万引きで出向猶予中の元女子マラソンランナー再び万引き

Pocket

万引きで執行猶予中の元日本代表女子選手が、再び万引きで罪に問われ、執行猶予4年の判決を言い渡されました。この女性、万引きは生活の為とか遊びでとかではなく、本人の意思とは関係なく行なっていて、本人自身もとても苦しんでいた様な報道を見ました。

何でも、現役選手時代過度な練習とか、過度な栄養障害等が有ると、一時精神不安定に陥り、本人の意思とは関係なく、万引き等の一種の自傷行為的な行動に陥る事が有るそうです。万引きの品物も極取るに足らない様な物ばかりとか。

執行猶予中の二度目の犯行に二度目の執行猶予の判決。とても温情のある判決みたいです。私は、シロウトで病気の事はよく解りません。
私の憶測ですが、この女性、万引きする事にとても苦しんでいたと思います。自身の意思ではとても制御できなくて。誰かが気付き助けて欲しかったのでは。

一時は日本代表選手にまでなった方ですから、大変な苦労と努力をなされたと思います。この様な方の中には同様の症例が複数ある事を医師が認めている記事を見ました。だからの温情判決なんでしょう。でも、ここまで来ると殆ど病気です。

何かの文献で見た記憶が有るのですが、アルコール中毒や薬物中毒、これらは病気なんです。皆さんが病気に係り、医師の診察を受け、医師の指示の元で病気から回復をする。病気も放って置けばどんどん病状が進み、大変な事態を招きます。これと同じなんです。アルコールや薬物中毒、皆さん簡単に考えられていますが、病気と同じで個人の努力で直すなんて安易な考えは捨て、どうか皆さんこの様な方を見られたら是非医師の診断を。出来れば静かな環境の下での治療をお勧めくださいと。

この判決を下された裁判官、法の限度も有るでしょうが、もっと意思のこもった愛情ある、ある種、強制的な医師の指導により回復を図る判決得を期待したいです。

各種スポーツに携わる団体及び指導される立場の方達、スポーツ根性ばかりではなく、精神的ケアにも努めて欲しいです

後日、この方記者会見を開かれました。
この時語られた言葉辛い以外何者でもありませんでした。摂食障害、結婚詐欺、普通の詐欺ではありません。結婚披露宴を行った後、婚姻届を出すはずが、結婚できないの置手紙を残し、披露宴のお金、400万円と共にいなくなりました。

この時の傷が癒えかかった頃、信頼しているコーチから一緒にスポーツクラブを作らないかと誘いを受けました。この時実体のない会社の資金にと言葉巧みに、800万円出資させられ二回目の詐欺にあい、再び精神不安定になり二度目の万引き症候へと向かいました。

この時、現在の病院と知り合い、治療方針が合ったのか現在ほとんど回復されたそうです。

また、裁判官の温情ある判決と心温まる言葉を頂き、心の励みに成りました。これからは少しでも社会に恩返しが出来る様に頑張って生きたいと語っていました。

私もついガンバレの言葉が出そうになりました。
みなさんで暖かく見守ってあげたいと思います。

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です