三菱重の資産、差し押さえ着手へ=徴用工訴訟

Pocket

三菱重の資産、差し押さえ着手へ
韓国がいよいよ徴用工問題で三菱重工の資産差し押さえへへとすすもうとしています。

徴用工問題は、過去にもうかたずいた問題です。法的にも。
それを無理やり持ち出し、無理な解釈で企業の責任を認め、企業の韓国内の資産を差し押さえ、賠償の資金にしようとしています。

国ぐるみの追いはぎみたいな物です。それを堂々と日本の本社にまでまでやって来て徴用工の保証を迫る若い弁護士。彼らには恥ずかしいという概念がないみたいです。

対外的には、韓国という国の醜さをまき散らしている様に見えます。

現在、日本には韓国経済を破綻へと導ぶく案件を幾つも持っています、
求めて韓国経済を苦しめる必要は無く、これから迫って来る各種契約事項の再契約案件の政府保証を外すだけでたります。韓国は日本製品の不買運動までしていますから堂々と行えます。

何も無理をする必要は有りません。

日本を名指しで敵視する国への、対外輸出案件の政府保証をする事は有りません。親日家の財産は法律で没収出来る様に成っています。
誰からも咎められる事は無いと思います。

但し、日本の輸出業者は困るでしょうが。

日本と韓国の輸出製品はかなりダブっています。
日本からの輸出が減れば韓国が潤い、反対に韓国の輸出製品が減少すれば日本が潤います。

韓国への輸出が途絶えれば、韓国は日本からの輸入材で製品を作っていますから、製品が作れなくなり、日本の製品が売れる様に成ります。
日本にとって困る事は有りません。

韓国っていったい何を考えているのでしょう。識者には理解不能です。

勝手な理屈で歴史を歪曲し、国民には本当の事はわからなくし、国民を嘘の情報で洗脳し、日本への憎しみを煽っています。

そんなに日本が憎ければ、日本との付き合いは辞めれば良いんです。

日本以外の国から材料を求め、自国で製品化し、諸外国に売り込みをかければ、日本の入り込む余地は有りません。韓国に輸出していた製品は、日本国内のメーカーに販路を求め、生き延びる道を探せば何とか成る様に思います。

韓国製品は、質の良い日本からの部材を仕入れ、組み立てる事で製品化し、韓国製として製品の輸出をして来ました。円高、韓国ウオン安を背景に日本製品のシェアーを奪い、日本メーカーを苦しめて来ました。

この際、韓国メーカーを駆逐する材料をわざわざ韓国自ら提供してくれましたから、日本としては渋々韓国の日本製品不買運動に賛同すれば良いです。

今まで日本製の部材を使う事で、韓国製品が信用されていました。
日本製部材が使用出来なくなり、韓国製品の品質が落ちれば、韓国製品が売れなくなりますい。

そして、皆さん信用の置ける日本製の製品を買う様になれば、韓国への輸出部材は、製品輸出を伸ばした日本メーカーに販路を求め韓国への輸出減で失った売り上げをカバーする事が出来る様になります。

全く韓国での日本製品の不買運動、日本にとっては願ったり叶ったりです。

韓国の大統領さん、もっと日本をケナシテ下さい。

そうすれば貴方の望んだ結果を得られますよ。

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です