性被害を受けたと嘘の証言で6年も刑務所に

Pocket

性被害を受けたと嘘の証言で6年も刑務所に被害者の悲痛な叫び

大阪地裁で、性被害を訴えた女性の嘘の証言で6年近くも獄中生活を強いられた男性が、再審で無罪が確定し、警察や検察及び裁判所の責任を追及し告訴に至りました。

65歳だった男性が、自宅アパートで同居の養女に(11歳)2004年と14歳だった2008年の2度無理やり性的関係を持ち、大阪地検に逮捕されました。

女性はこれ以外にも何度も性的被害を受けましたと被害を訴えました。

男性は最初から無罪を訴え容疑を否定していました。

でも、被害女性と2歳上の兄の目撃証言で、2009年に12年の刑が確定しました。

服役中の男性の再審請求が認められ、再捜査をしたところ、女性と兄両方とも被害を受けてなく、目撃もしていない事が解りました。女性らがまだ幼く母親から強く問い詰められ、苦し紛れに嘘の証言をしてしまいました。後、そのまま刑の確定に至ったと証言しました。

また、2008年の事件直後に母親に連れられ、産婦人科の診察を受けた時、処女幕裂傷の被害は認められない。との記録が残っていました。
女性が再度2010年に別の医療機関での診療でも、性的被害の無い事の記録が認められました。

性的被害の無い事が、女性の証言と客観的証拠の裏付けの結果、大阪地検は2014年に男性を釈放しました。逮捕から約6年の獄中生活でした。
2015年の再審ではそのまま男性の無罪が確定しました。

女性らの嘘の証言も時効が成立していました。
母親とは離れた生活を送っていた事が、真実を話す事に為ったみたいです。

性犯罪では被害者の意見が強く、加害者の意見は信じて貰えないのが実情です。
性犯罪では、被害者の生活がボロボロになり、被害からの回復が困難な事から仕方ないですけど。

でも今回の事件は、被害届があり、加害者は直ぐに捕まりました。
でも、加害者は一貫して無実を訴え続けて居た訳ですから、極一般的な裏付け操作を行なっていれば冤罪判決は防げたはずです。そんなに難しい捜査では有りません。

被害直後に受信を受け、処女裂傷の事実は認められない。の診察記録が有るのですから。ましてや、何度も性的被害を訴えていましたから。そんな子が処女裂傷が認められないなんてありえません。

被害女性は、余りにも強い母親からの問い詰めで嘘の証言で逃げた感覚は解ります。幼過ぎますから

でも、捜査機関は女性から医師の診察を受けたと聞いていたそうです。
一度ぐらいは医師の下へ行くでしょう。行かなかった方が不自然です。

この事件は、調べれば直ぐ判る事を行なわず、女性の言っている事は絶対で、ましてや幼い子の性被害ですから、絶対に許さない。の思い込みが招いた冤罪(警察の起こした犯罪)です。

巷では、痴漢冤罪が問題視されています。一番悪いのは痴漢する本人で、許される事では有りません。でも冤罪を受けた方にも家庭が有り、そこには愛する妻と可愛い子がいるかも知れない事を忘れないで欲しいです。

この問題は今の私には有り得ない事ですが、旅行などした時、運が悪ければ明日にでも自身に襲い掛かるかも知れない事柄です

後の報道で、被害男性の訴えは棄却されたそうです
訴えの中には、裁判所も含まれていましたから。自分達を裁けないのでしょうね

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です