いい加減料理ノート ⑤

Pocket

弁当が一番難しい

弁当が一番難しい
皆さん学校や職場へ毎日の弁当ご苦労様です

弁当は家庭から、スーパー、コンビニ、デパート、各専門店等
色んな所で作られています

金額も200円~数千円まで様々です

私も注文があれば作ります
500円~3000円ぐらいまで様々です

家庭で作られる弁当はお幾らぐらいなんでしょう
原価的な所を考えると多分500円ぐらいだろうと思います

家庭で作られる500円ぐらいのお弁当でも5000円よりも美味しい
お弁当も有ります
料理は金額が高いから美味しいと言う保証は有りません
但し料理原価はそれなりの食材を使っていると思います。

以前、多分40年ぐらい前
私の作った800円のお弁当を食べられた事のあるお客さん
明日は○○店で作る5000円のお弁当ですと嬉しそうに語られた
お客さん、後日あの5000円のお弁当ハッキリ言って余り美味しくなかった
見栄えは綺麗で5000円の風体はしていましたが、こちらで作った
800円の弁当の方が美味しかったと云われました。
私的には嬉しい話なんですが

私なんかもたまの会合で食べる多分5000円ぐらいだと思う懐石弁当
お刺身と褄の大根と大葉ぐらいしか食べなかった事が有ります

200円のおにぎり弁当なんかでも美味しい物は美味しいです
只、金額におおじて使う食材が変わるぐらいです
私は何時もそうです
ですから500円弁当も3000円弁当も仕事量はそんなに変わりません
違うのは原価のみです
美味しくいただいて貰うと云う感覚は同じです

500円だからお腹が空く。5000円だから食いきれない何てことは
在りません。どちらも食事量は同じです

作り方は、お弁当料理とお店で出す料理は違います。

お店では出し汁いっぱいの料理から熱々作り立ての料理まで出せます。最も美味しい状態で

お弁当はそんな訳には行きません
必ず冷ました料理を詰め込みます。でないと食中毒が起きます
汁気の物も使えません。水分が多いと痛みが早まります

お店で出す煮物は出汁に浸かった料理を使います
弁当用の煮物は痛まない様水分を煮切った調理をしますそれも濃い目に

水分の多く含んだ料理は作りやすく
弁当用の料理は、あくまでも痛みにくい様に作ります
でも水分をふんだんに含んだ料理の方が作りやすいです

お弁当用のローストビーフは云い方を変えれば高級ハムです
お店で出すローストビーフはソースをふんだんに使えます
多分お店用のローストビーフの方が美味しいです
でも弁当用のローストビーフの方が難しいです
ソース無くても食べれる様にしなければなりませんから

色々くだくだと書きましたが
弁当用の料理の方が難しく、手間が掛ると云う事です

毎日作るお母さんの弁当も駅で求める駅弁も同じ様ですが
真心込めて作られたお母さんのお弁当の方が美味しい
と云う事です。

でも駅で売られる駅弁も真心込めて作っていますが、
母親の様に愛情込めては無理ですね

やはりお弁当は難しいです

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA