いい加減料理ノート ①

Pocket

    長年妻と二人飲食店を経営してきた
    店主の料理感を記しています

    〇 料理の基本

自分勝手な料理の基本

自分勝手な料理の基本。最も大切な料理の基本は、食材や調理器具を大切にする事

料理は不味くとも(美味しいにこした事は有りませんが)
愛情を込めて(真心を込めて)作る事です

最初から上手に造れる人はいません
一生懸命に造るから上達し、料理上手になれます

マスコミや雑誌等で料理の紹介が有ります
この料理には、お砂糖が何グラムとか醤油は何㏄です。なんて有りますが
こんな数字はおおよその参考程度に留めるべきです

基本、調味料には色んなメーカーが有ります
メーカーによってはその味付けにはかなりなバラツキが有ります
砂糖や塩に関してはそんなに極端な違いは在りません

味醂、醤油、酢、オリーブオイル、バルサミコ酢等はかなり違いが

全国展開されているメーカーさんの品物でしたら極端な違いは在りません
でも醤油に関してはかなり味が違います
何処のメーカーが良いのかは個人の感覚です

もし本当に紹介した料理と同じ味付けにして欲しい時は、使用調味料の
紹介をしなければなりません

私の居住区は海岸線から徒歩20分。近所に漁師さんもいます
昔からずっと食生活は変わりません。調味料はずっと地元メーカーさんです

私は煮魚には砂糖や味醂を使います
おそらく何方でも同じでしょう

でも漁師さん宅では煮魚は水、酒、醤油で作ります

私がカウンター仕事で、煮魚に砂糖、味醂を使うと漁師さんは驚かれます
本当は、彼らの家で使われる醤油は、煮魚に砂糖を必要としないぐらい甘いんです
お刺身に醤油を付けると本当に甘いです
値段も違います。
私が使っている醤油は1ℓ150円
メーカー品だと1ℓ280円ぐらい。大きな違いです。

同じ様に味醂も違います
本味醂を使う分にはあまり違いはありません
私は味醂風を使っています。色んなメーカーが有ります
本味醂との違いは濃度と値段です。値段は倍近く違います
スーパーの売り場面積は味醂風調味料の方が大きいです
私の使っている味醂風調味料は、企業名は書きませんが、美味しいです。決まった物しか使いません。
但し味醂と醤油の味付けが、1:1の場合味醂風を使う時少しの追い砂糖を使います。

オリーブオイルに関しても企業によってはかなり高価な物も有ります

酢に関しても色々と有ります
穀物酢、醸造酢、今はやりの簡単酢。私は穀物酢を使いますが

この様に調味料は各企業により、味付けにはかなりのばらつきが有ります。勿論価格も倍近い開きが有ります。
この辺は個人の嗜好です。

ですから料理の味付けに関しては
説明の分量はおおよその目安と捉え、後は自身の感覚で作られる事を期待します。

小さな努力ですが、この小さな努力が明日の料理上手の近道になるものと思います。

    〇 日本料理の未来

    〇 料理の主役は食べる人

    〇 シンプルな料理程難しい

    〇 弁当は難しい

    〇 お母さんは偉い

    〇 日替わりランチ

      https://resutoran134.fc2.net/

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA