ランチ説明と店舗入り口のツバメの巣

Pocket

日替わりランチ カワハギの煮物

★カワハギの煮物
 カワハギ、大根、生姜
 水、酒、砂糖、醤油
 天盛 葱、生姜

 朝採れのカワハギは沸騰したお湯にくぐらせ
 手早く水洗いし鍋に入れます
 水、酒、砂糖、醤油、大根、生姜を入れ煮詰めます
 味付けは粗煮より少し薄め
 仕上げに葱と生姜の千切りを乗せます 
 
★ひじきの炒め煮
 ひじき、人参、レンコン
 サラダ油、酒、砂糖、醤油

 ひじきはお湯で戻し、水洗い後絞り鍋に入れます
 サラダ油を少し加え、人参、レンコンと共に炒め
 酒、砂糖、醤油で炒め乍ら照りよく仕上げます

★肉じゃが
 ジャガイモ、人参、玉葱、牛小間肉
 水、酒、砂糖、醤油、味醂

 材料は全て鍋に入れ、出て来る灰汁はこまめに掬い
 手早く強火で仕上げます
 肉じゃがには色んな料理法が有りますが
 ランチみたいに毎日の料理には手早く仕上がる
 料理法を選びます

★ご飯、汁、漬物、甘み、コーヒー
 れすとらん ひさし

昨日は一日中しとしと雨で、深夜にはアラレの様な激しい雨風と雷でした
一夜明けた今日は、心地よい日差しがさしています
春の気候変動は激しいです。雪が積もらなくて良かったです

お店の玄関先にはグミの木が有り、白い花を一杯咲き誇っていましたが
昨夜の風で、玄関の階段にはグミの花が一杯うず巻いていますが
木にはまだ一杯白い花が咲き誇っています
散れば散った分だけ新しい花が咲いているみたいです

暫くは毎朝この散った花の掃除が続きます
この木を境に、上は二階になっており、この部分をくぐる様な感じで、店舗の
入り口に為って居ます

この角の柱の内側に毎年ツバメが巣を作り、子育てに励みます

玄関を開けた正面に(少し右にずれた)所が私の働き場所
私から見ると、玄関ドア右側に南天の木が木が有ります
その向かい(私から見ると左側)の柱の上にツバメの巣が

この場所で過去何度もツバメの子作りがありました
子作り中、一羽は卵を温め
もう一羽はこの南天の葉の上で休んでいます

人の気配がし、適度に明るいのが安心するのかも知れません

昨年なんですが、カラスに目を付けられ、巣を壊され
子がツバメの被害に逢ってしまいました
カラスは、卵が孵化するのを待っていたんでしょうね

少し可哀想ですが自然の摂理ですから仕方が有りません
この場所狭くてカラスの手が届かないと思っていましたが
手前のデッキの上に止まり
ここより勢いを付けて、爪で巣を壊し、ヒナを全て落としたみたいです

カラスも如何にすれば餌に有りつけれるか努力してるんですね

暫くは2羽のツバメは時々巣を見、近くの電線で何時までも
悲しい鳴き声を響かせていました

結果、私はその巣の部分に台をあて、カラスの爪が届かない様に
したのですが、どうでしょう
ツバメが巣を作ってくれるのか

この場所、私の仕事中何時もツバメの動作が見て取れます
巣が決まると、連れ合いを見つけて気に入られればカップルの
成立です

成立に成功しなければ再度新しい相手を見つけ見せに来ます
気に入られれば、一緒に巣を作り始めます(殆ど巣の補修です)

出来上がると何処からか、先輩ツバメを連れてきます(連れのボス)
先輩ツバメのチェックを受けているみたいです
不合格ならば、ひときわ大きな鳴き声を出し去っていきます
そこから再び巣作りが始まります

出来上がると再び先輩ツバメのチェックを受け、合格ならば暫く
2羽揃って新婚をするみたいに2~3日付近を飛び回りながら
時々、新しい巣の場所に戻ってきます

その内巣の中に入る時間が増えて来ると、子作りの始まりです
卵を産み孵化するまでの日数はそれなりに掛かりますが

孵化してしまうと、巣立ちまでは早いです
私が見ている限り、孵化してから巣立つまで一週間です
一週間目ぐらいになると、親は餌を与えません
巣の外から泣き声を出し、子に巣立ちを促し
その内、一羽続つ巣立ちます
最後の一羽が飛び立つまで何度も激しい鳴き声がします

無事全羽が巣立つと数日周りを飛び回ります
巣だった雛鳥は入れ替わり自分達が育った巣に、入れ替わり
やってきますが、その内やって来る回数が減り、もう来なくなると
完全に育ったツバメが出来上がるのかも知れません

私がツバメを観ていて解る事は、
彼らはとても賢く、団結力が強く
巣作りから始まり、雛の巣立ちまで、一組のツガイのみではなく
グループ全体が関わっていると云う事です

最後に日本を離れる時には、このグループが寄り添って
旅立って行くのかも知れません

とりあえず今年のツバメの巣作りが
カラス除けガードの出来た処で行われる事を祈っています

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA