鯛の粗焚き

Pocket

今日は珍しくお店のランチメニューとその説明です
¥850-

★鯛の粗焚き
 鯛粗、大根、生姜
 水、酒、砂糖、醤油、たまり醬油、味醂

 鯛の粗は強めの霜降りをし、鱗、血合い等丁寧に洗います
 その後、全ての材料を入れ焚き上げます
 特に最初に出て来る灰汁は丁寧に掬って下さい

 今日は鯛の兜が大量に出ていたので少し多めに買って来ました
 4キロ前後の大きさです
 これぐらい大きいと下処理がかなり大変なのですが
 頭は、半分に切って在り、鱗も綺麗に取り除いて有りました
 この粗、カマの部分も付いていました

 品物を確認してみると、鮮度は悪く有りません
 この鯛の兜、向かい合うお店同士で売っており
 片方は800円、もう一方は200円
 
 大鯛一匹分の鮮度の良い兜が200円
 こんなの買わない方がおかしいです
 店頭には5匹分並んでおり、全て買って来ました
 常でしたら1匹1.000円前後の鯛の兜です

 お店では食べやすくカットし
 粗炊きと、蒸し煮、塩焼きと使わせて貰いました

 ちなみに、もう一方のお店の800円の鯛の兜は5~6キロ
 この大きさだと、カットするのも大変なので買いませんでした
 ちなみにこの大きさだと
 常の値段で、2分の1の大きさで1.500円前後 勿論鮮度の良い事が前提ですが

 今日の買い物は、コロナの為せる業かも知れません

★鰯の酢味噌かけ
 鰯、分葱、土佐酢、酢味噌

 鮮度の良い鰯は、下処理後三枚に卸し、腹骨を取り除き
 適度な大きさに切り、しばらく酢に浸け、ふき取ります

 分葱は茹でてざるにあげ、薄く振り塩し冷まします
 冷めた分葱は、まな板に並べ、根元からしごく様にぬめりを
 取り除き、3㎝ぐらいに切り
 鰯と共に盛り付け、土佐酢と酢味噌を掛けます

★ミニガンも田舎煮
 水、酒、砂糖、醤油で強めの味付けとします

★薩摩芋の煮物アオ海苔粉まぶし
 一口大に切った薩摩芋を塩ゆでし、砂糖、醤油、水で
 手早く煎り付ける様に煮込み、水分を飛ばし、青のり粉まぶします

★ご飯、汁、漬物、甘み、コーヒー

Pocket

投稿者: resuto134

ごく普通の66歳既婚男性 気になったニュースを自分なりの解釈で、中立を心がけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA