は何に使っても良いそうです
ですから、改築を希望する方は、先に保険屋さんに修理依頼をしてから認められれば、保険費用を改築費用に回されるかたが居られるそうです。


もし自宅の修理を考えられておられる方は、専門の業者さんに頼まれてみて下さい。

その時は

自宅が個人の持ち物で有る事
そして火災保険に入っている事を

確認してください

Pocket

汚されたアメリカの民意 2

Pocket

汚されたアメリカの民意 2


トランプよ、さらば…! 日本人は知らない「米議会占拠の真実」と「トランプの最期」
                     1月16日のヤフー記事を読みました

内容はトランプ大統領が民衆を煽り、暴徒が議事堂に乱入し、死者の出る事件へと行きました。
この事件の責任は全てトランプ大統領に有ります。的なないようだったと思います。
そしてケネディ大統領暗殺以来のアメリカ史の汚点とくくられています。

今頃、アメリカ大統領選の汚点云々を云うのでしたら
最後の最終決戦と言われる幾つかの州で行われた選挙票開票作業にまつわる幾つかの出来事を報じなければなりません。

元々トランプ大統領はこれらの州全てにおいては、開票終盤のある時点まで当確の一歩手前まで行っていました。

それがある時間を境に一気に民主党のバイデン候補の票が伸びだし、トランプ票を上回りバイデン候補の勝利となりました。

これらの票読みは、選挙監視団を締め出し、ガラスに目張りをし誰の目にも止まらない中で選挙結果が決まりました。

何か不正の匂いがプンプンします。
何もやましい所が無ければ、選挙監視員を締め出し、且つ全ての窓ガラスを目張りする事は在りません。

これは今回の選挙での不正だとする出来事のほんの一部に過ぎません。
選挙不正に対する多くの訴えがなされています。
多くの訴えられた不正はそれぞれ専門機関が取り調べを行わなければ成りません。

但し、投票用紙に関してはもう結果が出ています。
これは誰が見てもはっきりした数字です。

不正投票の疑いは多くありますが
誰の目にもこんな投票許されるの、又はこんな選挙認められるのってのが一つ在ります。

郵便投票です
ある州では、発送した郵便投票数160万票
投函され選挙事務所で開票された郵便投票240万票
その差80万票
80万票もの意味不明な票があります
80万言えば、アメリカでも日本でもちょっとした町の総人口に匹敵します。

こんなに大量な不正投票用紙
一体誰が、何処で印刷し、住民に配布し投函したのでしょう
郵便投票数160万票、訳の分らない投票用紙80万票
有効投票者の2人に一人が二票の投票用紙に記入し投函した事にすれば
数字的に納得出来ます。
実際にはこんな投票をすれば、あちこちからクレームが出て来ますね。


こんなのは一つの州だけではありません。
普通開票作業中にこんなに大量な不正票が見つかれば、開票作業を一時中断するか、全ての開票結果が出てから、郵便投票の確認作業をしなければなりません。
今回の激戦集ではこの郵便投票の確認作業は行われませんでした。

一部行った様ですが、大量な不正投票用紙ですから、中立性のある所で審査されなければなりません。
それどころか最終的に選挙には何も不正は認められませんでしたと。発表されました。

トランプさんとバイデン氏の投票結果はほんの数万票の差です。

不正な投票用紙が80万ですから、慎重な調査が行われれば
トランプ氏とバイデン氏の選挙結果が覆る可能性が大です。

ヤフー記事のトランプ大統領はアメリカ史に大きな汚点を残したと云う内容少し無理強いしているように思います。

今回のアメリカ大統領選に於いては、最後の激戦州では多くの疑わしい事が起こっています。
監視カメラ映像で、他の選挙開票人達が帰った後、黒いクロスの掛かったテーブルの下から大量の投票用紙らしき者を引き出し、開票作業を行っている画像

あるカメラでは開票作業員が同じ投票用紙を何度も機械に読み込ませている画像

トラックで投票用紙を運び出し、破棄したのを見たという証言
その他多くの証言がなされています。

こんなに多くの疑わしい選挙行動が衆人の目に晒されているのに、何の意義も認めない選挙関係者並びに、多くの官憲関係者。裁判所まで意義を認めません。

こんなやましさ一杯のアメリカ大統領選挙
これこそアメリカの選挙史大きな汚点を残したのでは無いでしょうか

アメリカの正義はどうなるのでしょうか
民主主義の根幹は
不正の無い選挙のはず

今回の選挙ははっきりした結果は出てきていません

只はっきりしていることは
選挙結果に数万の票差の所に

80万票の不正票確さ



この票がそのまま認められたと云う事です

Pocket

汚されたアメリカの民意

Pocket

2020年暮れアメリカで大統領選挙が行われました。
結果現職の大統領が破れ、民主党候補のバイデン氏が当選となりました。


現職大統領のトランプ氏は、今回の選挙では幾つもの不正が行われたとし、不正が行われたとする幾つかの州の投票用紙の集計作業のやり直しを訴えました。

一応この訴えは聞き届けられ、投票用紙の集計作業がされましたが、結果は異状が無いとされました。

本来、インチキをやったとされる当事者による集計作業のやり直しですから、結果が覆る訳が有りません。
解っているだけで、郵便による投票が行われましたが、州発表で郵送された投票用紙は160万票。最終的に集計された郵便による投票数は240万票。80万票もの票が追加されています。

確か、選挙結果は数万票差のはずです。

意義を唱えている方が不正を行うなんて考えられません。
仮に負けた方が不正を行っていて、訴えたとなると、自身で自身の不正を暴くような物ですから現職の大統領が不正を行ったとは思えません。現時点では誰が不正を行ったのか解りません。

80万票もの誰が発送したのかわからない投票用紙。
多少の誤差でしたら人為的ミスも認められるでしょう。
80万票もの大量な不正票です。
個人では扱いの出来る量ではありません。印刷にはそこそこのレベルの印刷機械と、大量な投票用紙を運ぶトラック。
投票用紙に名前を記入する人達。
それを開票する人もいます。
それを最終的に発表する人がいます。
160万票発送して240万票の投票結果発表。
普通当たり前の選挙結果発表人でしたら、この時点で投票用紙の異常にきずくでしょう。
こんな異常な選挙結果にきずかない選挙管理人なんて居ないでしょう。もし居るとすれば選挙管理人自身が不正に加担している以外に考えられません。

こんなにはっきりとした異常な選挙結果が出ているのに、訴えを起こしても誰も取り上げようとはしません。

州知事、州務長官、警察、裁判官
何処か一つの組織でも取り上げれば、世界的な大問題です。

郵便投票の数字は地元の選挙管理委員会の発表です。
これは物理的な証拠です。

トランプ大統領はTVの有名コメンテーターとの対談で、今回の選挙では明らかな不正が有りました。証拠は数多く揃えています。と呼びかけましたが

コメンテーターの回答は
証拠が有りません。
何度かの問いかけにも
証拠は有りませんの一点張りの返答しかありません。

ひょっとして今回の不正選挙は大手マスコミも加担しているかのようです。

普通マスコミは、今回の様な全国的ニュースだと、少しの疑義が出ただけで、総力取材を掛け、全て明らかにする努力をします。

所が今回の選挙では、一つの州だけで80万票と云う不正な投票が行われた事が判明しています。この事は選挙事務所発表ですから間違いありません。
そしてこの事に、州の知事、警察、裁判所等何れも
問題視していません。

マスコミからすれば絶好の記事ネタでしょう。

こんな問題を証拠が有りませんから
の一言で言い切るTV関係者。こんなのニュースを読む資格何て無いでしょう。

80万票もの不正
州ぐるみでなければ出来ないでしょう。

こんな選挙、普通の国でしたら大量な不正票が発覚した時点で、警察もしくは国家権力が真相解明に動き出すでしょう。

今回の選挙では最高裁までもが動こうとはしませんでした。

ここまで来ると個人の力ではどうする事も出来ません。
例え大統領でも。

トランプ大統領の唯一の失敗は、最高裁判事までもが動こうとしなかった時、
即座に大統領権限で、不正が有った選挙区を公権で取り締まらなかった事です

郵便投票の不正が明るみに出たのは複数に及びます。
この事は自分達が発表しています
この事に対して何ら行動を起こさないのは、民主主義の前提である選挙による代表選出の崩壊を意味します。

大統領は堂々と国民に、事の重大性を語り掛ければ多くの国民の支持を得られたと思います。
この時、マスコミの大反発が起きれば、マスコミ人を国家反逆の罪で投獄する事が出来たはずです。

何せ、自分達が大量の不正票の有る事を認めているのですから。

トランプ大統領、マスコミの良心を信じ込み過ぎたのかも知れません。

このままトランプ大統領の任期が終了してしまうと、次期民主党政権は、何が何でもトランプ元大統領に対して難癖をつけ牢獄へと導くでしょう。
そして4年後の選挙に出馬出来なくするでしょう。

今回の選挙、不正がなければ
トランプ大統領の圧勝だった事が解っています
このままトランプ大統領を解離すと4年後の大統領選はトランプ元大統領の圧勝が見えています。

次回の大統領選でトランプさんが大統領に返り咲く事に成れば、今回の不正が明らかにされるでしょう。
その時、現在トランプさんに抵抗していたグループは皆投獄の恐れが有ります。
罪名は国家反逆罪
重罪です。下手すると無期懲役まで有ります。

ですからトランプ大統領、まだ権力のあるうちに確か反乱法ですか、これを発動すれば
軍隊を動かし、今回不正選挙に加担した人々を捕まえる事が出来ます。

トランプ大統領国民の安全を危惧しているのかも知れません。

アメリカ国民は多分黙っていません
その時幾つかの衝突が起き、多少の犠牲者が出る物と思われます。

トランプ大統領、国民の安全を危惧されているのかも知れませんが、遅かれ早かれ衝突の起きる事は間違いないと思われます。

大統領自身の安全と家族の安全。そして将来の国民の平和の為に是非決断のされる事を祈っています。

多分、世界の平和の為にも成るものと思われます。

Pocket