サーモンのバター焼きレモンソース

Pocket

サーモンのバター焼きレモンソース

★サーモンのバター焼きレモンソース
 サーモン、塩胡椒、打ち小麦、レタス
 白ワイン、砂糖少々、醤油、水溶き片栗
 レモン汁

 サーモンの塩胡椒は、少し強めにします
 小麦を打ちオイル焼きとします。皮はカリッと
 焼き上がりに、焼いていたオイルをあけ
 フライパンを軽くふき取りバターで焼きます
 サーモンを取り出し、白ワインを入れ
 砂糖少々と醤油を加え水溶き片栗少量でとろみを付け
 最後にレモン汁を加えます

★ホイル焼き
 新玉葱、小海老、帆立、カキ、イカ
 塩胡椒、バター、春キャベツ

 アルミホイルを広げ、上記材料を盛り込み
 塩胡椒とバターをいれ、アルミホイルを包みます
 180℃のオーブンで15分焼きます

★牛蒡サラダ

★ご飯、汁、漬物、甘み、コーヒー
 れすとらん ひさし
https://hibinosyokutaku.seesaa.net/article/479968787.html?1613271088

昨日甥っ子の嫁より沢山のワラビをいただきました
甥っ子の嫁は能登最先端出身です
実家ではコメ農家です。お店のお米はこちらから仕入れています
綺麗な空気と、綺麗な水から作られるお米は美味しいです
こちらから仕入れる以前は、金沢の山間地米を使っていました
結果、私は能登米を選びました。身内の身びいきなしです
大きな違いは、梅雨過ぎのお米の劣化の違いです

今までのお米は、梅雨過ぎ辺りから朝焚いたお米は、夕方になると
匂いが突き出しお店で使えなくなります
能登のお米は朝焚いたお米は、その日一日安心して使えます

この違いは、農薬は解りませんが、金沢の山間地米は、都市部の
風下になるのかも知れません
能登最先端の田畑には風上の都市は有りません

有るとすれば、数百キロ離れた、中国、韓国の都市部です
こんな事を気にしだすと、日本全国が全て風下になります

この能登出身の嫁の実家、見た事は無いんですが
通りに面した実家の裏に広い公有地が有ります
この公有地へ入るにはこの実家の敷地を通らなければ
行けないそうです
結果、この公有地は実質個人の畑化となっています
この敷地には、ワラビ、コゴメ等の山菜が大量に取れます

私達がセーブしないと10Kでも20Kでも持ってきます
山菜収穫にかなり労力を掛けて居るのかと思いますが
嫁に寄ると、草を刈り取る感覚で、直ぐ採れるそうです
楽しくて夢中になると10Kなんて直ぐだそうです

画像のワラビは、大きな容器に炭酸と沸騰したお湯を桑へ
びっちりと蓋をし、一晩寝かせた物です
灰汁がたっぷりと出ています
よく水に晒したワラビを、試食してみました
歯ごたえが有り、癖が無くとても美味しかったです

公有地で採れる山菜ですが、毎年大量に収穫するとなると
それなりの手入れはしているみたいです
山間地の手入れは素人には大変ですが
こんな労力が田畑の保全に役立っているのかも知れません

この公有地の下には岩場が広がり、この岩場も個人所有
みたいになっています
今は誰も入る人はいませんが、小さい頃は、サザエに
アワビなんかも多く採れたそうです

ちなみにこの甥っ子の妻が何時も実家からコメを運んで
来るのですが、自分の家の分と私のお店の分
30Kの袋10袋近く運んで来ます
軽々と運んで来ます。小柄な体で
私はお店の中まで運んで貰います
決して私は運びません。30Kなんて幾つも触ると
下手すると腰が動かなくなる恐れが有りますから

私は過去の開いた袋へ、10K続つに小分けし
仕事から帰ってくる長男に2階まで運ばせています

この嫁の母親もう80歳過ぎですが、30Kのコメ袋
軽々と持ちます

義理姉が小さな家庭菜園行っています
たまにお手伝いする事も有るのですが
私達、3~4人が汗流してする畑仕事
一人で短時間で、汗も流さずこなしてしまいます

例え簡単な農作業でも、プロは凄いです

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA