新型コロナ給付金申請顛末記

Pocket

新型コロナ給付金申請顛末記

海外では新型コロナ菌が猛威を振るっています。
ヨーロッパそしてアメリカへと感染が広がり、アメリカでは中国の発表を大きく上回っています。

ヨーロッパやアメリカでは死体の処理が追い付かず、至る所のテントなどで兵士が死体を管理しています。

最初、1月中頃から中国武漢での感染状況が連日報じられ、対岸の火事として見られていました。

2月始め頃に、日本発の大型クルーズ船がアジア周遊の旅から、コロナ菌を持って帰港して来ました。

日本に寄港する3日前に香港で下船された方がコロナ菌に侵されて居ることが知らされ、日本に入港と同時に世界の注目を浴びる様になりました。

客船乗員は3700名と大人数で皆さんコロナ菌に感染されていない事を確認された方と感染を確認され治療の必要な方のみが下船を許され、その他の方は、順次安全が完全に確認されるまで船内に隔離状態となりました。
この時の様子は連日テレビ放映されています。

クルーズ船問題がかたずくまで1ヶ月近くかかりましたが、この間どちらの国でも、他所の国の出来事とし、いずれ自分達の国でも感染が広がり地獄絵図の様な状態に為るとは思ってもいませんでした。

日本でも感染が広がり、総理から非常事態宣言が出される状態に。

日本で本格的にコロナ菌の恐怖に侵され出しすのは3月中頃からです。

私のお店が本格的にコロナ菌の影響を受ける様になったのは、4月7日の総理の非常事態宣言が発表してからです。
それまで多少客足は遠のきましたが、さすがに総理大臣の言葉には重みがありました。

総理の非常事態宣言後客足はぐっと遠のきます。


その後、県知事からも非常事態宣言が出されました。

総理の非常事態宣言ごはお客さんは遠のきましたが、それでも細々と来店客が有りましたが、
県知事の宣言後は全く来店客が無くなりました。4月15日頃

数日後、非常事態宣言協力店に、協力金20万円が出される事に成ります。
受付は5月1日から

早速役場の地域振興課から書式一式の入った封筒を受け取り、て続きの作成に。
文書作成は、その文書毎の記入法が例題として入っていて、例題通り記入する事が出来ました。

その他必要書類を揃えるのに手間取ります。

所得申告書、営業許可証、運転免許証、店舗全景写真、時短営業を知らせたポスター写真、出納簿、口座番号を知らせる通帳の写真、等

提出文書3通と添付書類一式、最後にこれら全ての書類を確認しましたの同封のチェックシートにチェックを入れ、元の封筒に入れ、あて先、ことらの住所氏名を記入します。
封筒は郵便局より配達証明郵便で発送しました。送料¥450-

その後、総理発表の国民一律10万円給付の手続気きに掛かりました。

県への協力金申請の勢いで、政府への給付金申請は直ぐ出来るものと考え作業に取り掛かりました。

申請はネットで出来る様でしたから、検索し書類を揃え作業に掛かりました。

マイナンバーカードは昨年役場で、パスワードと暗証番号の登録は終わらせていましたから、簡単に作業終了を考えていました。

作業自体は簡単に進み、住所氏名、家族構成の記入、口座番号の記入と進み次に、電子証明をする為のソフトのインストール。

インストール自体は無事インストールされましたの案内が出ますが、インストール前の画面に戻ると、ソフトのインストールを促す文言が。

同じ作業を何度か行いましたが結果は同じです。
恐らく回線がパンクしているものと。

何時も就寝は01:00時頃ですから
24:00時頃再度ネット申請作業に取り掛かります。
今度は回線の混雑が無いのか、無事次の作業へと行けます。

次の画面では。手元にマイナンバーカードとカードリーダーの有る事をご確認下さいの文字が

カードリーダー?

こんなの持っていません
ネット検索で調べてみると、確かにパソコンでは電子認証を受けるのにカードリーダーが必要と。

カードリーダーが無ければスマホから出来ますと有ります。

私は殆どアナログ人間。
携帯はガラケイで、持ち歩くのは仕入れ時の2時間ぐらい。
それ以外はバッグと共に寝室です。

携帯は、かけるか受けるの使い方しかしません。それも殆ど緊急時の受けるのみ。メールなんてした事も開いた事もありません。

メールのやり取りはパソコンのみです。

こんな人間にカードリーダーを揃えるなんて無理です。
作業自体は簡単なのでしょうが、アナログ人間には情報を盗まれる様な恐怖しか有りません。

そんなこんなでコロナ給付金のネット申請はあきらめました。

その内役場から来る文書での給付金申請にしました。

なんの為のマイナンバーカードのパスワード及び暗証番号の登録作業だったのかと思いました。

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA